手持ちのものでなんとか…

こんにちは、けいです。

暑くなりましたね~。

本当に暑さに弱いので、体調を崩す前にエアコンのお世話になるか、猫のように家の中で涼しい場所に移動していきます。
イグサのごろ寝用マットがお役立ち。
千趣会から足裏部分に竹を使った夏用のスリッパも届きましたし、どんどん夏仕様になります。

かなり日常的にPCがつきっぱなしなので、そのほかの部分は出来るだけ電力を使わないでいける部分はいかないと!地球に…というか、お財布に優しくないです。

財布より地球だろ、と思わなくもないですが、身近で切迫した事情のほうが堅実に努力しますから…実感大事。目の前のにんじんとも言う…


さて、今日は日常的にごそごそしたものを2種。
まずは、「のれん」

我が家は玄関ののれんを、夏バージョン、冬バージョンで取り替えています。
暑くなってきたし、夏バージョンに変えよう♪と思ってしまってあるだろう心当たりの場所を探したのですが…みあたりませんでした。
だからといって冬ののれんは…正直のれんではなく、カーテン。玄関からの冷気をさえぎるために閉鎖するための布。

…暑苦しい…。

見つかったのは、真夏に廊下とキッチンを仕切るドアの所にかけている金魚ののれん。
玄関にかけるには…ちょっと短いし、ほぼ視界を遮る機能がない。
新しいものを買う? 処分した覚えもないのに、数千円の出費はちょっと…。

悩んだまま違う用事でダイソーに行きました。
行ったダイソーにて、手ぬぐいで、ちょっと柄が気に入ったものがあったのです。
でも、手ぬぐいってストックが何枚もあるのです。手ぬぐいとして使うにはちょっとなー、と悩んでじーっと売り場で見つめてみる…

はっ。
手ぬぐいの長さって!幅って!
2枚あったらのれんみたいにならない!?

早速2枚買って帰宅。
それが、こちらの手ぬぐい。

<手ぬぐい>
20150527手ぬぐい

コレを2枚あわせ、中央になるラインの1/3位の長さをコの字とじで繋いでみました。

普通に縫い合わせると縫い代がおかしくなるし…と苦肉の策です。一辺の端処理されている部分を全部解いてのれんの正しい作り方的縫い合わせをするより、きっと楽…!

で、縫い合わせた側が上になるように短辺を突っ張り棒を通せるように。+ちょっと余裕分を考えて折り返して並縫い。

できあがり~
216円でもそこそこいい感じ!

<手ぬぐい で のれん>
20150527のれん

玄関ではなく、廊下とキッチンを仕切りドアの所に設置して撮影しています。
というか、今はここに設置されています。

玄関に設置していたのですが、設置して10日後位に…
同居人1が「探してたのれんってコレー?」とどこからかのれんを見つけてきたのです。
私が同居人1に「のれん、しまっておいてね」と頼んだもの…

私「のれん、(いつもの場所に)しまっておいてね」だったのですが…

同居人1には()の中は把握されず、なおかつ、同居人1はいつもの場所を知らなかったため、自分のテリトリーにしまい込んだらしいです。
うん、私の言葉が足りないのが悪いです。でも…散々探してた時に見つけ出してよ!!と思わなくもない…です…

まぁ、無事にいつもののれんが出てきたので、そちらを玄関へ。てぬぐいのれんは金魚のれんの位置へ。金魚のれんは…
玄関の靴箱上部天井付近に設置した収納の目隠しに使用となりました。



つづいては「ウッドクリップ」。

何かとまとめるのにちょっと便利なクリップ類。
普通に事務用品のクリップを使うと便利でしっかりするけれど、なんだかつまらない。
ウッドクリップなら利便性と可愛さを両立できる?

そう思って今までも小花のモチーフを編んでくっつけてみたりしてきました。
ただクリップで止まっているより、区別しやすくて便利だったりもしますが、どっちが握る側か分からなくなったりというデメリットも発生していました。

今回は、またもそのウッドクリップをなんとかしてみよう、という試み。

ウッドクリップは意外とつまむ時に滑りませんか?
木が滑らかになっている為だと思うのです。つまり…摩擦を増す何かがあればグリップするかな、と。

何かリーズナブルに何かできないかな…と素材箱を眺めることしばし。

そしてまたもや100均で麻&コットンリボンというものを見つけてありまして、「なにかいい素材になりそう~」と何色か購入してありました。

コレダ!

<ウッドクリップいじり素材>
20150527ウッドクリップ遊び

麻&コットンリボンをウッドクリップの大きさに合わせてカット。両端をボンド止め(やらないと加工時にほつれていく)
刺繍糸のこげ茶使用。(写真の糸は刺繍糸の整理方法を知らない時に解いてしまってもうどうにもならない糸束)

リボンの縦糸横糸を罫線に見立てて刺し子の一目刺し的ななにかができないか?と試行錯誤してみました。
結果が上の写真でいう右の下。

模様にするための片方の線を通し終わると交差方向の糸がさせるほどの余裕がなくなり…思う柄を描くことが大変難しいです…。
こぎん的な模様ならいけるのか…? でも、幅がものすごく狭くて模様を出すのが難しそう…。

で、なんとか加工したリボンをウッドクリップに貼り付けて固着させると…

<ウッドクリップと麻コットンリボン>
20150527ウッドクリップ遊び2

こんな感じに仕上がりました。

左がノーマル。何もしていないウッドクリップ。
中央は刺繍糸加工をしていないリボンだけを貼り付けてみたもの。
右がフルで刺繍糸をくぐらせてみたもの。

グリップ力は中央が一番ありました。
右は刺繍糸をくぐらせすぎて、リボンがツヤツルになってしまって…結局指が滑ります…。
それを何とかしようとおもって、ウッドクリップ1枚目の写真、右下の状態にくぐらせてみたのですが…
何か気に入らない!(笑)

試行錯誤の余地があまりまくりです。
リボン自体も何色かありますし、刺繍糸とのバランス、模様、クリップに貼り付ける範囲。

とりあえず、リボンの格子がそこそこ細かいので、頑張りすぎると目と肩がいかれます。

妥協点だ!と思える物ができるのはいつなのか…。
刺し子も3セット位仕込んで手をつけて遅々として進んでおりません(笑)

あー、でも今月の素敵にハンドメイドのバックもいいなー(いいなぁ、と言って作る確率は大体1割程度…)
ネトゲを止めた分、というには歩みの遅い手芸事。

敵は肩こりと運動不足!…やっぱり手芸やってる時間が…(笑)


<素材>
「のれん」

てぬぐい…2本(ダイソー)
黒木綿手縫い糸…適量

「ウッドクリップ」

ウッドクリップ…適宜
麻&コットンリボン…1枚大体4~5cm(なんじゃ村 ベージュ)
刺繍糸…在庫の為不明。模様によって使用量が大きく異なる
接着剤…木工用ボンド 適量
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR