スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

あみぐるみ 「干支 酉試作1」

こんにちは、けいです。

お外は雪が降る前独特の嫌な感じの雷が鳴る季節です。

先日、生協からアスパラ苗を買いました。
家を建てる前からこの土地にいるピンクのバラの隣あたりに植えてみました。

一応、次の春から収穫できる、とは書いてあったのですが…なにせ土地がものすごく痩せているのでどうなることやら。
鶏糞やら培養土やらも一緒に埋めましたが…。
食べる為の分が採れるのはちょっと遅れてもいいから、枯れずに育ってほしいものです。
ふさふさの葉も、確か可愛らしいはず。(一時観葉植物のほうのアスパラを育てていたことがあるのです)
痩せすぎで砂利だらけの土地ですが…ちょっとずつ、手をかけていく予定です。

…いつの間にか紫蘇のプランターに間借りしていた南天が…いつの間にか株が増えております…。
増やした覚えもないのですが。小鳥が種を運んだりして増えるらしいので、それでしょうかねぇ。
一番大きな株でまだ15センチほどか。
縁起のいい樹なので、育つなら育ってね、と放置中です。一緒のプランターに居る紫蘇を駆逐しないようにしてもらえれば、それで(笑)


さて、あみぐるみです。
来年の干支である「酉」ですね。

例年ですと、12月末あたりに焦って、年賀状の素材になる程度の数は作って、残りは1月に作る感じだったのですが、今年はとある理由でほぼ1日、ネットもTVもない場所で1日過ごさないといけない日があったので、それを活用して試作の仔を作ってみました。
もちろん、出先なので色々足りなくなったので、仕上げは家でしましたけれど。

<あみぐるみ 干支 酉 試作1>
20161208コケ1

ドシンプルで、可愛い、が基本方針です。
飾りモノを極限まで減らしているというか…単純構造に作ってあるというか(笑)
あまり細かい細工にすると、うちの仔感が減るんですよね…

だからって、シンプルにしすぎでしょう、とは思うのですけれどね!

<あみぐるみ 干支 酉 試作1横>
20161208コケ2

パーツは

・本体(1パーツ)
・トサカ(2パーツ)
・嘴(1パーツ)

のみ。
もちろん本体は1パーツなのでお尻も頭もつなげて編んで作ります。

トサカは段差が欲しいので2パーツ。
嘴は…トサカと同じ感じに作るとどうしても厚ぼったいのでコケのクチバシでツツくイメージと遠くなるので、1パーツです。

編み図的には基本的な球体を作るのとそう大差のないものばかりなので、非常に簡単で単純ですね。
増減が変則的になるのはコケのお尻あたりの増減だけですし。
量産が簡単そうで、非常にうれしい(笑)

<あみぐるみ 干支 酉 試作1後>
20161208コケ3

真正面、真後ろから見るとソコソコこだわって作っているお尻は全くと言っていいほど意味をなしません。
まぁ安定感がなさすぎるので転がりやすいのですが、僅かではありますが転がりにくくする効果はあるようです。

今回の仔の欠点は、あまりに無造作に各パーツを取り付けたため、クチバシの下や背中のラインにパーツの毛糸色が透けているところですねぇ。
いつも、パーツを取り付けたりする場合には簡単に取れてしまわないように本体内の綿を突き抜けて、その先で結んでから隠して処理しているのです。編みぐるみを作り始めたころに幼かった甥っ子に与えたらあっという間に目のパーツが取れてしまったので…。
作成する人間は大人でただ可愛がるだけでも、貰った人がどう扱うか分からないものです。幼い子の冒険のお供になるにはちょっと糸をくぐらせて終わり、では強度が足りないですものね。

しかし…真っ白の毛糸に原色系の毛糸って透けて見えるんですねぇ。こんなに透けると思いませんでした。
試作2以降は気を付けて作りたいと思います。

同居人1の感想は「なんだかふてぶてしい」でした。

……本体部分が長すぎる? 試作2ではちょっと短めの本体にして作ってみたいと思います。


<素材>

毛糸

白…楽しいホビーアクリル100 並太 白 Col No.231
赤…楽しいホビーアクリル100 並太 赤 Col No.244
黄…楽しいホビーアクリル100 並太 黄 Col No.236


目玉…ダイソー ぬいぐるみ用目玉 黒 1cm

ぬいぐるみ用綿 適量

かぎ針 6号

原材料費 大体100円くらい?

Pagetop

あみぐるみ 「三つ子のちび蛇」

こんにちは、けいです。

先日、PCデスクでカフェオレをこぼしました…

スタンダードタイプのキーボードを使っていたのですが、左下のCtrlのあたりにタプタプとするほどに。
なにせ大きめマグカップ分のカフェオレ。
焦って拭いたのですが、キーボードがペタペタとした押し具合になってしまいました。Ctrl辺りだけならまだしも結構ガッツリ全面的にこぼしたのです。

結構使ってきたキーボードだったので、キーの文字印字は「M」や「N」は消えてしまっていたのもありまして、買い換えました。
ELECOMさんのワイヤレスタイプで薄いタイプの物にしました。スタンダードより指の負荷が軽いかな?と考えてのことなのですが…どうなのでしょうね?

一緒にマウスも買い換えました。
こちらもELECOMさんのもの。
実は私は結構1日何時間も長文をPC画面で読むのですが、そのせいなのか、スクロールのホイールが妙な作動をおこすようになってしまったのです。上にスクロール動作させたいのに画面が下がる。その逆もあり。それだけでも辛いのにボタンを操作していないのに上下にブレたりするのです。
同居人1が裏側から開けて掃除したりして直してみたのですが、数日で不具合再発。
諦めて買い換えました。
新しいマウスも初期不良だったのか、同じように妙な動作を起こしました。一応自分のPC以外で試しても同じ動作不良を起こしたので電器屋さんで交換してもらいました。
長持ちするといいなぁ。


さて、あみぐるみです。

昨年作成依頼をいただいた真っ白の子蛇ちゃん3匹です。

ご依頼主様は巳年生まれだそうなのですが、蛇というのはどうにも可愛らしい物が無いのだそうです。
干支モノの中でも売り上げが低かったり、デザインに困る年ではあると聞いた事はあります。
そんな中、私の作った竹にまきついた巳年ヘビに出会われ、絶賛していただきました。あまりにお気に入りのご様子だったのでその蛇はその方に差し上げました。

今回のご依頼は巳2号、3号と同じタイプの子を3匹。
特に細かい指定もなく、同じ感じであればOK、しかも納入時期も全く急がず問わず。
あまりに評価していただいているようでとても嬉しかったので、3匹くらいなら差し上げますよ、とお話したのですが、申し訳ないのでお金を取ってほしい、とまで…。
どうしてもとおっしゃるので、では、原材料費だけとお願いしたのですがゆずってくださらず…私にとっては過分な報酬を約束して行かれました。

そんなこちらの我侭ばかり聞いていただいたような状態だったのですが、なんとか可愛く作成することが出来たので過日、納入させていただきました。

<3匹セットアップ前>
20160316 発注蛇3匹

下に敷いてあるのはダイソーの手ぬぐいです。
手ぬぐいより15センチ位短い位の長さがあります。合太程度の糸12目でこの長さ筒状の胴は…結構キますよ(笑)

<顔>
20160316 発注蛇3匹2

綿棒みたいな…マッチ棒みたいな形状に編み上げたものの鼻先を残してU字状態に凹ませ、小さく編んだ顎パーツを付けます。
バランスをみて、目玉ボタンを付けています。

<尻尾>
20160316 発注蛇3匹3

細くなる部分が長すぎると可愛げが減りますが、あまりサクサク減目すると丸くなって蛇らしさが消えるのでバランスをとって尻尾の形状を作っています。
顔の付近や尾の付近に長めに残っている糸はとぐろを巻いて固定する為のものです。
別糸にすると糸処理も増えますしね。

<三つ子の仔蛇>
20160316 発注蛇3匹4

お猿を乗せて(笑)
正直言って、どれがどの仔かさっぱりわかりません。
目印もありませんしね~。
今回の仔は結構頑張ってバランスをとったのですが、どうしても首をかしげた感じに出来上がりました。
直しても直しても首を傾げるので諦めました…

巳 「あなたが私の飼い主さん?」

と、きゃるるん、と聞いているのだ……と、思いたい。切実に。どうにも直らなかったのが非常に悔しいので!

<後姿>
20160316 発注蛇3匹5

見分けの付かなさで、諦めて三つ子扱いなのです(苦笑)
整形して並べてみて、バランスをみて…としている間、脳内を流れていたのは「だんご三兄弟」の歌でした…懐かしい。
焼き目の事で喧嘩することもなく、仔蛇の三つ子は出来上がりです♪

過分な報酬のこともありますし、多肉類の雛飾りもいただいたので、もう少しおまけを付けてお渡ししました。
長くなりましたのでおまけについては、後日UPさせていだきます。



<素材>
巳本体………BEAUTY(毛混合太)COL.01
目……………Le Ornement 目玉ボタン黒 10m/m

ぬいぐるみよう綿 適量

Pagetop

あみぐるみ 「干支 猿8 9」

こんにちは、けいです。

1ヶ月以上の放置により広告が出てしまいました…
更新できてないなーとは思っていたのですが、1ヶ月かー。早いなぁ。

前回の冒頭文に書きましたとおり、母が右手骨折しており、それに伴って様々な事象が発生しまして…
具体的に言うと、基本的に休みがギリギリ週1もらえるだけの状態だったり。
仕事帰りに実家によって家事手伝いがあったり。
週1で母と温泉に行って、頭や背中、洗いにくいあたりを洗ったり。

まぁ、当然やるべき事だと思っているので、問題ないのです。
疲労は蓄積していきますけれど、同居人1も協力的なのでそれほど問題もなく。
ただ、ゆっくり趣味にとれる時間が無い…。

手仕事をする時間は取れなくないのですが、疲労の関係で難しかったりで。
いやいやいや、更新しない理由にはならないんですけれどね!

母の骨折もとりあえずギプスは取れて、若干の固定が残っている程度まで回復しました。包丁を使うのが辛いらしいですが、頑張らないといけないんだから、と泣きべそをかきながら頑張っております。
やるよ?というと「甘やかさないでよ!」と拒否られます(笑)


平行してお家新築も進んでおります。
無事、ほぼどんなお家になるかも決まりました。外壁やらなにやらも、レイアウトも、電気設備系も打ち合わせ終了。
一応これ以上の変更は無し。

2月21日に地鎮祭です。
やらなくていいよ、もともと建物はあった土地なんだしさー。という我々の主張は通らず、父母に「あほんだら、やらんかい!」と怒られてやることに…。
初穂料だけ用意して当日土地に行くだけでいいように、メーカーさんが手配してくださる約束になっております。
近隣のお家へのご挨拶くらいは用意しないといけませんね~。


さて、いまごろかい!という突っ込みを自分で入れつつも、干支の猿あみぐるみ、最後の2匹です。
最初にお断りしておきますが…
8匹目と9匹目。ほぼ間違い探しか!という位に見分けがつきません。

<あみぐるみ 干支 猿 8>
20160215干支猿8仔

安定しております。
最後の仔だと思って作っておりました。うちの仔になるかなーとか思いながらのんきに作っておりました。

<干支 猿 8横・後ろ>
20160215干支猿8仔2

20160215干支猿8仔3

どうにも、猿くんのもこっとした顔があまり好まないのです。
猿らしいけど、なんかね…
なので、若干盛りは少なめに作っております。

<あみぐるみ 干支 猿 9>
20160215干支猿9仔

…ふふ。見分けがつきませんですよ(苦笑)
写真のデータを見直して掲載できるように加工するのですが…
どれが8仔でどれが9仔なのか、ほぼ見分けがつきませんでした。

よくよくみると、生え際のこだわったVラインが糸の出方が違っていたり、足が9仔のほうが長い?というニュアンスの差があったり。やや顔つきに差がありますね。ほぼ、雰囲気です。じっくり見なきゃわかりません!

具体的に分かりやすいのは、バナナネクタイ。
8仔→茶と黄色のネック
9個→黄色オンリーのネック

<干支 猿 9横・後ろ>
20160215干支猿9仔2

20160215干支猿9仔3

実は9仔は予定外の仔です。そして、我が家用の仔です。
母が最初に言ってきた数で足りないからもう1匹と追加を要求してきたので急遽作りました。

まぁ、その後…母から毎年干支あみぐるみを送付されている北海道の叔母から母に「今年は2匹だけ…?」と遠まわしな追加要求が届いていたようですが、母のほうで2匹だよ!と返して断ったようでした。
物凄く後々になってから聞かされたので、追加作成する気も出せず、聞かなかった事にしました。
いまさら追加で送られても困るでしょうしね!

今回の猿さんは、顔の中心から編み始めて後頭部で収束する編み図です。
いつも減らし目のあたりでどうにも編地が隙間だらけになりがちなので、出来れば隠したい所なのですが、後頭部は隠せません…
せめて、みっともなくならないように!と気をつけて編んでいたつもりです。
物凄く糸の引き方を強めにして、隙間が出ないようにキュキュっと。
ちょっとは綺麗にできるようになったと思いたいところです。

この編み図の原本はNHKテキストの「すてきにハンドメイド」掲載のものです。
若干のアレンジはしております。
2016年2月号には様々な方が作られた同様のお猿さんが掲載されていました。

拝見していて痛感するのです。
やっぱり、作り手によって全然顔つきが違うのだなぁ、と。
お洋服を着せたバージョンにすると干支飾りらしさが減りそうでうちの仔はみんなお猿色ですが、お洋服バージョンの仔も掲載されていたり。
きっとこんな優しいお顔の方が作られているのだろうなぁ、と思わせる感じの優しい顔立ちのお猿さんがいたり。

うちの仔は、私が「可愛い」といえない仔は作りたくないので基本的に私のセンスで「可愛い」バランスで作ります。一応途中で同居人1のセンスも参考にするので、同居人1も「可愛い」と思うラインが守られています。

様々なお家にお嫁に行った干支のお猿さんたち。
嫁入り先で可愛がってもらえるといいなぁ、と思っております。


今回の材料も前回までと同様なので記載は省略いたします。

Pagetop

あみぐるみ 「干支 猿5~7」

こんにちは、けいです。

母が骨折しました。
9日の朝、助けてーというメールが届きました。
転んで手首をやっちゃったので、色々助けて欲しい、という内容。
どうやら台車のあるところでバランスを崩して転び、どうにもならない、ということ。
急遽実家へ戻って色々とヘルプ。
整骨院に行って、うちじゃなくて整形外科へ行ってくださいといわれた母。
利き手の手首関節より少し肘に寄った辺りの骨が折れていたそうです。
ギプスをして吊った状態で帰ってきました。

とりあえず、2、3食分くらいになりそうな量をパン屋さんで買出し。
パンなら片手で食べられますし、1日くらい楽勝で持ちますし。
あと、母の好物なので、食欲が無くても手が出やすそうなので。
父の食事が困りものなのですが、とりあえず8日の夜に仕込んだ雑煮があるそうで、お餅があれば何食かはこれでいける、と言われております。
とはいえ、洗濯物も困るでしょうし、なにせ利き手。困ることもあるでしょうから色々こまめに連絡してやれることをやろう、と思っております。
…どの位で治るかなぁ。
どうしても動き回ってしまう人なので、無理せず早く治して欲しいものです。


さて、あみぐるみ。
干支のお猿さん、3匹です。
残りの仔たちもさくさくっといきたいものです~

<あみぐるみ 干支 猿 5>
20160110干支猿5仔

色としては4匹目の仔と同じですね。
サイズがチビサイズになっております。

<干支 猿 5横・後ろ>
20160110干支猿5仔2
20160110干支猿5仔3

くるくる~ん。

<あみぐるみ 干支 猿 6>
20160110干支猿6仔

5匹目の仔と良く似た6匹目ちゃん。
ですが、6匹目ちゃんは足が短いです。

雑誌をずっと開いているのが邪魔くさかったり、本が傷むのが嫌だったりしたので、このあたりで手元のノートに簡単に編み図を転記しておりまして…
ページの都合で足の編み図がちょっと2行に分けたのですよ。
そうしたら…
2行に分けた部分の数段、見落として編み忘れているのですね!
なので、足の短い仔になりました(笑)

鼻、口のラインの刺繍糸が毎回なんとなくコレか?という感じで手元にあるものを使っているのでその辺りも表情が変わってくる辺りでしょうね。

<干支 猿 6横・後ろ>
20160110干支猿6仔2
20160110干支猿6仔3


<あみぐるみ 干支 猿 7>
20160110干支猿7仔

7匹目ちゃんも、6匹目同様、編み図を見落としており、足の短い仔です(笑)
そして、赤茶ではなくて、焦げ茶の仔ですね。
落ち着いたカラーリングになります。
この辺は好みで選んでもらう感じですかね~。

<干支 猿 7横・後ろ>
20160110干支猿7仔2
20160110干支猿7仔3

<干支猿 4~7集合>
20160110干支猿4-7

干支猿4君の大きさが分かりますね~。
5~7の仔も各々結構顔つきが違うのが分かります。
この写真を元に今年の年賀状を作成しております。
近年、ずっとあみぐるみで年賀状を出しているので、届く年賀状に「今年の編みぐるみも楽しみ~」といったメッセージが増えてきました(笑)
ありがたいことです!

<干支猿 ここまでの集合>
20160110干支猿 1-7

どちゃっとな(笑)

コアラもどき感が分かりやすいですね。
親子ほどにサイズの違う仔たちも、まとまると仲良し感があって可愛いです。

すでにこの仔たちは全員、予定の方の下にお届けしている…はず、です。
母の手元からお渡ししたという連絡が届いているので、従姉妹たちにも届いたはず…。いや、従姉妹の家にはあっても、従姉妹ではなくその子が持っている可能性もありますけれどね(笑)

あと、2匹。もう少し、干支猿君にお付き合いくださいませ。


今回の材料は前回までと同じなので記載は省略いたします。

Pagetop

あみぐるみ 「干支 猿4」

こんにちは、けいです。

年も明けまして、2016年となりました。
今年もほっこり、ひっそり続けていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

今年も出来るだけ体調維持、体力維持(出来れば増進)の方向で行きたいと思っております。
あとは…建てるお家がなるべく平穏無事に、その後平和に暮らせるものになるようにできれば…と…
手芸については、無理なく楽しめる範囲で続けて行きたいと思っております。

日常の中の小さな「楽しい」を出来るだけ見つけていこう

そんな方針で今年も生きていきたいと思います。


さて、例年の干支編みぐるみですね。
前回まででほぼ試作終了となります。
今回のものも、大まかに区別すると試作サイドになります。
ですが、少し大きな仔が欲しいと思った分とソレを作ることによるサイズ感の検討だけなので「試作」サイドではなくて、本番の仔ということにしています。

<あみぐるみ 干支 猿 4>
20160103干支猿弱大2

試作2号と同じサイズの糸を使用(カラーナンバー違いなだけ)です。
編み図は2号のものにサイズアップするように目数を増やしているのと…

生え際!ココ、こだわりです。

やっぱり、丸い額よりもこういう額にしたいのです!
なので、V字に色が入るように糸変えしてラインを出してみています。

<横>
20160103干支猿弱大3

…なんでしょうね…作り手に似るの…?
何故かでっぷりとしたラインのカラダになっております…。
おかしいなー。編み図はでっぷりするように出来てないんだけどなー…

しっぽにょろり。
かぎ編みの特性というか…立ち上がりがだんだん斜めのラインを描いてズレていくわけですが、それがいい感じに尻尾のにょろり感が出来ているかなーと感じています。
ぐいっと弄ると若干真っ直ぐにはなるわけですが、しないほうが可愛いですね。

<後ろから>
20160103干支猿弱大4

尻尾!
こんな風にいたずらな気配がするようになるのは、可愛いですね。

バナナネクタイの糸端を利用して首にリボン巻きしてあるので、その糸端が若干背中で遊びます。
この糸端はその個体によって糸端の残り具合が違うので、毎回同じ様子にはなりません。
刺繍しやすいように切ってある刺繍糸を使っているので、ギリギリだったり、たっぷりすぎたり…

で、この4号だけで写真にするとサイズ感が分からないのでほかのサイズの子と並べてみました。

<2号と4号>
20160103干支猿弱大

この写真だけ製作終了直後に私が携帯で撮ったので色味等が異なります。

親子的なサイズ差に出来ていると思います。
色味の差は好みがあると思うので2種類とも作ることにしました。
私は茶が強いほうが可愛いと思うのですが…母が焦げ茶のほうが可愛いというので2種で決定。

4号の後ろにあるのはダイソーで購入した小さな折り畳みコンテナ(プラスチック)です。
20cm×14cm位。ケースにすると高さは10cm無い位です。
可愛い!と衝動買いしたのですが、利用法が思いつかず…1ヶ月くらい放置していたのですが、今回の猿作成用の物品をまとめておくのに非常に便利だったので採用。

・糸が散らばらない
・透明なので内容が把握しやすい
・プラスチックケースなので布袋のように踏んでしまったり、見失ったりしない
・干支猿シリーズ作成終了後には畳んでしまうのですべての物品をちゃんと一度リセット、仕舞う

このケースの中に、綿以外の必要物をすべて入れています。
編み上げたパーツや、目玉パーツなど細かい紛失しがちなものはジップの透明袋に入れてこの中。脇に散らかっているのは作成使用中だからです…(笑) 作業後にはコンテナの中。

今までの4匹の中でお好みの猿はいましたか?
竜や馬より簡単に作れますよ~。いかがですか?(笑)


<素材>

毛糸
肌色…Formal Col.2
濃茶…Formal Col.4

刺繍糸
焦げ茶・黄色…ダイソーで買った刺繍糸セットより


目玉ボタン…Le Ornement 黒 6mm

ぬいぐるみ用綿 適量

かぎ針 4号

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。