竹シート

こんにちは、けいです。

腰を痛めてから様々なストレッチやら筋トレもどきを日常的に少しずつでいいのでヤレといわれて、お風呂上りにちょっぴり頑張ってみたり、待機時間にモゾモゾしてみたりしています。

仰向けで横になって、両膝を立て、その膝を左右に倒し、ゆっくりとぱたこん、ぱたこんと腰を伸ばしていると…何故だか足先方向にどんどん体がズレます…。
どんどん頭が枕から落ちます。
同居人1に試してもらっても同居人1は体はズレないそうです。私がズレていく様を見て面白そうにケタケタと笑っていました。くそぅ。
歪んでる、って事、なのかな?? 

さて、暑さがほんの少し和らぎはじめた今日この頃。やっと夏用のシートが1枚完成しました。
うーん、真夏に出来上がりたかった…。
どうも作業状態が腰によくない姿勢なようで、作れなかったんですよね…。

<竹シート>
20140824竹シート3

以前にも作った(クッション&竹シート)同様夏用のクッションやらの上に敷く竹ビーズのシートです。
前回はクッションのサイズに合わせましたが、今回はゆったり座ってお尻、太ももが床につく範囲程度には大きく作りました。

素材は前回も使った竹シーツの竹パーツと100均の滑り止め、レース糸です。

前回、ビーズを編むための伸縮性のあるプラ紐やら、透明ミシン糸を使ってくみ上げたのですが…ものすごい労力だったんです。何せ、竹パーツには縦方向にしか穴がない。シート状にくみ上げるには紐と格闘するしかなくて…。
そして出来上がったシートは竹パーツが暴れやすくて。なので、今回は最初からシート状になっているものに括り付ける、という手法をとってみました。

<シートの上に竹パーツ>
20140824竹シート

閉じ針の大きいやつを利用しています。
で、私が編むにはちょっと細くて辛いのでずっと途中まで使って在庫になっていたレース糸40番白を幅+15cm位の2本取りで使用。それを2本用意して、縦穴2個に対応。1パーツづつ、くくりつけていきます。

<くくりつけていきます>
20140824竹シート5

どうしても竹パーツの量が増えてそこそこの重量もありますし、シートの平らな状態を保ちながら作りたいので床置きのまま、胡坐を組んで屈みこんで作業していまして…
腰の痛い身にはちょっと辛かったのですね~。あと数行で終わりってわかってるのにー!と思いながらも身の安全を優先しました…。

で、全部編みあがったのが一番最初の写真。
裏はこんな感じです。

<裏>
20140824竹シート4

細い滑り止めの線にくくっているので、破損しやすいだろうなぁ、とは思うのですが…扱い次第かな、とも。
実際座ってみるとクッション性はほぼ無いのですが竹パーツがヒヤっとして涼しいです。いや、座りっぱなしだと温まっちゃうのですけれど。自分の座るクッションの上に敷いたら涼しくて幸せな感じです。

同居人1がお試しで数日間か使用しておりまして…先日早速壊しましたけどね。一部ぶちっと千切れてパーツが浮いてました…。あとでくくりなおそう。

竹パーツ…まだまだあります。でももう今年は作らないかな。涼しくなってきたし。
あと、市販の竹パーツのシートは結構隙間が空いているんですよね。竹パーツがたっぷりあるのでみっちりで組み上げましたが…風の通り道があったほうが涼しいのか、どうなのか?

組み上げるために使ったレース糸は…予想外に使いやすかったですね。滑りすぎず、滑らなすぎず。強度も高く。しかも自分でレースを編むにはちょっと考えちゃう糸を大量消費して在庫箱の圧迫からの脱出が図れたり。

1個作るたびに何かを学ぶ感じです。生かせるかどうかは謎ですが…。


<素材>
竹パーツ…竹シーツ分解物。11×21で231個
滑り止め…100均 45cm×45cmで使用
レース糸…40番レース糸(白)
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR