柿川の桜  貰った綿花

こんにちは、けいです。

4月に入り新年度ですね~。
いや、基本的に私の生活には何の関係もありませんけれどね。
お客様がマスクの方が増えたり、シーズン的なものでご贈答の方が増えるくらいです。

暖かくなり始めた頃にちょっと油断しまして、ちょっと寒いけど大丈夫だよね~とほんの少し薄着をした結果、風邪を引きました。4月6日に症状が顕著になって「鼻が痛い」と主張したらいろんな人に「花粉症きたか!」と言われました。
そんな歓迎はいりません…
同様にマスクをして接客をしていると「あなたも花粉症なのね」と言われます。「いや、私は風邪です」と返すのがなんだか切ない…
今現在もまだマスクのお世話になっております。鼻水がトマラナイヨー。


と、言うことでUPし損ねていた今年の柿川の桜。

4月3日に撮影していたものなので、まだ若干つぼみです。その後はちょっと撮影できる天気と体調が合う日が無くて撮れませんでした。

<20160403 長岡市 柿川の桜>
20160414柿川の桜

電線を移さないように綺麗に撮るのって難しいです…

20160414柿川の桜2

まだ蕾がたくさんある頃、つまり散り始めてもいないので、柿川の水面には桜の花びらはありません。

20160414柿川の桜3

奥に見えるのは歩行者しか渡れない階段つきの小さな橋。その向こうに車両用の橋があります。

同居人1と共に桜を眺めながら撮っていると、通りかかったオジサマが対岸にいたオジサマに大きな声で話しかけていました。

A「綺麗に咲いたねかて~!」
B「今日咲いたんだて~」
A「そいがーかね」
B「昨日蕾で今日咲いて、明日の雨で散るがーて!(笑)」
A&B「はははは!」

…がっつり長岡弁で書きましたが…。わかります…かね?

数日とても暖かく、一気に桜が咲きました。その後の天気が雨予報だったのです。

オジサマの「昨日は蕾 今日咲いて 明日の雨で散ってしまう」という言葉がなんとなく耳に残りました。
その時は楽しそうに話していたのでオチつけるのかよ!と思ったのですが…
何回か思い返しているうちに、年齢を重ねた方のあっさりと話される深い意味にも取れる言葉なのだなぁ、とも。

しかし、その会話が行われていた時、私と1mと離れていない場所にいたはずの同居人1は一切聞いていませんでしたよ。
…なんでやねん。

この桜は結局雨に負けることもなく綺麗に咲き、4月10日には悠久山の桜も満開になりました。
同居人1は悠久山の桜も父母と共に眺めに行っていました。(私はベッドの住人でした…)


<綿花>

年初あたりかな…
綿の花を従姉妹が母にくれました。
日々少しずつ咲いてもふもふ。
飾っておいたところ、「綿ってこういう風にできてるの?!」と驚かれるお客様も多くいらっしゃいました。
というか、くれた従姉妹までも言いました。

咲ききるまで放置してもふもふさせていたのですが…
子蜘蛛さんたちのいい隠れ家だったようで、最後あたりで毎日くもの巣アタックをくらっておりました。
除去しても除去しても…数時間できらりと光るくもの糸…。
屋外に逃がしても逃がしても…まだいるんかい!と言いたくなる位蜘蛛さんと戦いました。

これ以上もう咲かないね、というあたりで諦めて水を切り、枯れ切ったあたりで花をつみまして…

こんな感じで収穫になりましたよ。

<綿花の収穫>
20160414綿

スーパーの袋にまとめて入れてギュっと封印。暫く日当たりのいい場所で放置しておりました。
……蜘蛛さんの被害はこれで無くなった…と…思いたいです。

<綿花ガクつき>
20140414綿2

咲ききれなくて、まだ硬い綿です。
ガクから離すことは出来るのですが、離したところで綿のもふもふ感は無いです。みっしり圧縮状態という感じの手触りですね。

以前買ったNHKの「にっぽんの布を楽しむ」という本の中に確か綿花の加工の回があったはずなので、録画した動画を確認して種を取って使える綿にまでしたいと思っております。
綿になったら…綿花をくれた従姉妹に何かに加工して返そうかな~とか。

手芸物のUPにしようと思っていたのに思わぬ体調変化で日常物が優先ですね。
4月は1ヶ月の記事数が片手以上になるように、手芸も記事も頑張ります~。
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR