刺し子 サンプルサイズ「うるめじゃっこ」?

こんにちは、けいです。

大根を購入しました。
葉の部分が若干しおれかけていたので、そのまま利用するよりは、と再生してみようと試みてみました。
首ギリギリのところで切ってプラケースに水を張って、痛んだ葉先は切り落として…ケースにちゃぷーん。

ちょいちょい水も替えていたら、数日で元気な色になりました。

おお、育ってきたな~。でも1本分のしかも10cmも無いような葉部分はどうやって食べたものだろうか…。油いためか? 漬物か?? と悩んで放置していたら…

育ってきた葉っぱの中央あたりに花芽らしきものが出来ていましたトサ!

アブラナ科だから…きっと黄色の可愛い花が咲くんだろうな~。それもまた良いかもな~…。いやいや、食べるために再生したはず…。いや量が少なすぎ…。

……これは…さっさと食べるべき…? 菜の花を楽しむべき…??(困惑)

悩んでいる間に花が咲いてしまう、に1票!ですっ。(それでいいのか…?)


さてさて。
久しぶりにサンプルサイズを作ってみました。いや、コースターが欲しかったわけでもないのですが…。
ぼーっと友人Mがくれた刺し子本「嫁入り道具の花ふきん」を眺めていたところ…
そういえば、最初にこの本を見た時に、この柄可愛いなー、この本の中では比較的簡単かなぁ?と思っていたなぁ、と思い出しまして…

チャレンジしてみちゃう?? とちょっとエンジンが掛かったのでお試ししてみることにしたのです。

ただし…
刺し順が記載されていない幾何学模様を刺すのは初めての作業だったので、花ふきんサイズは無謀だろう、と思いましてサンプルサイズにしてみました。

できあがりがコチラ。
<サンプルサイズ 「うるめじゃっこ」>
20140330サンプルサイズ「うるめじゃっこ」

10cm四方位の晒なのですが…。
自分の針目が小さいこと、大きく刺すのが苦手なことは自覚があるので、一目で違和感の無い方眼を使用しよう、とおもいまして、4mm方眼。

最近手をつけたOLYMPASさんの水色刺し子糸が綺麗でさわやかよねー。うるめだし、青系よねー。とあまり深く考えずに糸を選んだ結果…。

マス目に対して糸が太すぎるという結果になりました……。きーくやしい。

もさもさ! もさもさだよ!!
1個前の桜に扇面はあわあわ。今回はもさもさ! なんだか失敗続き気分ですよ、あは!

いや、綺麗なんですけどね。両方。実物を見る分には。いや、流石にうるめじゃっこはもさ感がありますけども。

で、こちらが裏面。
<サンプルサイズ うるめじゃっこ 裏>
20140330サンプルサイズ「うるめじゃっこ」2

基本的に見えてくる模様は大差が無いのですが、裏になると、あれ?柄の途中?というラインが発生しました。
まぁ…よくよく境目を見なきゃ感じないからいいか?と思っておりますが。どっちが表でどっちが裏でもあんまり気にならないかな、というのが実感です。

で、実物をアップで掲載するとサイズ感が失われるので…小物を置いて写真を撮ってみました。

<くらげの編みぐるみとうるめじゃっこ>
20140330サンプルサイズ「うるめじゃっこ」3

5cm位のくらげの編みぐるみをのせてみました。
これはずいぶん前に作った千趣会のあみぐるみキットの編みぐるみ。ドラクエのホイミスライムみたいな仔です。本来頭の上にストラップパーツをつけてストラップにするモノなのですが…みにょーんと伸びるのもしのびないのでそのまま飾ってあります…

さて、最後に刺し方等々。

うるめじゃっこ
秋田の言葉で「うるめ」=「ちいさい」、「じゃっこ」=「雑魚」だそうです。雑魚って…。

食べ物の「ちりめんじゃこ」ってあるじゃないですか。アレのことだと思っていたんですけど、違うらしいです。

カタクチイワシとかのイワシ類をじゃこって言いますよね? (あれ? しらす??)
で、それを干したものが縮緬に見えるってことで「ちりめんじゃこ」。それを模様にするとは…!と思っていたのですが…
ウルメイワシが小さいからうるめ=ちいさい、なのか?とかも考えたのですが、ウルメイワシは成魚になると全長30cmになるそうなので、小さいではないような??
うーん、わからない。

本には清流を泳ぐメダカの群れ、と書いてありますが……。メダカだとしても雑魚って言うのは…ドウナノ。

そしてコチラが今回私が刺した刺し順です。ペイントソフトでざかざかーっと描いているので方眼サイズなどは適当です。あくまで、順番だけです。多分…合ってると思うのですが…。

<うるめじゃっこ 刺し順>
20140330「うるめじゃっこ」刺し順

<素材>

晒…出来上がり寸法で10cm×10cm程度

糸構成

水色…OLYMPAS 刺し子糸 色番8
スポンサーサイト

Pagetop

刺し子 花ふきん「桜に扇」

こんにちは、けいです。

お仕事の日は天気がよくて、お休みの日は曇天…あるあるすぎて笑っちゃいますね!洗濯物が乾かないーっ。そろそろガッツリお掃除したいですし…お日様かもーん!

さて、本日はフリー柄の花ふきん。
シーズンに間に合ってよかったー! の、「桜」モチーフです。
いや、シーズンに間に合うも何も、地元はマダマダ桜の気配さえも無いですが…なんでしょうね、3月末から4月頭位までには仕上げたいイメージです。

職場の季節モノを貼っているジェルも桜にしてきました。でもいつもそのジェルを買うお店の売り場は何故か鯉のぼりが出てました。えー…鯉のぼりって今ですかー…?(アセ

何はともあれ、毎度おなじみの下絵と下書です。

<桜と扇面 下書>
20140326花ふきん「桜に扇」下書き

桜の枝はこちらも毎度おなじみのネットのフリー素材。HP用の素材…かな?
満開からはらはらと散るさまが綺麗だな、と思って選びました。花芯の処理はちょっと刺し子だと細かすぎて辛いので省略です。
背後の扇面は刺し子を始めた当初に作った翁の背後にあった扇面を再使用。この置き方好きなんです。

勝手な自分のイメージとしては、扇面の上に季節の桜の枝を乗せて…ちょっと風雅な感じにしたかったのです。かといってA4にプリントしてあるその絵柄だけだとどうしてもふきんの四隅が浮いてくるのが予想されるので、満開なら満開らしく桜を散らしてしまおう!と桜の花をふわふわっと散らしてみました。

どうだ!というくらいに散らかる桜。
描いてから…コレを1個1個刺すのか…とちょっと後悔しましたけれど…下絵を見る限りだと悪くないな、と思って続行してみたら…まー、面倒でした。あは。自業自得っ♪

それ以外にもトラブルというか…困る事態が発生しまして…

色決めして、さくさくーっと刺してみたら…あれ? コレは…ヤバイ。駄目な感じ。でもとりあえず…刺し終わるまで刺してから結論を…

と、刺し終わってやっぱり駄目だコリャの結論が出たのがこちら。

<桜と扇面 失敗>
20140326花ふきん「桜に扇」失敗

淡いんです。
扇面も、桜も春のイメージを前面に押し出したら、ピンクと淡い水色なので、白い晒の上でコレでもかと散らした桜さえ淡いのです。
しかも、濃い枝ばかりがはっきり見える…。正直、遠目で見たら枝しか見えないという事態に…。

同居人1に、コレは駄目だと思うんだけれど、と確認してもらったのですが、やっぱり駄目だろ、これは。という結論に達したので…
ココまで桜を必死に刺したのに失敗、コレは駄目ー!なんて結論で終わるのは嫌だ!という事で応急処置を実行。

桜の枝の茶色の糸を全部抜きました。

枝の位置に、再度淡いピンクと水色に合う程度の茶系の糸を選んで刺しなおししてみました。

なんとか見れる状態になりました…!

こちらが完成品。

<花ふきん 「桜と扇面」>
20140326花ふきん「桜に扇」

ふわふわーっと本当に全体的に全部淡い花ふきんが出来上がりました。
枠は二重に刺してるのにー! それでも淡い…。

<桜枝・扇面部分>
20140326花ふきん「桜に扇」アップ

淡さを合わせたので茶色というより黄土色に近い枝になりました。

<花ふきん 「桜と扇面」裏>
20140326花ふきん「桜に扇」裏

うん。裏になると、この写真…凄くがんばって調整してみたんですけど、ほとんど見えませんね!画面黄色いわー。上手くできないわー…。曇天が続いて上手く撮れないのも一因ですけど!


大切に守られ、たくさんの人の目を楽しませてくれる桜…決して荒らしてはいけない、欲しくても手折ってはいけない。桜は切ると切り口から腐りやすくなったり病気になるといいますよね。桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿。
ましてや、酔っ払って花見で枝を折るなんてやっちゃいけない事です。

でも…お花見に行ってこんな枝が落ちていてくれるなら…拾いたくなります。もちろん、あくまで自然の風などの力で折れて、落ちているなら、です。拾って持ち帰ってしまうのもどうなのだろう、と思うので拾いませんけど!

毎年綺麗に咲いてくれる桜。盛りの頃に休みが重ならないで強風の日とかが重なるとお花見のタイミングが無くて寂しい。その桜を守ってくれている人と、がんばって毎年美しく咲いてくれる桜に、感謝です。

今年も、綺麗に咲いてくれるかな…?

楽しみです。

…あ、もちろん、屋台のジャンクフードもね!


<素材>

晒…出来上がり寸法で30cm×30cm程度

糸構成


ピンク…なんじゃ村 刺し子糸(ピンク)

扇面
水色…OLYMPAS 刺し子糸 色番8


黄土…ダイソー 刺繍糸(黄土)4本

Pagetop

フェルトのコースター

こんにちは、けいです。

ふと気がついたらカウンターが5000を超えていました!

こんな鄙の週2回更新するかしないかのブログに…。ご来訪いただきました方々、本当にありがとうございます!!
自分が自分のブログをチェックするときはカウンターが回らないように設定しているので…ほぼ実質の閲覧数だと思うと感慨深いものがあります…!

え、誰かF5連打とかしてるとか、無いですよね!?(笑)

ご来訪いただきました方々、本当にありがとうございます!!

大事なことなので2回書きました。いひ。記念に何かを作る、という事はするつもりは無いのですが…っ…イイヨネ…?


で、刺し子は間に合っていないので、今日の更新は違うモノです。

「フェルトで作ったコースター」です。

最近ちょくちょく拝見させていただいているブログさんの「STUDIO PACOT」さん。クラフト系になるのかな…?カルトナーシュとかが基本なのかな? の手作り品とか手作り用アイテムの使用感とかをUPされているブログさんなのですが、そちらで掲載されていたモノを作ってみました。
このブログさんは作りも綺麗だし、見やすいし、内容も楽しいし、興味深いので遡ってほぼ全部の記事をチェックしました。色々な事をリーズナブルだったり、お手軽に作る方法だったりして、素敵なのです♪

そちらで紹介されていたフェルトコースター。元は海外ブログさんで紹介されていた品のようです。ほぼ同様にして作るらしいランチョンマットも紹介されていました。面白そう♪

針も糸も使いません。接着剤も使いません。切って組むだけ!かんたーん!

フェルトというと、最近だと羊毛をチクチクと固めたりして作るものをイメージする事が多いですが…今回のものは布状のものを使用です。

素材はこちら!

<フェルトコースター素材>
20140322フェルトコースター1

コレだけ!
左側は発信元であるクラフトブログさんからPDF配布されている型紙。右はダイソーで購入したフェルトです。写真では1色ですが、在庫フェルトをチェックして白のフェルトを合わせて作ってみました。もちろん、単色で作っても綺麗だと思います。

まずは、型紙を1パーツ分、切り離しました。切り離さずにフェルトに型紙を固定してラインどおりに切ってしまうのもアリだと思うのですが、固定跡が残るのが嫌だったのと、そんなにコースター作らない気がする、と思ったので、1パーツ分だけ。

型紙どおりに大きいフェルトから小さく切り出し、切れ目を入れます。

<パーツ>
20140322フェルトコースター2

刃物は切れ味のよい物を推奨します…。普通に使っている文具のカッター使ったら切れない事この上なかった…。フェルトは切りたいところで切れない、なんて事を起こすとてきめんにモサモサになって断面が酷い事になります…。

上のパーツを全部で4枚作ります。
その4枚を組みます。

<組む>
20140322フェルトコースター3

こんなふうに矢印状の部分をうにゃりと曲げて穴に挿す感じです。

<うにゃりと挿す>
20140322フェルトコースター7

綺麗にフェルトが準備できていると、矢印になった三角と切れ目側の三角が綺麗に重なって四角になります。
失敗しているとゆがんで隙間が出来ます…。

<組み上げる>
20140322フェルトコースター4

ちゃんと切れていなかったらしく、歪んでおります…
そこそこ体裁を整えたら、綺麗に模様になるように一部を切り落とします。

<切り落とす場所>
20140322フェルトコースター6

元のブログで切り落とし箇所を指示されているのかもしれないのですが…英文なので判らなかったので、フィーリングです。いひ。一応すべての切り落とし部分のサイズは同じようになるように切りました。一辺の1/4くらい。

<できあがり>
20140322フェルトコースター5

ちょっぴりブルーのラインがみえるのは…切り落とす際に引いた目印です…。洗うと縮むかな??とちょっとドキドキしたので後で水滴をたらして消そう、とか企んで忘れた部分です…。

作ってみてですが、面白かったです。ランチョンマットの方がきっとめんどくさい分出来は面白いのだと思います。ただ、重ねて、切って、としているのでフラットな出来上がりではないですね!ドジっ子さんはきっと引っ掛けてベローンってやっちゃいそうな感じです(笑)段差が出ないようにペラいフェルトを使うといいのかも?だとするなら100均のフェルトは最適かもしれませんね~。

小さいお子さんの始めての手作り~とかにはお手軽だし、簡単だし、いいかも! すぐに使えるし!

小学生低学年の頃に知ってたら夏休みの自由研究とかで作りたかったな~。色んな色でたくさん作って。パっと見複雑に見えて見栄えもするし、素材も安いし、なんといっても31日に作り始めても間に合うし!(大抵の場合宿題が間に合わなかった駄目人間なんです…)



参考にさせていただいたブログについては、あえてリンクを張っておりません。ですが、検索サイトでブログ名を検索していただければ簡単にたどり着けると思います。気になる方はお手数ですがご自身でたどり着いてくださいますようお願いいたします。

Pagetop

刺し子 花ふきん「十字つなぎ」

こんにちは、けいです。

今日は3月も終わろうというのに今朝は外から冬の気配がしていました。霰のような音もしていました。流石に世界が白くなることはありませんでしたが…真冬が冬らしくなく、春分の日にまるで冬の気配がする…妙な感じです。

手元の手芸グッズも真冬のモノからは遠ざかったものばかり。

まぁ、今年はあまりまともに毛糸をいじることもありませんでしたけれど(苦笑)その分刺し子は結構やったの、か、な?という感じですね。途中、肩首、腰をやっちゃったのでガッツリ!という事はないですけれど。

編み物は基本的に技術力があるわけではないので「あみぐるみ」を少し、小物を少し、程度しか作れませんし…。あみぐるみはどうしても「目」があるものなので作ってしまうとその後の処理に困るんですよねー…解くわけにいかないし、かといって手持ちにするにはかさ張るし、埃かぶっちゃうし…。
可愛くないものは作りたくないし!(笑)リクエストも無いし!(笑)


さて、そんな中で作った今回の花ふきん。
以前サンプルサイズで作ったことのある「十字つなぎ」を刺してみました。
サンプルの時は見本を見ながら下書をして刺したので何のトラブルもありませんでしたが…今回は思いついたのが出先。手元にあるのは方眼紙と晒と糸だけ。


簡単に直線タイプの刺し子にしよう、と考え思いついたのが「十字つなぎ」。
朧に脳裏に浮かぶ模様。

たしか~…階段状に縦横…で、交わるところがあって、そこで十字の模様が見えるようになる、はず。

カリカリカリ…

方眼に書かれる縦1横1の階段。

ここに、十字にクロスして…十字模様…が……できる……わけがないやんけ!!

なにをどうやっても十字になんてなる訳が無いのです…。
A41枚分の無意味な階段…。うぐぐ…。

どうにもこうにも出先ではクロスする方法が思いつかなかったので帰宅後にちゃんと本を見ながら書きました…。
おかしいなー。出先の暇時間を使って刺し子にするはずがー…。

なんとか書きあがった下書がこちら。
<花ふきん「十字つなぎ」下書>
20140321花ふきん「十字つなぎ」下書き


縦2横1の線と縦1横2の線で、各々2の線の中央で交差させると十字つなぎになるわけですねー。そりゃそうですよねー。思い込みって怖い…。

悔しいのでちゃんと花ふきんとして仕上げてみましたよ!

<花ふきん「十字つなぎ」>
20140321花ふきん「十字つなぎ」

……見えなーい!(笑)

1色での十字つなぎはつまらないかも?と思って同系色で縦横に刺してみました。
苦手な暖色使いになりましたが、まぁ、可愛いかな?という感じですね。
縦1横2が赤、縦2横1がピンクで刺してみています。

ぼーっと刺す分には非常にやりやすい模様ですね。角が綺麗に出るように1辺が何針、と大体つかめてしまえば本当に惰性でいける感じです。

<十字つなぎ アップ>
20140321花ふきん「十字つなぎ」アップ

こんなにアップにしても見えにくい!(笑)

思ったよりも細かい下絵と細めの刺し子糸の使用、あとは私のちまちましい運針の結果ずいぶんと華奢な出来になってしまいました。
あと…やっぱりこの配色はリリカルな感じがして性に合わないです。どうも昔からピンク、フリル、レースたっぷり、とは性が合いません。むずがゆい…。

次の分は大好きな寒色系で、もう少し大きな模様にして刺してみたいと思っています。
フリーの方は「梅に鶯」をちょっぴり加工して「青い鳥にクローバー」を刺してみたいと思っています。季節を選ばない可愛いふきんになると良いな♪

…ふきんだらけになる気がする…。

Pagetop

刺し子 花ふきん 「紗綾形くずし」

こんにちは、けいです。

まだクラッチの無い車に慣れません…
マニュアル車に帰りたいーーーーー。

さて。今回も花ふきんです。
もうずいぶん前に出来上がっていたのですが、けろっと忘れていた物です。12月頃には刺し終えていたふきん…。福来雀の前に出来ていたんですから…忘れるにも程がある、というやつですね。いひ。

今回の花ふきんは伝統模様。

<花ふきん 「紗綾形くずし」>

20140312 花ふきん「紗綾形くずし」

まだちょっと新しいソフトに慣れなくて若干暗めの写真になっております。ご容赦ください。

紗綾形というと、卍を含んだ…時代劇のお白州にて、お奉行様の後ろのふすまに描かれているアレが一番イメージにある感じですが…。この紗綾形くずしはなんだかラーメン丼の縁みたい…。

どうにも直線のカクカクっとしたモノを刺したかったので、出来るだけカクカクと、尚且つ糸を渡すのが面倒じゃないもの(要は糸処理が楽なもの)を手持ちの本から選んだ結果この模様にしました。

カクカクしたものを刺したいというのは、フリーの模様で曲線が多かったり、糸処理が多かったりすると発作的に起こる欲求で、結構ちょくちょく襲われる欲求です。そういう時は紗綾形が一番好ましい気分になります。でもそればっかり刺すのもツマラナイですから、ちょっと変化球で。

<紗綾形くずし 刺し方>
20140312 花ふきん「紗綾形くずし」刺し方

横線と凸凹模様になる部分は糸を渡す事がありません。そちらを先に刺してから、時々糸を渡さざるを得ない縦線を刺します。裏で糸を渡すとふきんの裏で糸がふわふわする状態になってしまうので、表裏のさらしの間で糸を渡します。糸を渡した部分でほんのり糸の色が透けて見えますが、それもまたよし、でしょうか?

白い晒に細い刺し子糸でしかも黄色で刺しているのでなんだか華奢な感じです。こんなにみっしり刺してるのに…。
針目・糸の太さは出来上がりのイメージにものすごく影響力が高いですね~。

もっと1針が長かったらもっと力強い模様になるとおもうのですが…あいにくと、針目が大きく出来ない性質で…。ちまちまちまちま、刺しております。もう少し、力強い出来にしたかったです。多分そっちのほうが似合う模様だと思います。

…刺していた時の事をあまり覚えておりません(苦笑)12月繁忙のなかの現実逃避だったのでしょう(笑)なんのエピソードも小話も無い!あは!


<素材>

晒…出来上がり寸法で30cm×30cm程度

糸構成

黄…なんじゃ村 刺し子糸(黄)

Pagetop

刺し子 花ふきん「梅と鶯」

こんにちは、けいです。

何故か、ほぼ毎年恒例となりつつあるのですが…同居人1の代わりにホワイトデーのお返しを買いに行かされます…。実家の父がお返しに渡す分もちょいちょい混じります。

本日はアントステラでお買い物。
1500円から2000円前後のものを、今年は全部で6個…。
1万近くの立替金はお財布キッツイです。私の口にチョコレートは入ってきてないのにー!


さて、またも伝統模様ではない花ふきんです。
伝統模様も刺しているのですが、なんというか…タイミングがあるよね、季節の模様って。という感じです。

<花ふきん 「梅と鶯」>
20140309花ふきん「梅と鶯」

ほわほわ…とした梅と鶯…多分、鶯。小鳥なのかな?と思わなくもないのですが、鶯だと言い張ってみたい(笑)

<下絵と下書き>
20140309花ふきん「梅と鶯」下絵と下書き

今回もネットで拾った可愛いイラストが素材になっております。
下書きをしてから刺し終わるまでどうしてもタイムラグがかなり出る場合が多いので、2ヶ月程度先のものをターゲットにして探してみました。つまり…まあ、1月位の時に探していた画像です。

スペース的にちょっと落ち着かなくなったので、梅を1輪足しております。

イラストのほうはベタ塗りになっている所がまた可愛かったりするのですが…どうしても刺し子で埋めると可愛さが違うんじゃないかな、と感じたのでまたもアウトラインのみの刺し子にしてみました。

<花ふきん 梅>
20140309花ふきん「梅と鶯」梅

下部のじく?花芯?にあたる所ですかね?そこは糸は途中を花ふきんの間に通して続けて刺しています。1本づつで糸を切ると糸処理が非常に面倒なので、渡しちゃえ!と思ってやったのですが…出来上がりを見てみるとうっすら見えている糸がなにやらいい感じな気がするのですが、いかがでしょうか。

<花ふきん 鶯>
20140309花ふきん「梅と鶯」鶯

ぷっくら、ふこっと。あぁ、可愛い…。
意外と可愛らしく刺せたなぁ、とちょっと嬉しい仕上がりです。
母にはなんか寂しい! 尾の中とかにラインが入るとか!とか言われましたけど…。

刺している量が非常に少ないので、取り掛かってしまえばサクサクと進んだ花ふきんでした。

色違いを試してもいいかも?
鶯、と思って刺しているので小鳥は黄緑色の糸なのですが…
青で刺して「青い鳥」とかの解釈もありかな? その場合は後ろの花もちょっと変えないとかな…?


母が、周囲の方にお赤飯などをおすそ分けするのに、何枚か渡してある花ふきんを利用しているようです。お貸しした食器とともにちゃんと手元に戻ってくるらしいです。「私と違って、貰っちゃおうかしら?!と思う人はいないみたいね」と言っていました。

…貰っちゃいたいな!と思ってもらえる花ふきんが作れるように精進努力したいと思いますっ。


<素材>

晒…出来上がり寸法で30cm×30cm程度

糸構成


橙(花・花芯)…OLYMPAS 刺し子糸 色番22
黄(花・花芯)…OLYMPAS 刺し子糸 色番16


黄緑(本体)…OLYMPAS 刺し子糸 色番6
黄(嘴・脚)…OLYMPAS 刺し子糸 色番16
こげ茶(目)…藤久(株) 刺し子糸 細 (こげ茶)


茶(枝)…ダイソー 刺繍糸色番なし(茶)

Pagetop

愛車 マーチ。

こんにちは、けいです。

お散歩は、そこそこ続いている…つもり、です。お仕事が休みの平日はちゃんとお散歩に出てますから♪
ただ…ふらふらりと歩いているのですが、先日友人Mとお茶をした時に普段使わない筋肉を使う気でサカサカと!という話もあったので…近くのスーパーからの帰り道にサカサカと!と心で唱えながら歩いてみました。

…筋肉の前に、呼吸がイカれそうになりました…。
ぜはぜはふひー…。

うん。お散歩も大事だけど。筋力と体力も大事だけど。心肺機能も上げないと駄目!ですね。いひ…。


さて。
今日も手芸事ではなく、日常から。(最近多いな…)

長年自分用の足としてきた愛車、日産マーチが、先日車検が切れ、廃車手続きに入っております。
本当に長い間がんばってくれたいい車です。トラブルも多くなかったし。

これは、数年前、実家の近くに停めていた時の写真。

<愛車 まーち>
数年前のまーち

購入した頃に好きだった北欧神話から名前をつけました。

「ロキ」

破壊神ですが…北欧神話のこのロキはどこか憎めないお馬鹿さん、いたずらっ子の気配のする神様(私の主観ですが…)
雪の多い地区への通勤もこの愛車が足でした。購入当時から、絶対廃車にするまで乗る、と決めていた車。
もう何年も前から父から買い換えろ、と言われ続けてきた車。
オートマにしろ、と言われながら、絶対マニュアルじゃなきゃ嫌、と言い張って買った車。

近年錆が見えるようになってきて、具合が良くないなーと実感できるくらいには色々不調が出てきて…。
走行距離も走行距離だし、直して乗るか、廃車にするかギリギリ悩ましい線だったのですが、それを決める頃にバタバタっと不調が立て続けに出たので、諦めて廃車にすることにしたのです。

この車でよく送迎されていた母と友人Mは思うところがあったようで、「廃車かー」と寂しそうでした。
私だって寂しい。でも、老体にムチ打って無茶をさせるのも限界がある。
総走行距離は、大体16万キロくらい。

本当に、よく頑張ってくれました。ありがと、ロキ。

あんまり考えると泣いてしまいそうなので、心からお疲れ様、と一言。そしてハンドルと車体をポンポンと叩いて、さよならしました。
あとの処理は同居人1が請け負ってくれています。


さて、代わりの私の足になってくれる車は…
同居人1が通勤用に使っていたダイハツ ムーブ。しかもオートマ…。
こちらもソコソコの走行距離になっているのですが、欲しい車がないので…

普通乗用車から軽自動車になったわけで…
ものすごい加速力の無さに不満(笑)仕方ないことなんですけどね!
レスポンスが悪すぎる…!と日々嘆いております。
ギアの感覚が抜けなくて…
なんでバックするのにギアを前に入れるの…! 違和感がー!とか。

あと、ムーブに乗るようになって1週間ほどたつのですが…まだ左足がワキワキします(笑)
左足暇!! 渋滞とかによく巻き込まれるなら、コレが楽なんでしょうけどねー…

マニュアル車、本当に今少なくて…。
社用車とかの本当に何もついてこないようなヤツとか、スポーツタイプでバリバリ走るようなヤツじゃないと無いらしいですね。好きなんだけどな、マニュアル。操ってる!という感覚というか…思うように加速してくれる感じとか。

オートマは怖いです。
勝手に進みますからね! ほとんどオートマに乗ってこなかったので、運転するのに四苦八苦しますしね…
でも、慣れないと!

これからしばらくは、ムーブを愛車として頑張らないと!
ベンチシートで乗り降りが楽だし、マーチより荷物が積みやすいし、悪くない子のはず! よろしくね、ムーブ!


ついでに。

先日のお散歩で購入してきました。
最近発売になったのかな? オリムパスさんの一目刺しの花ふきんキット。
20140305オリムパス一目刺しキット

柿の花は違うバージョンで、十字花刺し何作か刺したことがあります。いいですよねー!どちらの模様も大好きです!

さらしに方眼を書いて図案を写すのが辛かった…。下絵描くのも一苦労だった…。
ので。下絵扱いで使っても良いし、気が向いたらこのままちゃんとキットを使うのもアリかな、と思っています。
楽しみ!うきうき♪

Pagetop

かぎ編み ひざ掛け的なナニカ

こんにちは、けいです。

3月ですねー。
大雪で被害にあわれた方には申し訳ないのですが、私の住む新潟県では今年は本当に雪が少なくて…マジでこのまま冬終わるの? 春が来るの?? ねぇ、雪は?!という感じです。
冬が過ぎていく感覚がものすごく薄い…生活するには楽でしたが、違和感が半端無いです。
今年のお米はおいしくなくなったりするのかなー…寂しいなぁ。


我が家は床で過ごす生活スタイルが基本です。
ダイニングテーブルは無くて、ちゃぶ台的高さのテーブル。
PCデスクはシェルフを組み立てており、以前はデスクチェアを使って学習デスク的な高さでしたが、デスクチェアの上で正座するクセがついてしまい、んじゃあ低くていいんじゃないか。と今は正座してちょうどいいサイズに組み立てなおして畳に正座して使っています。

ただ、長時間の正座は膝が痛くなってくるのと痺れがきれるので正座イス(お尻の下に置く小さな硬いイス)を使用しています。
コレが…長年使ってきたせいでもうボロボロで…。
フクロウのモチーフなのですが、つぶれてしまって丸くも無く、顔の刺繍もボロボロ。黒目が白目状態…。
新しい良い正座イスを探しているのですが、気に入るものが見つからず…

いっそ作ればいいんでしょぉ!?と、正方形に固めの素材を中に入れてクッション的なナニカを作ろうと思ったのです。が…問題は中身です。
綿じゃすぐにヘタっちゃう。紙にしたら重い。枕な素材を思い浮かべるも…低反発クッションは高いうえに結局沈む。いっそペレット?と思いましたがやっぱり重い上に高い。
ソコデ。
そば殻!?と思いつき、ウキウキと散歩がてらいつもの手芸品も取り扱うお店に行ってみたのですが…そば殻枕はあるもののそば殻が売ってない…。以前売っていたのに…!

安いそば殻枕はあったので、コレを買って分解してやろうかな、と眺めてみると…
週に2回程度は日光に干してください。天然素材です、湿気に弱いです、虫がわく可能性がうんぬん…。

えー。

雪国に冬にも日干ししろっていうのは酷じゃないー?(泣)

帰宅後にネットでちょっと検索してみると、それほど神経質になる必要はなさそうなのですが、使用によりそば殻が砕けることもあります、とあり…。え。私の体重が乗るのよ。頭じゃなくて体だよ。絶対砕けるんじゃないの…?
………気長に市販品を探すほうが良さそうな感じです。とほほ。


さてっ! タイトルのひざ掛け的なナニカ、です。

以前にUPしたモヘアのストールと同じモヘア毛糸の消費で作り始めた物です。
とはいえ、作り始めたのは数年前。構想したモノがブランケットだったので、サイズが大きくて途中で飽きてきて放置していた品です。
しかもネット編みにしたら伸び縮みして便利だろうし、編むのも簡単~♪なんぞと考えたらしい以前の私…。
単調すぎて飽きることこの上なかったわけで。長さにして1mちょっと位で放り投げてあったのです。

いい加減どうにかしたらいい、と自分で自分に言い聞かせ、編み途中の一緒にしてあった毛糸玉分だけ編んで糸処理。
ブランケットには小さいけれど、ストールというには微妙なサイズだけれど、お昼寝用に使うには少し畳めばおなか周り位は守れるかな、位のひざ掛け的なナニカが出来上がりました。

こちらです。

<モヘアのひざ掛け的なナニカ>
20140219ネット編みブランケットもどき

幅が1m無い位。長さが1、3m位?
ネット編みなのではっきり分かりません(笑)
横になった上に掛けたら足から胸元あたりまでは来るという感じ。

<折りたたんでストール的に?>
20140219ネット編みブランケットもどき2

何せ細いモヘア糸なので、1枚使いだとふわふわ薄手の1枚。畳めば毛糸の威力発揮のふわもこ。という感じの品になりました。

以前同じ糸で作ったストールを譲った友人Mからは、薄いのに、思いのほか暖かさが、と気に入ってもらえたようでした。ストールを譲る理由でもあった「暖色使いは苦手」はいまだ変わらないので…ふわふわまとってみれば良いよ!日ごろのお礼もかねて押し付けるよ!という事で、今日友人Mに押し付けてみようと思います。
使ってくれるかな~?
外出時に使うにはちと様がよろしくないのですが、家使いには十分だと思うので、PC使用時にでもひざ掛けにしてもらえるといいなぁ、と思っております。いひ。

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR