スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

刺し子 ちび巾着「兎」

こんにちは、けいです。

もうすぐ始まるゴールデンウィーク。
私は30日までお休みなしで仕事が入っております。
29日、30日は休みのはずだったのですが…29日は同居人1に1日友人宅での頼まれ事の予定が入った為、フリーになったと話したとたんに仕事を入れられました。
30日は5/2が休みたかったら出てくれ!と言われてお仕事です…

2日は同居人1が遠出に出たいらしいので、交換条件を飲みました。
まぁ、飛び石連休よりフルで連休のほうが嬉しいですものね。

休めないサービス業の方も多いと思うので、休めるだけでも嬉しいことです!

同居人1はどこに行く気なのか…まだわかりません。
何か、長野? 富士山5合目?とか何か言ってました。
ナニソレ遠い…(困惑)


さて、刺し子です。

以前も何個か作った小さな晒製の巾着袋です。

母が、携帯を入れたり眼鏡を入れたり、鍵を入れたりと使い勝手がよく使っているらしく、以前のものが結構ボロボロになったので新しいものを作ってくれ、と言われていたのです。晒なので袋に入れたままで、入れたものを磨いたり拭いたり気兼ねなく出来ていいらしいです。

まぁ…けろっと忘れていたのですけれどね!
たぶん言われてから半年とか経過している気がします。いひ。

ちび花ふきんの切り落としを利用して作ります。

<切り落としを巾着に仕込む>
20160427晒のミニ巾着 兎4

…失敗しております。
作る前に写真を撮って、作り始めて、「この状態で巾着にしたら裏表が逆になるじゃないかー!」と叫んで縫い合わせたものを解きました。

今回は兎さんの模様。
雄鶏社の「刺し子の花ふきん」掲載の「お月見」の模様の一部です。
掲載の図案は縦長なので、布のサイズに合わせて兎と…多分ススキの部分だけです。

<刺し子 ちび巾着 「兎」>
20160427晒のミニ巾着 兎

いわゆるガラケーが入るには…ちょっと深さが足りないようです。
その代わり以前作ったものより幅はあるようです。
…同じサイズのちび花ふきんを作っているはずなのに何故かしら…

<裏>
20160427晒のミニ巾着 兎3

巾着の紐が入るあたり…失敗してますねぇ(笑)
なぜこんなに斜めになったのか、原因がわかりません。
…いや、多分、仕込がアバウトすぎたせいなんでしょうけれど。

<兎アップ>
20160427晒のミニ巾着 兎2

可愛い模様ですね~。
ちょっとみっふぃーっぽいですけれど。
模様と枠は微妙に刺し子糸の色を変えております。

巾着の紐も刺繍糸で自作。

今回は手持ち在庫の処分を兼ねたかったので、在庫から同じような系統の色になるように2色選んで紐を作っております。
この紐の作り方は昔、すてきにハンドメイド(おしゃれ工房かも…)でタッセルの作り方が掲載されていたときに学んだ方法。
手前にねじねじ、奥にねじねじ、の組み合わせで簡単に作れて、とても便利です。
自分の好きな色、好きな長さで紐が作れるって、すごく良いですよね~。

可愛いのでちょっと手元に残したくなってしまいましたが、ちゃんと母にプレゼントしました。
早速見失いがちな鍵の束を入れていました。
もう1個作るから待っててね。

というわけで、次は違う模様のちび巾着の予定です。


<素材>

晒…出来上がり寸法9cm×11cm程度の巾着
   (縫製前 48cm×10cm

糸構成

青…なんじゃ村 刺し子糸 青
紺…なんじゃ村 刺し子糸 紺

青…ダイソー刺繍糸 青
灰…ダイソー刺繍糸 灰
スポンサーサイト

Pagetop

かぎ編み 「コットンで編むポーチ 白」

こんにちは、けいです。

先日、長年使っていたシャーペンが1本、壊れました。
カリカリ…と書いて、芯をしまおうとしたところ、シャーペンの先の部分の部品が吹っ飛んでいきました。
バシュッと(笑)

パーツを見つけて、戻してみたのですが、やはり同じ動作をする時に吹っ飛びます。
どうやら、経年劣化で軸先と胴部分を合体させているネジ部分が効かなくなってしまったようです。
同居人1に見てもらったら同じ判断をされました。
「ネジがバカになってるけど、接着しちゃえば使えるよ~」と言われたので瞬間接着剤で固着してもらいました。
このまま捨てるより、もう1回壊れるまで使えるほうがいいですから。

次にどこかが壊れるまで、またよろしくね、シャーペンよ。
10年位前に100円位でツタヤで買った気がするシャーペンです。まだまだ使うシャーペンです(笑)


さて、今回もかぎ編み物です。
先日のコットンで編むポーチの編み図と同じもので、毛糸を換えて作ってみました。

<コットン糸で編むポーチ 白・朱>
20160424コットンポーチ白

ちょ、ちょっと画像が暗いのはこれ以上補正すると網み目が見えなくなっちゃいそうでしたので、自重した結果です。

編地は真っ白で、縁部分だけ朱色?紅色?の糸を使用しました。アクセントにいいかなあ、と。

<ポーチ 外側>
20160424コットンポーチ白2

結構長めに綴じ紐を用意したので、ある程度中に入れるものは融通が利く感じです。
止めのボタンはまたも再利用品。
以前作ったかぎ編みの夏帽子(青)帽子に使用した物と同じものです。
もう1個あったボタン…再利用品のボタン、結構たくさんあるんですよね…そこそこの量残して処分しようかな…。

<ポーチ内側>
20160424コットンポーチ白3

今回もちゃんと内袋をつけました。
在庫の布の中から白地でなるべく模様の透けないものを選んでみました。
麻が混ざっている布のようであっさりさらっとしている布です。
これもまた、すでに正体不明の布…。タグとか、無くしてしまうんですよね…もう、いつ買った布かもわからない代物。

<前回のものと並べてみた>
20160424コットンポーチ白4

上の写真と比べると白いポーチのほうはちょっと白とびしてる感じですね。
茶のポーチとの都合上、こんな写真になってしまいました。

<編地>
20160424コットンポーチ白5

やっぱり少し見づらいです…
ぱっと見ぽこっとした編地に見えますが、実際は結構フラットです。ただし、糸次第で結構重いポーチに仕上がります。

今回も素材は全て手持ちの処分に困っている材料から。買い足しは無し。
冷蔵庫の残っている材料からなんとか作る食事メニューと同じ感覚になってきました。
残っている材料を組み合わせて何とか自分の好みの何かを作ろうとしてみております。
1玉25g位…2玉位で作れる何か…頭をひねる日々です。

茶、白共に母に見せてみました。
見せた後放置してほかの事をしていたら
「仕舞わないってことは、貰って良いって事よね!」といそいそと持って行きました…
何に使うかは私にはわかりませんが、両方母の元に行ってしまいました。

…あれー? 私が使う分はー??(困惑)

いや…まぁ、いいんですけどね…。
同居人1に両方母が貰っていった、と話したら「見せる時点で判っていた事じゃないか」と言われてしまいましたよ。
いや、だって…出来上がったら見せたいじゃないですか。

どうしても取られて困るものは駄目!と断っているので、まぁ…いいんです。うん。欲しがってもらえるって、幸せですものね。うん。


<素材>

白…コットンアメニティ Col.51? タグ消失の為やや不明3玉程度
ボタン…衣類からのリサイクルの為詳細不明

中袋
綿麻? 格子柄…20cm×32cm(タグ紛失の為詳細不明)

Pagetop

ベランダのトマト 2016 春

こんにちは、けいです。

押入れの中に保存していた箱の中からFDが見つかりました。
3.5インチのフロッピーディスクが…15枚くらい。
現在進行形で使うPCには、もちろんFDのスロットなんてありません。

お、おかしいな…PCを新しくした時に記憶媒体が現在進行形で仕えないものは全てデータ移行したつもりでいたんだけどな…!

ラベルに書いてあるのは、はるか昔にデータ化した一生懸命打ち込んだ文章とか…
Outlook Expressのメール、数日間の日記、研修打ち合わせ…
メールデータは、要は友人からの手紙を捨てるような感じになってしまうのでなんともかんとも。

現在使用できる身近なPCにFDスロットが無いなら諦めて「見なかった!」と叫んで割ってゴミにするのですが、1台だけ、母にDVD再生用に使うといい、とお下がりにしたPCがFDスロットつき。
諦めてデータの救出を少しずつ行っております。

このデータの移行…四苦八苦中です。
なにせ、現在使用しているメーラーはOutlook Expressではないですし、文章を打ち込んでいるのはワードを使っているのですが、やはり現在使用しているPCにワード…というか、オフィスが入っていない。
データを起こして、メモ帳に内容をコピーして、保存して…というメンドクサイ手作業中です。
FDなんて、保存できるデータ量は物凄く少ないのに。めんどくさ過ぎて途中で眠くなるので作業が進みません。

…引越しって…色々出てくるなぁ。
でも、こんなタイムカプセル要らない…


さて、今年もトマトを育てます!

ベランダで去年育てていたものの実割れして食べられなくなったものなどを、同居人1がせっせとプランターの中に投げ込んでおりました。
こうしておくと、土に返ったトマトの中からいくつか、無事に芽が出るという事を知った同居人1。

今年も無事に何個も芽が出ておりますよー。

<ベランダのトマトプランター>
20160421ベランダトマトプランター

枯れ木になった去年のトマトと、そのプランターに投げ入れられて皮だけになっているトマトの残骸。
その右端に芽が出ているのです。

<右端のアップ>
20160421ベランダトマトプランター2

丸で囲んであるところににょこっと出ている1センチほどの葉がトマトの芽です。

<ほかのプランターにも>
20160421ベランダトマトプランター4

2個あるうちのもう1個のプランターから出ているもの。
去年、トマトの芽があちこちから出てきて大変だった同居人1は反省して「このプランターにだけ入れるんだ!」と1個のプランターに集中して投げ入れていたはずなのですが…
結局両方のプランターから芽が出ております。

<これは…箒草かな?>
20160421ベランダトマトプランター5

丸で囲ったところにあるツクツクとした芽。結構何個も同じ物が出ております。
多分、おそらくですが、これは箒草かなぁと。
でもこれ、このサイズで見かけてもほとんど大きくならないんですよね…
大きくなる為にはなにをしたらいいのでしょうね?
放置されている箒草地帯の子たちはあんなに大きいものが生えるのに…。

<食べもしないしポプリにもしないけれど居るミントの芽>
20160421ベランダトマトプランター6

ミントはいじめないと繁殖はなはだしく大変なことになるので、たいていの場合は株がなくなったら無くなったでいいよ、位の扱いをしております。
この株も冬の間に邪魔になるので重ねた鉢の下の鉢から一生懸命伸びてきていました。
頑張っているし、妙な形に育たれても困るので上の重しになっていた鉢から開放。のびのび。

<…君は何ものだ…?>
20160421ベランダトマトプランター3

ベランダにあるプランターに合わせて3株ほど出ている芽です。
何の芽なのか、分かりません。
気配的に木になる感じ…?
植えた覚えもありません。鳥が運んできたのかな…? 雑草にも見えないので暫く様子見です。

今年もトマト苗を嫁に出す感じなのかな~。
ゴールデンウィークあたりには芽を分けて育てる株を見極めることになるでしょう。
なにせ、出ている芽がどんなトマトになるかさっぱり分かりません。
交配してるのかどうかも。去年の子なのか、孫なのかも。

美味しいトマトが育っているといいなぁ。
…食べるのは、同居人1ですけれどね。同居人1が嬉しそうなのと、食費が若干浮くのがいいところです!

Pagetop

かぎ編み 「コットンで編むポーチ」

こんにちは、けいです。

またも、大きな地震ですね。
被災地域の方々、また、関連する被害を被っていらっしゃる方々。
まだまだただひたすらに必死なところだと思います。
本当にお疲れだと思います。私にはなんと言っていいかわかりません。
「頑張れ」も「応援してる」も違う気がするのですよね…ただ普通に、心配している、気にしている…なんと表現すれば良いのか全く分かりません。


強風も凄かったですね~。
洗濯物が短時間で乾くかも?!と今から考えると馬鹿なことを考えた私はベランダに洗濯物を干しました。
一応ちょっと気を使って吹っ飛ばないようにピンチハンガーで2個ほど。
干して数分後、ベランダからガラガッシャン!という音がしました。
え、飛んだ?と行って見たらピンチハンガーに引きずられた物干し竿が…物干し竿をかけているところから落ちていました。
同居人1に「今日は屋内にしなさい」と怒られてしまいました…。
竿はまた落ちると危ないのでベランダに下ろしたままです。
早く穏やかな天気になるといいなぁ。


さて。今回はかぎ編みです。
おそらく7月あたりになる引越しの為に、色々捨てられる物は捨てろキャンペーン実施中なのですが、押入れを片付けていたらほんの1玉しかない、2玉しかないという状態の夏糸が30玉位出てきました。

各々がほぼ同じサイズの糸だったら色を組み合わせたりしながら少し大きなものも作れるのですが…ほぼ全種ちょっとずつ太さが違う…。同一シリーズで買ってあるというものがほぼ無い。

いっそガッツリ違えば2本取りと1本取りで調整してとかするのですが、ソコまでも違わないので、どうしたものか、と悩みまして。
モチーフ編んで揃えられる腕も無いですし…。
ミニモチーフとか作っても使いこなせないし…。

1,2玉で出来る何かを!と色々探してやっとなんとか1種類見つけて作ってみました!

編み図はクロバーさんがネットで無料配布していた編み図から「コットンで編むポーチ」。
クロバーさんの公式HPからはすでにリンクが切られていて編み図にたどり着けないのですが、2006年の手編みキャンペーンのページにあったものです。
私は以前公式HPにリンクがあったころにPDFをダウンロードしていたのでそれを見ながら作りました。今でも検索エンジンで該当ページにたどり着くことは可能です。

<コットン糸で編むポーチ 茶・白>
20160416 コットンポーチ茶

見本はさわやかな白とグリーンのものなのですが、今回はもちろん余り糸というか在庫の糸を何とかする為なので、とても落ち着いた色合いになってしまいました。
カフェカラーはカフェカラーで綺麗なのでそれはそれでいい感じです。

<ポーチ 外側>
20160416 コットンポーチ茶2

外は薄茶色。ボタンもリサイクル品からサイズと色合いをなんとか選んでつけました。

<ポーチ 内側>
20160416 コットンポーチ茶3

内側は濃い目の茶色。
同じシリーズの糸ではないのですが、ほぼ同じ感じの糸で2玉ずつ位あったのでそれを使用しております。

<ポーチ内側>
20160416 コットンポーチ茶4

編地が結構きっちりしているので中に入れるものがこぼれることは無いと思うのですが、引っかかることはあると思うのでちゃんと内袋をつけました。
この内袋に使っている布も、何年も前に買って使い切らぬまま放置していた布の残りです。
表裏で模様が違って可愛いのですが、可愛いがゆえに持て余していたと言うか(笑)

縁の白が効いて可愛らしいですね~。
ただ…意外と重めの出来上がりでした。ずっしり。糸がしっかり目だったので結構重い出来上がりに…。

サイズは…横が千円札くらい?通帳はちょっと難しい…
マチが無いですからねぇ。

しかし…何故、表地、裏地と編んで編み合わせないといけないのでしょうね、この編み図…。
ぐるーっと袋状に編んじゃいけないの…?
不思議です。

今回は素材は全て手持ちの処分に困っている素材たちで作りました。
新たに買い足した物は無し。
引越しまでに買い足すことなく、素材を消費する方向で手芸を続けたいと思います。…結構中途半端な布やら糸やらがたんまりあるのですよ…。おのれ、過去の自分め!(笑)


<素材>

濃茶…Ethnic Cotton Col.5 1.5玉程度
茶…TECHNO NATURAL 自然色コットン Col.4 1.5玉程度
白…余り糸詳細不明 少々
ボタン…衣類からのリサイクルの為詳細不明

中袋
綿麻リバーカットクロス水玉小…20cm×32cm

Pagetop

柿川の桜  貰った綿花

こんにちは、けいです。

4月に入り新年度ですね~。
いや、基本的に私の生活には何の関係もありませんけれどね。
お客様がマスクの方が増えたり、シーズン的なものでご贈答の方が増えるくらいです。

暖かくなり始めた頃にちょっと油断しまして、ちょっと寒いけど大丈夫だよね~とほんの少し薄着をした結果、風邪を引きました。4月6日に症状が顕著になって「鼻が痛い」と主張したらいろんな人に「花粉症きたか!」と言われました。
そんな歓迎はいりません…
同様にマスクをして接客をしていると「あなたも花粉症なのね」と言われます。「いや、私は風邪です」と返すのがなんだか切ない…
今現在もまだマスクのお世話になっております。鼻水がトマラナイヨー。


と、言うことでUPし損ねていた今年の柿川の桜。

4月3日に撮影していたものなので、まだ若干つぼみです。その後はちょっと撮影できる天気と体調が合う日が無くて撮れませんでした。

<20160403 長岡市 柿川の桜>
20160414柿川の桜

電線を移さないように綺麗に撮るのって難しいです…

20160414柿川の桜2

まだ蕾がたくさんある頃、つまり散り始めてもいないので、柿川の水面には桜の花びらはありません。

20160414柿川の桜3

奥に見えるのは歩行者しか渡れない階段つきの小さな橋。その向こうに車両用の橋があります。

同居人1と共に桜を眺めながら撮っていると、通りかかったオジサマが対岸にいたオジサマに大きな声で話しかけていました。

A「綺麗に咲いたねかて~!」
B「今日咲いたんだて~」
A「そいがーかね」
B「昨日蕾で今日咲いて、明日の雨で散るがーて!(笑)」
A&B「はははは!」

…がっつり長岡弁で書きましたが…。わかります…かね?

数日とても暖かく、一気に桜が咲きました。その後の天気が雨予報だったのです。

オジサマの「昨日は蕾 今日咲いて 明日の雨で散ってしまう」という言葉がなんとなく耳に残りました。
その時は楽しそうに話していたのでオチつけるのかよ!と思ったのですが…
何回か思い返しているうちに、年齢を重ねた方のあっさりと話される深い意味にも取れる言葉なのだなぁ、とも。

しかし、その会話が行われていた時、私と1mと離れていない場所にいたはずの同居人1は一切聞いていませんでしたよ。
…なんでやねん。

この桜は結局雨に負けることもなく綺麗に咲き、4月10日には悠久山の桜も満開になりました。
同居人1は悠久山の桜も父母と共に眺めに行っていました。(私はベッドの住人でした…)


<綿花>

年初あたりかな…
綿の花を従姉妹が母にくれました。
日々少しずつ咲いてもふもふ。
飾っておいたところ、「綿ってこういう風にできてるの?!」と驚かれるお客様も多くいらっしゃいました。
というか、くれた従姉妹までも言いました。

咲ききるまで放置してもふもふさせていたのですが…
子蜘蛛さんたちのいい隠れ家だったようで、最後あたりで毎日くもの巣アタックをくらっておりました。
除去しても除去しても…数時間できらりと光るくもの糸…。
屋外に逃がしても逃がしても…まだいるんかい!と言いたくなる位蜘蛛さんと戦いました。

これ以上もう咲かないね、というあたりで諦めて水を切り、枯れ切ったあたりで花をつみまして…

こんな感じで収穫になりましたよ。

<綿花の収穫>
20160414綿

スーパーの袋にまとめて入れてギュっと封印。暫く日当たりのいい場所で放置しておりました。
……蜘蛛さんの被害はこれで無くなった…と…思いたいです。

<綿花ガクつき>
20140414綿2

咲ききれなくて、まだ硬い綿です。
ガクから離すことは出来るのですが、離したところで綿のもふもふ感は無いです。みっしり圧縮状態という感じの手触りですね。

以前買ったNHKの「にっぽんの布を楽しむ」という本の中に確か綿花の加工の回があったはずなので、録画した動画を確認して種を取って使える綿にまでしたいと思っております。
綿になったら…綿花をくれた従姉妹に何かに加工して返そうかな~とか。

手芸物のUPにしようと思っていたのに思わぬ体調変化で日常物が優先ですね。
4月は1ヶ月の記事数が片手以上になるように、手芸も記事も頑張ります~。

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。