刺し子 花ふきん 一目刺し失敗

こんにちは、けいです。

一目刺し。
針目の寸法を一定の大きさに決め、規則的に刺す手法ですね。
いわゆる方眼の1マスを1目として刺します。
普通の図柄だと線が交わる所や角、布の隅などで綺麗に図が出来るように少し手前からの針目調整が必要になりますが、一目刺しだとそういうのは考えなくていいので、その点は楽ですね!本当にただ無心にマス目にしたがって刺せばいい、はず、だったのですが……。

なにはともあれ、失敗作。
「あれ? 思った柄にならない…!(愕然)」

一目刺し失敗

はい。目指す柄は「一目刺し 柿の花・花十字」だったのですが…
ぼーっと刺しすぎてコレだと出来上がりが「段つなぎ」のようになってしまいます…。
ハッと気がついて縦の糸を刺すのを止めたので中途半端で出来上がり扱い。
菊刺しの時にいいかも、と思った糸で刺していただけに悔しさ満載。

アップにすると、こんな感じです。

一目刺し失敗アップ

針目1目が大体5ミリです。(5ミリ方眼で作図したので)
5ミリで、延々と刺すのでかなり糸を消費します。そして1面埋めるのに手間が半端無いです。出来上がりにワクワクして夢中で突き進み…猪突猛進すぎて失敗…。
振り返れ、私…。

時間と手間と材料を消費した後の失敗の確信は本当に凹みます。いや、凹んだ後に悔しさで奮起するんですけれども(笑)

負けず嫌い発動で、ちゃんと次の花ふきんで作り直しております。ちゃんと刺したのが出来上がるまでUPしない!と要らぬ意地を張りましたが、いや、失敗したのをUPしければいいのでは?と今頃思う次第です。いや、初志貫徹でUPしますけれど。だ、だんだんちゃんと作れるようになるのが判るように記録としてとか!ね!?(誰に語りかけている…)

失敗作ではありますが、コレのおかげでいくつか自分なりに注意すべき点というか気をつけるべきポイントも見えて、全くの役立たずとはなりませんでした。

以後、一目刺し時に注意したほうがいいと思った所

・他の柄より遥かに布に触る為、鉛筆タイプのチャコで描いた下書きがあっという間に消える。
 だからといって水で洗うと消えるタイプを使うとペン先が太い為図がズレる。
 (5ミリ方眼なのに引いている線が1.5ミリとかあったら確実に図が歪む)

・図の都合上、あまり太い糸で刺すと全体的に重たい図ができあがりそう。
 さらし一面にびっしり刺すので出来上がりの物はかなりしっかりした状態になる。

・一方向からばかり集中して刺すと布が歪む。
 図内で縦横バランスよく刺さないと布がヨレてしまう。

・集中して刺しすぎると方眼に気を取られて出来上がる図が判らなくなってくる。
 時々目の休憩も兼ねてリセットしながらやった方がいい。


どの図柄も同様に言える事ですが、本当に下絵が命です。
下絵の段階でちょっとでも手を抜くと刺す時、仕上げる時に苦労します。帳尻があわなーい!と嘆く羽目になるといいますか、綺麗に出来上がらなくて泣けるといいますか…。
規則正しい柄は、本当、単純だからこそ奥深いという刺し子の特徴を痛感しますね。

次の記事はちゃんと出来上がった「一目刺し 柿の花・花十字」で!(笑)
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR