スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

今日の気になった言葉

こんにちは、けいです。

初めて1シーズンに2回目の肩首ゴリゴリ発症中です…。
手芸をやろうとすると怒られます。
従姉妹にあげる干支あみぐるみも出来上がっていないのに…。もう1枚もはや今更感さえも無い干支花ふきんも下書きしたまま放置…。

コンビニへお使いを頼まれて行った時に「Tarzan」という雑誌を見かけました。
大抵の場合筋肉の肉々しい(日本語の表現として正しいかどうかはわかりません)方が表紙になっているあの雑誌です。

今回のテーマは「こり・痛み・しびれに効く!肩こり&腰痛虎の巻」

…悩んだ挙句にお使い中なのだから、と買わずに戻りました。

後日、同居人1にその本が気になったのだ、と話をしたら「シップ代が1000円とか掛かってるんだよ?500円程の雑誌を買って改善されて頻度が落ちるなら安いもの」と言われました。
お出かけついでにTUTAYAさんに寄って、同居人1が中身チェックの後、買うことが決定。久しぶりにすてきにハンドメイド以外の雑誌を買いました。(雑誌はキリがないので買わないようにしているのです)

買ったけれどまだ熟読できていません(苦笑)

とりあえずNHKさんのラジオ体操をやってみたり、首と肩を伸ばして8割復帰!キーボードだって叩けるし、マウスだってちゃんと右手で使えるようになったのです!
…右肩に症状が集中したため、左手でマウスをいじっていたのですよ…1週間ほど…。

ラジオ体操…夏休みの定番。冬にやってるけど。いや、夏だけのものじゃないのは判っているけれど。アパートでやるの、つらいなー!というのが正直な所です。
うち、荷物たくさんあるから腕回したらぶつかっちゃうし…2階だからジャンプできないし…。

日々ちゃんとソコソコ体は動かさないとイカン、という話ですね~。まぁ、喉もと過ぎたらまた忘れるんですけどね。運動嫌いはコレだからいかんですね(笑)


ああ、前置きの方が長い…。

今日のネタ。「気になった言葉」。

手芸も出来ないし、頭の重さに首と肩が負けて痛みがでるので紙面を読むのが苦しいし、でPC画面を見ていることが多いです。まぁ、痛みが無くても多いんですけれど。
ネトゲしてた頃は家に居る時間はほぼ9割PCが起動してましたし(笑)

そんなネットで見ていた物語やらブログやらの言葉の中に時々キラキラと何だかインパクトを持って目に入るフレーズがあったりします。

今日の気になったフレーズはこちら。

「肉食系草食男子」

もはや雑食…? だけれど、ソレをストレートに言わないあたりがツボ。


ちなみに12月に気になったフレーズはこちら。

「空気を読みたまえ!」
「売っている書店を紹介してくれ」


今まで見てきた「空気読め!」に対する回答としては切り口が全く違っていて目からウロコに近いくらい衝撃。ああ、相手を煙に巻く人というのは考え方から違うのだな、と思うことしばし。

その言葉を目にした時の口角の上がる感じがなんともいえない。
けれどそういった類の言葉は前後があってこそ生きる部分も多いので誰かに共感してもらうことが難しいです。
けれど、日記を書いているわけでもないので、日々の流れの中に忘れていってしまいがち。
なんだか勿体無い気分になるので、ブログ記事にしてみました。手芸事が出来ないので完成品もUPできない事ですしね!(笑)

映像を見る、音で聞く、どちらも判りやすいですし、心地いいです。
でも、文字を見る、読む、というのもまたいいものですよね。ソコから感じるモノも大事にしたいものです。
スポンサーサイト

Pagetop

同居人1の発言より「つんつるてん」

こんにちは、けいです。

先日、お店に飾られていた巳くんがお嫁に行ったそうです。
残念ながら引き取り時には私は店に居なかったのでご挨拶はできませんでしたが、セットにしていた梅とくくりつけている竹と一緒にお渡ししたそうです。

替わりに我が家に置いてある巳を連れて行こうと思っていたのですが、すでにお家に居た子連れてきた!と替わりの仔が居たので我が家の巳は玄関に飾られたままです。(歴代干支あみぐるみが一緒に並んでいるので…)

引き取り先の方が気を使ってくださって、お礼に、とジャムを置いて行かれたそうで、今日そのジャムを受け取ってきました。
うーん。どんどん増え続けても困る物なので、そんなにお気使いいただかなくて良かったのですが…(困惑)
可愛がっていただける方のお手元に行くのは幸せな事だと思います! 嬉しそうな様子を見ることが出来れば、作った私も幸せです。
小さな幸せの輪がどんどん増えるといいな、と思いますっ。

さて、本日の記事は手芸事を離れるので続きより、に格納いたします。

興味をもたれた方はお進み下さい。
続きますか?

[同居人1の発言より「つんつるてん」]の続きを読む

Pagetop

刺し子 花ふきん「午」

こんにちは、けいです。

寒いですね!
暑いより全然嬉しいですけど!

友人Mが横25cm位の屏風をくれました! 書用なのかなぜか開きが綺麗な紙のほうが背になるんですけど!(笑)
多分、白い方に書をして飾る為のモノなのだろうなぁ、と考えております。
でも可愛くて綺麗なグリーン系で小花の模様なのでウキウキです。

ネットで検索したら段ボールで作ってる方とかいらっしゃって…千代紙とか、段ボールとかで思うサイズで作ってみるのも楽しそうだなーとか考えてます。構造としては友人Mがくれたものを見ながらなんとかなるか?とも思うのです。
「いいなぁ」と思って素材を集めても作っていないアイテム(DOLの花のヘッドドレスとか)いっぱいあるので、作るかどうかは謎ですが。


さて、本日は小正月にも間に合わなかったお正月用?花ふきん「午」です。

い、いいんだもん。可愛いから問題ないんだもんっ。とか思ってます…。


今回も埴輪午同様ネット検索時に見つけた可愛らしいお馬さんです。

<下準備>
20140115花ふきん「午」元絵と下書き

「和風ナプキン」という商品の絵なのですが…ほっこり具合がお気に入り。可愛いなぁ。

可愛いのですが、小さな模様が多いので糸処理が多くてちょっと辛かったです。
玉止めしていいように1枚で刺してから布巾に仕立てたら楽なんですけどね。ぷかぷかさせたく無かったので頑張りました!…というか、あんなに面倒になると思わなかったから背の布模様以外は大丈夫だろ、と高をくくったせい…。

できあがりがコチラ!
<花ふきん 午>
20140115花ふきん「午」

うーーん。カラーリングが可愛いです…!
新春を寿ぎ…というイメージが凄く合うのに…なんで間に合わないかなぁ、自分…。

では、各部分をアップで。
<午>
20140115花ふきん「午」午

つぶらな瞳。
なぜか毛や蹄が紫なんですけど…可愛いし綺麗なんですよね~。
ちょっと瀬戸物のお飾りみたいなイラストですよね。ああ可愛い。

<小物>
20140115花ふきん「午」独楽と羽根

独楽と羽根。
独楽は縁起物でもあるし、いいなぁ、と思うのですが、コヤツの糸処理が一番面倒だった…。
羽根は…羽子板の羽根なのだと思うのですが。
羽子板…やった事無いです。幼い頃のこの地は正月に路面が見えるような地域じゃなかったので…。今は見える事も多いのですが、流石に…ね…。

自分で絵を描くようなセンスはないので、ネットでちょろちょろと気に入るイラストを探してみたりして刺しております。描ける人が羨ましいです。
刺し子できそうな不死鳥のイラストとか、バハムートのイラストとか、見つからないんですよね~…。
刺繍ならいけるんでしょうけれど…。刺繍できないですし…。

コレなら!と思える絵が見つかるまで、こんな感じのポップなイラストとか、キャラ物とかになると思います。刺し子本を何冊か借り続けているので、そっちの物もいいかもしれません。いや、冬のうちに毛糸モノかな…?
野望と妄想は大きいのですが、実行が伴いません…。他の誘惑に負けたり、ネットを泳ぐ方に夢中になっちゃったりするので…。
次は何を作ろうかな??


<素材>

晒…出来上がり寸法で30cm×30cm程度

糸構成


こげ茶(午)…藤久(株) 刺し子糸 細 (こげ茶)
紫(たてがみ・尾・蹄・手綱)…OLYMPAS 刺し子糸 色番19
黄緑(背布)…OLYMPAS 刺し子糸 色番6
赤(花・お飾り・口)…なんじゃ村 刺し子糸(赤)
黒(目)…ダイソー 刺繍糸色番なし(黒)

独楽・羽根
黄緑(羽根・独楽)…OLYMPAS 刺し子糸 色番6
赤(羽根・独楽)…なんじゃ村 刺し子糸(赤)
こげ茶(独楽軸・羽根の球)…藤久(株) 刺し子糸 細 (こげ茶)

Pagetop

刺し子 花ふきん「埴輪午」

こんにちは、けいです。

寒波ですねー!
つい先日まで「1月なのに雪がないなぁ。病んでるなぁ、地球…」とか思っていたのですが、一晩明けたらもっさもさ!
ふわりふわりと雪が舞っております。
お陰で寒いわ、晴れるとまぶしいわ…。

愛車が雪の帽子を被っていました。もっさり。
20140111寒波でもっさり

一晩でコレをやられると…通勤がきつくて嫌なんですよねぇ…
愛車は鍵穴が凍るので、時間が無いのにドアが開かないーーー!!とか酷い目に…。
急ぐわけに行かない雪道を行くのです。時間は余裕を持って動かなくてはいけません…。ただでさえタイヤがヤバめで雪道をかんでくれないのですから…。
リアが滑るー、ケツが踊るー、とか言いながら通勤です。我ながら危ない(笑)


さて、ギリギリ小正月に間に合った一応お正月モードの花ふきん「埴輪午」が完成です。

あみぐるみ午埴輪バージョンを作る時に見かけたなんともトボケた顔の埴輪を刺し子にしてみました。

<花ふきん 「埴輪午」>
20140111花ふきん「埴輪午」

…絵柄を考えてちょっと角度を考えて撮れば良かったですね…。

<下準備>
20140111花ふきん「埴輪午」元絵と下書き

左がプリントアウトした埴輪午のイラスト。
右が花ふきんの下書きです。
出先で撮影しているので下に敷いているのはひざ掛けです(笑)

午のイラストは眺めていたら真っ直ぐで配置してもつまらなかったので角度をつけてみました。
そうすると四隅が寂しいので、菊刺しを配置。
菊刺しは前に1回刺した時と同様に、またもや出先の為メモ紙を放射状に折り、フリーハンドで曲線を描いたものです…。この模様は風呂敷などの定番のようですが、なんだかおめでたい感じにしたい時に使いたくなるのです。ナンデか自分でもわからないのですけれど!

<菊刺し部分>
20140111花ふきん「埴輪午」菊刺し

使用している刺し子糸が細めのものなので、ぽってりとした可愛さは無いのですが、三つ編みにして紐をまとめておくのはなんだか可愛くてイイです。
あと覆いとして使う時には四隅がちゃんと重さで下がってくれるのでイイです。

<午部分>
20140111花ふきん「埴輪午」午

刺してみたら、本体の黄色の刺し子糸が目立たなすぎて、貧相というか…駄目だろうコレという状態になってしまいました。刺しなおすか、二重刺しにするか迷ったので、友人Mにも相談して初めての二重刺しにしてみました。
なんとかバランスが取れた…かな?

初めての二重刺し…気を使いますね、これ…。
横に並ぶ糸とのバランスと角での糸の長短のバランスを考えながら刺さないといけないですし、私はただでさえ針目が細か目にしか刺せないので中々四苦八苦しました。

後、刺し終わって、アイロンをかけてから気がつきましたが…
目と鼻の大きさがほぼ一緒…。
午なのにブタっ鼻なのか…。
糸処理の都合上見た目鼻の方がしっかり太い糸に見えかねない…ひぃ。

なにはともあれ、無事なんとかめでたい布巾の似合う時期に完成して良かったです。
もう1枚も頑張ろう♪

<素材>

晒…出来上がり寸法で30cm×30cm程度

糸構成


黄(本体)…なんじゃ村 刺し子糸(黄)
黄土(体・右足2本)…OLYMPAS 刺し子糸 色番4
こげ茶(馬具)…藤久(株) 刺し子糸 細 (こげ茶)
黒(目・鼻)…ダイソー 刺繍糸色番なし(黒)

菊刺し
赤(花)…なんじゃ村 刺し子糸(赤)

Pagetop

刺し子糸

こんにちは、けいです。

まったりしすぎてあんまり手芸が進みません…いひ!
そのわりに図書館に行って刺し子関連の本とか調べてみちゃったり。
同一県内の「佐渡」に「佐渡刺し子」と呼ばれるものがある事を初めて知りました。そのわりに全然資料が見当たらないんですけど…。
図書館のPCで所蔵書籍の検索を「刺し子」でしてみたところ、結構な数が出てきたのですが…どうも手芸のコーナーを目を皿にして見てみてもない。
おっかしいなぁ??と再度検索するとそこにあったのは「一般」ではなく「参考」の文字。
長岡中央図書館は「一般書籍」と「参考・美術・郷土」は別なのです。
本が混ざらないようになのかゲートが設けられている程度には別なのです。

無いわけだよ!!

参考側の書棚に並んでいましたよ…。
せめてコードが違ったらもっと早く気がついたのになぁ…。
同じコードなんだもの…。まぁ、分類法なんてそんなものか…。

日本刺繍の図案とかと一緒に並んでました!
この図案もちょっと眺めてみたりしました。素敵でした…!
なんでですかねぇ…フランス刺繍とかクロスステッチとか結構趣味になさる人多いと思うのですが…日本人だけど日本刺繍じゃない…お洋服は作るけどお着物は作らないという流れと一緒??
とか考えちゃいます。
まぁ、自分だってやらないんですけどね。不器用だし。素材が身近にないし。高価だし…。

なにはともあれ、刺し子本を2冊ほど借りてきました。

一般にあった「和布で楽しむ 花さしこ」 小野崎秀子さん と
参考にあった「刺し子の技法」 銀座 亜紀枝さん。

この「刺し子の技法」…めちゃめちゃ楽しいです!!
図案集171種!!
見たことの無い図案がいっぱいありましたー!
前半に載っている写真は「昭和4,50年代か…?」と言いそうになる作品写真なのですが…(苦笑)
本当に、図案が…可愛いこれ!!と叫びそうになる感じのものもあって。
「星と亀甲と鱗霰」「笹雀の菱散らし」「鱗鶴」「雪月花」「雁青海波」…かわいい…。

か、買っちゃおうかな…本…とか悩んでいたりします。
3000円位……。悩ましい…。


そんな今日のお話はー

「刺し子糸」ってどうやって準備しておく? または、保存してる? という話です。

本によって色々なオススメがされているわけですが…
私は2種類の方法をとっています。

1つ目。
単色の糸の場合

刺繍糸の保存方法と同じような感じです。
刺していて糸が絡まらない、糸のボサつきが出てこない程度の一定の長さで切りそろえておきます。

1.刺し子糸準備の道具
20140106刺し子糸準備1

左から 15cm位の不要の糸(または毛糸)6本位、刺し子糸、鋏(糸用でも布用でも)

2.刺し子糸を袋から出して輪の状態にする
20140106刺し子糸準備2

この刺し子糸の場合この輪の状態で入っていて、その長さでちょうどいいのでそのままですが、上手くこの状態にできない糸だったり、輪が大きすぎる場合は輪を作り直します。
1本の糸の長さが「自分の指先から肘より10cm程度長い位×2」位にしています。

絡まりにくい、ある程度の長さも大丈夫、この程度なら糸がボサつかない、のがその理由。

3.糸がバラけないように一定距離で縛ります
20140106刺し子糸準備3

左から約5cm&約10cmの所に目安の糸を置きます。
15cmあたり、20cmあたりの場所で上下別々に糸をまとめ、用意した不要糸でくくります。計4箇所、きつめに縛ります。
輪状の糸を切ってしまってからやるより、この段階でやったほうが遥かに楽です。縛りやすいです。

4.輪の右側で糸を切ります
20140106刺し子糸準備4

5.左から5cm、10cm程度の場所の糸をくくります
20140106刺し子糸準備5

この時、一番左(左から5cm)の場所は束の1本をまとめてくくります。その次の場所をくくるまえに、片方の束に糸の情報が書かれた紙(糸をまとめていた紙とでもいうのでしょうか?)をさします。
それを先ほどくくった左から5cmの場所と10cmの場所の間に来るようにしてから、10cmの場所をくくります。

こうしておけば、その糸がドコで買ったどんな糸なのか判らなくなる事がありません。
一時期一番左の輪状の場所にこの紙を入れるようにしていたのですが、そうしたら糸を引き抜くたびにその紙が切れていって…最終的に使い切る前にハラリと落ちてしまいました…。

4箇所の上下別束でくくったのは、糸のバラつき、バサつき防止です。刺繍糸だとゆるく三つ編みにしちゃいましょう、と書いてある場合があるのですが、やってみたら非常に使いづらかったので、こうしてあります。三つ編みにすると糸がするりと出てきてくれなかったのです…。

使う時には左の輪の所から必要な本数を引き抜きます。
複数本必要な場合も大体同じ長さの糸になっているので手間が省けていいです。
使わない、締まっておく時は小さなチャックつき収納パック(袋状のジップロック的なやつ)に1種類ずつ入れてしまってあります。


2つ目。
段染めの場合。

1本の糸に何色かの色が混在するこのタイプの糸の場合、1の方法をとると非常に不便になります。
ココまではこの色で刺したけれど、糸がなくなる。糸を継がないといけない、けど…その色が糸端になる糸はこの束の…ドレ…?という引き抜くたびに賭けみたいな事になるので、使いづらいです。
篭目のキャンディカラーの花ふきんでそれで痛い目にあいました。

なので、使い終わった手縫い用糸の巻かれていた厚紙とか、それの代用に出来そうなプラ板、厚紙に巻き取ってしまいます。
手縫い糸と同じ状態にしてしまうわけです。
カード型と言われる状態…ですかね?

この状態にするのに一人でやると手足全部使って糸が絡まらないように必死ですが…(笑)

何種類もの糸をこの状態にするようなら、100均等で買える引き出し仕切りのプラ板が使いやすいようですね~。
必要な幅でポキっと切り落とし、切り落とした場所に残るバミはちゃんとヤスリで落としてから使用するのですが、統一感も出て、見た目も悪くないし、探しやすくなるし。管理しやすいですよね。


色々な物を刺そうと思うとどうしても糸の在庫は増えるものですよね。
出来るだけ便利なように、かつ、糸の状態を悪くしないように用意しておきたいものです。


もし、上記2つ以外でコレオススメですよ!と言う方法をご存知の方は是非教えてください!嬉々として試す自信があります!(笑)

Pagetop

あみぐるみ 午 ミニバージョン作成

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

20140103新年あいさつ


やっと1年頑張ってくださったお札(御神札)をお返しして新しいお札を手に入れることが出来ました。つまりはやっと初詣に行けました。
元日は睡眠不足がたたって寝倒し、2日は同居人1がどうしても!というので新潟市までちょっとお出かけに行ってきました。本当は新潟白山神社に行く予定だったのですが…渋滞に負けて諦めました。えへ!
今日、長岡の平潟神社で初詣!

御神札を1枚、売り子さんにお願いしたら「1体」と数えられました。
御神札は○体と数えるのが正しいそうです…うぅ…。

神様を数える場合は○柱と数えるのは知っていたのですが…
さっき調べたら
お守・お札は「1体、2体、3体」、御祭神は「1柱、2柱、3柱」、お神輿は「1基、2基、3基」と数えるのだそうです。
うーん。お札って神様だと思っていましたが…神様を拝むための「みしるし」なのだそうです。

ついでに初穂料の意味とか調べたり…。
滅多に行かない神社。なんでそう言うのか判らないというモノも多いです。面白い!

新年早々ちょっぴりお勉強になった気分です。イヒ。


さて、ミニ午の作成です!

まずはパーツを作っていきます。
5種類・9パーツ。
どのパーツも基本的に他のパーツとの取り付けを行う為、糸を長めに残しておきます。
とくにたてがみは出来上がりパーツの周囲1周半くらいは出来るように残しておくと安心です。

<胴>
20130103ミニ午パーツ胴

鎖7目開始
両端で増し目
4段目まで両端で増し目
5~10段 増し目なし
6段から8段目 両端で減らし目
綿をつめてとじる

<頭>
20130103ミニ午パーツ頭

わで編み始め細編み8目
2段目 8目(増減なし)
3段目 12目(+4)
4段目 12目(増減なし)
5段目 16目(+4目)
6段目 16目(増減なし)
7段目 20目(+4目)
8・9段目 20目(増減なし)
10段目 16目(-4目)
11段目 12目(-4目)
12段目 8目(-4目)
とじる

<脚>×4
20130103ミニ午パーツ脚

わで編み始め細編み6目
2,3段目 6目(増減なし)

<たてがみ>
20130103ミニ午パーツたてがみ

鎖12目
2~4段目 細編み12目
埴輪の時同様に残した糸端を利用してチューブ状に成形。

<耳>×2
20130103ミニ午パーツ耳

わで編み始め細編み5目
わを引き絞り、リング状にせず、鎖1目で立ち上がり
裏返して細編み5目

全てのパーツが揃ったら組み上げです。
可愛くなるか、ブサイクになるか、ココが勝負です。

<胴+頭>
20130103ミニ組立胴+頭

ミニ午は脚が非常に短いので…バランスを見やすいように頭から組み上げています。

<+耳>
20130103ミニ組立胴+耳

真ん中のラインを見失わないように。

<+たてがみ>
20130103ミニ組立胴+たてがみ

最初に作ったパーツだと鎖15目で作ってしまって長すぎて作り直しております…
この位が可愛い気がします。
20130103ミニ組立胴+たてがみ2

<+脚>
20130103ミニ組立胴+脚

ちまちまっと♪

後は背布、手綱、胸前の飾りを出来上がった仔に合わせて作って出来上がりっ♪
20130103ミニ午パーツ背布

背布の糸端を長めに残して前後の位置で縛れるようにするとさらに「らしい」感じでした。
目の取り付け位置で印象が全然違うので自分の好み、または渡す相手の好みで。
取り付け時にきゅっと締め気味につけると、足部分が編地の間にもぐりこむのと、目の位置の編地が凹んでくれるので目パーツの足が編地から見えないようになりやすいですね~。

尻尾はフリンジと同じ処理でつけます。
つけた後に毛糸のヨリをほどくとふわふわの尻尾に!

できあがりー♪
20130103ミニ午2

もひとつ
20130103ミニ午2後

もきゅっ♪
午らしくなくても可愛く!♪

無事
埴輪×2 ミニ×2が嫁に行きました。
詳しくどう配られたのか判りませんが…(笑)
あとは白が1匹! 我が家分はモッヒーになりました。玄関でお出迎え!
去年の巳は後ろに下がって、辰たちと並んでもらいます。

刺し子の仕上げアイロンをかけて、2枚目の午刺し子に掛かりたいとおもいます!

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。