スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

今年のベランダプランター

こんにちは、けいです。

自動車税の支払い時期です。

我が家は自動車を買い替えたので、先代の車の税金還付と今の車の自動車税×2(レガシーとムーヴ)。
やっぱり軽自動車は安いですね。素敵。

普通車の税金は意外と督促は来てもペナルティの延滞金は初夏位までかからなかった記憶があります。延滞金払う状態になると千円以上でお財布が痛い…はず…。夏のボーナスが入るころまで待って~!と思っているとと延滞がかかったような。
軽自動車のほうは督促=延滞金追加、だったかな…100円位…。

10年位前の記憶がいまだに通用するならば、の話ですが(笑)

還付があるので、コンビニ等での支払いはせず、金融機関まで行って来ましたよ~。
ついでに郵便局で記帳したり、家賃の口座のある銀行で記帳しようとして通帳を忘れていてATMの前でがっくりしてみたり…。

ついでに2時間ほどフラフラ歩き回ってきました。
……足が痛くなりました。

運動不足はなはだしいですね! あは!



さて、今回は手芸ではなくて、ベランダーで育つグリーンです。

毎年同居人1の為のトマトがベランダの半分を占拠する夏。
今年のトマトは…すごいことになっております。

<購入してきた株>
20150521ベランダグリーン6
ぐるぐる~と螺旋を書くように育てる予定らしいです。
すでに花芽がついているので一応収穫がほぼ確定…

<予備軍 1>
20150521ベランダグリーン5
同居人1いわく、予備用の一軍。
ちゃんと新しいトマト用土。

<予備軍 2>
20150521ベランダグリーン7
同居人いわく、予備用。生き残るなら生き残れの株。
去年の土の寄せ集め。

予備軍1、2は両方とも、去年育てたトマトの子。

実割れしてしまったり、落ちてしまったりしたトマトを同居人がポイポーイとトマトのプランターに投げ入れて土に返していた結果、無事今年の春に芽を出したものです。

かなり局所的に芽が出ていたものを同居人1が「サバイバルの開始だ!」と1株ずつ分けて植えなおした結果。
根にダメージが出て脱落するならソレもよし!とか言っていたのですが…
脱落したのはほんの1,2株程度らしいです。

…ワサワサしてますよ?
どうするんでしょうね…。

そのうち間引くのかな…。
同居人1は「頑張ってるのに…切り捨てられない…!」とか言っているのですが、そんな事をしたらどの株も育ちません。

間引きそうな株を貰ってギリギリの水しか与えず、1株で1実とれればいい、程度で育ててみるのもありかなーと思っております。厳しい環境下のトマトって美味しいらしいじゃないですか。見捨てるならチャレンジもありかな、と。

<紫蘇>
20150521ベランダグリーン2
おそらく、紫蘇。左は紫蘇で確定。

20150521ベランダグリーン3
紫蘇の芽わさわさ。

どちらも去年の紫蘇が落とした種が発芽したもの。
これも、母に話したら間引かないと育たない、と言われました。
勝手に生存競争をしてくれたらいい、と思っていたのですが…。

<ほうき草>
20150521ベランダグリーン1
左は紫蘇とほうき草のセット。
右は出てきた芽を整理したほうき草。

ほうき草は本来枯れる前に抜いてほうきに加工するらしいのですが、枯れきってからでいいのだと思い込んでいたため去年の物はほうきにできず、ただの枯れ木になりました…。

結果、種が落ちていたのか今年、芽を出しております。
今年はほうきを作りたい…!

<ミント>
20150521ベランダグリーン4

左は実家の土から運ばれてきて延々毎年どこからか顔を出すミント。
右はほうき草の芽とおそらく紫蘇の芽が混じっております。

以上が今年のベランダで育つ子たちです。

…買ったのはトマトの大きい苗1株だけです。
ほかは全て去年の子が残した種からの出てきたものです。
いやー、ありがたい。ありがたいけど…

……こんなに芽を出してくれなくて、いいのよ……。
ミントは特にね…(ミントの味も香りも苦手なのでほぼ無意味に育っては枯れる…)
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。