スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

刺し子 七宝つなぎ

こんにちは、けいです。

手持ちのさらしを花ふきんサイズに切り、オリンパスの「花ふきん 刺し子布」を利用して図柄をチャコで写してチクチク刺してみました。


<手順>

・さらしをお手本サイズとほぼ同サイズに切る
・半分に折る
・さらしの下に図案を入れてチャコで写す
・わになってない方 中表にして図柄の枠から1.5cmの所を縫い合わせる
・邪魔になるくらい布はしが残っていたら切り落とす
・外表に直して布を揃え、刺し子開始。
・まずは外枠を刺し、その後中の模様を刺す


刺し子の模様は伝統柄だけでも結構な数があり、それぞれ縫い取りの手順があります。その縫う順番を守ることによって綺麗に仕上がっていくわけです。
私のように「糸が勿体無いじゃん! 刺し子は本来布を丈夫にする、綿糸を大事にするって思想のはずだよね?」とか理屈をこねてると綺麗に上がらないかもしれません…


<注意して行うと良いこと>

・こまめにちゃんと布をしごくこと(曲線の場合はしごきすぎると布が伸びます…)
 それによって、糸が布に落ち着くし、出来上がりに攣りが出ないようになります
・糸はあまり長めに用意すると刺し子糸がボサボサになって表情が悪くなります
・直線を刺す場合は長めに一気に刺すと直線の味が出やすく
 曲線を刺す場合はこまめに針を出すと綺麗な曲線を作りやすいです
・気分で目の大きさが変わらないように一定の目で刺せる様にします

そしてこれが一番大事!
・下準備をちゃんと綺麗に行うこと!
 ちゃんと丁寧に端処理をすること。
  刺してる間に布がズレるとか、非常に出来上がりが悪い物になります。
 図案をキチンと綺麗に写すこと。
  チャコでうつす場合は布を握っている間に図案が消えてしまいがちなので気をつける。

下準備がキチンと出来ていると、本当に仕上がりが違います。
まぁ、うちはアイロンがないんで、刺す前のアイロンでの布目を整える、とかは出来ませんけどね…

上記注意点は自分で調べたもの、本に書かれていたもの、自分が実感したこと、です。

てことで、
今回は伝統柄「七宝つなぎ」

花ふきん 七宝つなぎ

えーと。水洗いして平らに干したんですけどね…やっぱアイロン要るなぁ><
円を重ねてつないで作る吉祥柄ですね!
曲線が綺麗に刺せるように訓練するにはいい図柄だと思いました。

<刺し方>
1.まず外枠。
2.角から波線状に対角まで指し、鎖柄を作るように戻る
3.対角も同様に刺す
七宝つなぎの刺し順

綺麗に刺せてないのが画像をアップにすると判りますね…><

日々精進努力です! 
あ。あと、私の好みの図柄はやっぱり麻の葉のような直線系の伝統図柄と痛感しました。曲線は結構性に合わないようです…(苦笑)
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。