スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

刺し子 花ふきん 「花紋」

こんにちは、けいです。

実家にはびこる山芋のつるに、大量のむかごがついていました。
コレが地に落ちたら、来年更なる芋蔓被害…
そして、友人W夫婦がむかごを喜んで食べる事を思い出し、同居人1と共にむかご狩りをしてきました。

採り始めた時は、ポロポロと大量に取れるので楽しかったのですが…
途中から地獄のようでした…
採っても採っても採っても…!
全部狩る事は出来ず、敗北感満載です。

友人W夫婦に届けたところ、W(夫)が「多すぎ!!」…。
W(妻)がウチも採れるように植えたのに、こんなに採れない!と言いつつ喜んでくれたのでプラマイゼロか?

<多すぎ!と言われたむかご量>
20130923収穫されたむかご

……うん。どっさり。
でも実家に行くとまだまだあるよ…?
2cm位ある粒とか、ありましたよ。びっくり。



さて、今回の花ふきんは「花紋」です。
手元にある刺し子本には載っていないのですが、ネットで一時期無料で使える刺し子図案を探していた時に見つけた模様です。


<花ふきん 「花紋」>

20130923花ふきん 花紋

見つけた時は、トゲトゲしいな…と思って一応、せっかく見つけたから保存するけど~…とちょっと腰が引けていた模様。
…ドコが「花」…?
見えなくないけど…私としては「花」はもっと「ふんわり」「ひらひら」という印象なのですが…。

ああ、でも「テッセン」とかってこんな感じのお花ですよねぇ。
「テッセン」は好き…

刺し方は…
方眼を作るように刺してから、ジグザグに、ですかね~。

<花紋 刺し方?>

20130923花紋刺し方

模様の一番膨らむ部分の角が揃った場所に綺麗に作れると、綺麗に仕上がる気がします。あと、中心(花芯?)部分の糸の長さ、角度が揃うときっと綺麗ですね。

できませんでしたけど!!!(号泣)

ものっすごく、不本意な出来です。
いずれ再挑戦したいと思います…!


でも、この模様。
母の前で作っていたら…

「……おむつ?」

って言われちゃいました…っ…。

母曰く、おむつでよく見た柄だ、と。花……おむつ……。
印象が統一されない……。


あ。
そうか…この模様……
「角七宝」の線が増えた感じ、なんですね。
今気がつきました。(鈍感…)
スポンサーサイト

Pagetop

十五夜お月様見て跳ねる?

こんにちは、けいです。

めずらしく、連投です。
だって十五夜なんです。

今年の十五夜は9月19日で本日でした。
十五夜らしい美しく冴えた月が闇色の空に浮かびます。


私の実家はきちんと十五夜をする家です。
お供え餅をついて、ススキ、新米、旬の野菜などと共に飾ります。
まぁ、大抵の場合十五夜だと新米が間に合わないので、十三夜に飾るんですが…


その影響で、私も十五夜は気にします。
前日に同居人1に十五夜の夜にはススキを持って帰ってきてくれるように頼みます。
同居人1は帰宅時にいずこかで調達して帰ってきてくれます。

ススキを受け取ると、月の見える窓際に折りたたみの小さな机を置き、半紙(無い場合はコピー用紙)を敷き、その時点で家にある旬の野菜か果物を置き。
母からお供えを渡されている場合はソレを飾り。
その脇にススキを添えます。

逆を言えば、そのくらいしか、していないのですが…(苦笑)


今年は、気が乗ったので、白玉団子を作ってみました。

お月見団子じゃないあたり…これでいいのだろうか、と思わなくも無いのですが…
私は餅系の食べ物は全部食べられないので、食べる同居人1の好みに合わせました。

あと、初めて作るので、簡単な方を選んだ、とも言います!

白玉粉を買うのも初めてです。
どの粉がいいのかも、さっぱり見当がつきません…!
地元スーパーを2軒ほど行ってみましたが、同じ粉しかなかったので、問答無用でその粉で作りました。
うーん。悩む隙間すらないとは…思っても見なかった…。


<作ってみた白玉INみたらし>
20130919白玉INみたらし



作り方って、凄く簡単なんですねぇ!
友人Mは「豆腐をいれるといいよ!」とか言ってましたが…
母と、同居人1に「なんで違う食い物を混ぜる。やだ(ニコリ)」と言われ…
粉だけで作りました。

呪文のように唱える「みみたぶ~~…みみたぶ~~~…」
全部を成型してから茹で始めたほうがいい、と読んだので全部準備して茹でようとしたら、まな板にぺっとりくっついて結局パァになったり…。

なんというか…紙粘土いじってる気分がしたり…。


同居人1に全部食べてもらわないといけないので、味に変化が出るように、と「みたらし」も作ってみたり…
いや、コレは片栗粉がなかったので「みたらしもどき」か? 目分量で作ったし…。


食べた同居人1の感想は「うん。白玉だね(ウマウマ、もぐもぐ)」だそうです。
食べられないので出来の良さも悪さもわかりません……。


残った粉は十三夜にでも、白玉を作ろうかと思っております。
十五夜・十三夜(今年は10月17日)。
片方だけ月見をするのは、片見月、といって縁起が良くないらしいですね~。
初めて知りました。
来月も、美しい月に出会えますように。
そして、来年の実りも、良い物でありますように!

Pagetop

CDホルダーのリメイク

こんにちは、けいです。

ちょっと前になりますが、9月14日に友人Mとお茶(と言う名の長い愚痴話&世間話&手芸話)をいたしました。
いつもお茶をする時にお邪魔する市民センターの一角で、書家さんの個展が開かれていました。

私は美術的センスが無いので…書など全く判らないのですが、無料でしたし、折角なので拝見させていただきました。

さらさらりと書かれている和歌やら…
和装本や額装されたもの。
しかし…私に判ったのは、使われている紙が綺麗だなぁ、とかだけ。
友人Mは私より遥かに素養があるので、ちょっと解説してもらったりしながらぐるりと一周。


「Mよ…読めん。かななのに。日本人なのに情けないよ…」
「読めないように書いてるからいいの」
「Mよ。額のより、たらーんと掛かってるヤツの方が額装としては好ましい」
「……軸装のこと?」
「良寛様の詩もあるのだなぁ」
「人気だよ~」
「…(長岡駅のキモチワルイ像のイメージしかない…)」


…書はコントラストの美しさで見ればよい、と言われた事があるのですが…
全くピンと来ませんでした。

どっちかというと、軸装?の細かいルールがあって、ちゃんと決まった対比と言う物があるのだ、とかのMの小話の方が楽しかったです。
和装本って、かわいいですよね。うん。


で、CDホルダーのリメイク、です。

私はダイソーさんで買うCDホルダーを結構気に入って使っています。
クラフト地なのでシャーペンでメモして使うのにも楽で…

<愛用しているCDホルダー>
20130919CDホルダー加工前

基本的にファイルに書く場合は消せる物で書くのですが、数年前に気まぐれにハンコやペンでガッツリ…書き込んでしまったファイルが2冊ありまして。
その中身を先日処分したので、そのファイルが困ったちゃんな事になってしまいました。
なんで中身までマーカーで外に書いたかなぁ、以前の私…。

そのままだと他のものをファイリングできないので、何とかしないと!

デコる?
……いやいや、使いづらくなるだけじゃないか。

剥ぐ?
……クラフトがボロボロになって埃がつくじゃないか。

そこでお茶をしていた時に友人Mと話していた事を思い出しました。
ブリキの缶などを型に使って、和紙などを重ね貼りして作る加工物の話。
一閑張り的な何かとは言わないまでも、風情のいいモノが作ってみたいという話。
(柿渋なんてドコで手に入れるんだろ?)


紙……貼っちゃえばいいんじゃない?
友人Mがくれた何種類かの紙の在庫がある事だし!

要らないプラスチックケースの中にヤマトでんぷん糊を溶き…
刷毛は無いので、以前消しゴムハンコ用に買った平筆を使ってペタペタ。
ファイルサイズより少し大きめに切った紙をそーーっと置き、さらに溶き糊をペタペタり。
空気を抜きながら、重ね重ねて、貼ってみました!

<リメイク完了>
20130919CDホルダー加工後

右はMがくれた「一番唐紙」というらしい紙のみでカバー。
非常に薄く、破れやすいものの、味が出やすい感じ。
ペタペタしながら、何か…見たことのある何かに似ている、と考えていたのですが、乾ききってからまじまじと見て思い出しました。
昔懐かしい「砂壁」っぽい!
でも、手触り悪くないんですよ~~。作った甲斐があるなぁ!


左は水溶性インクのハンコがペタペタとこれでもか!と押してあったファイル。
1枚目を貼る時に「あれ、インク溶けるな…」とは思ったものの、放置して紙を重ねたら……
5枚重ねてもハンコの色がにじみ出る非常事態。

一番唐紙だけじゃ駄目だな、と同じく友人Mがくれていた白地の厚めのモノを重ねてみました。
なんとか…ほわほわと色の混ざった紙なのか?と勘違いできなくも無い位にはなりました。
ハンコの色がちょっとポップだったので若干可愛いイメージの出来になりました。


うん。悪くない!
ちょっと開きが固くなりましたが、問題なし!
やっぱりちょっと手をくわえると愛着がわきますねっ。

Pagetop

あみぐるみ? 蚊とりーブ

こんにちは、けいです。

お仕事の日は天気が良くて、お仕事がお休みだと天気が悪くて、洗濯物がままならない。そんな感じの日々が続いております…。
部屋干しはキライです。湿気篭るし、カラっと乾かないし!


先日、お店の開店準備にお掃除をしていたら、ひょっこり、店の隅っこに侵入されていました。
コイツに。

<がお>
20130914かまきり

記念に撮ろうとカメラを近づけたらめちゃくちゃ威嚇されました(笑)
5cm位しかないカマキリ君。
私は昆虫は苦手なので、どうしたもんやらと思いながら掃除を続けていたところ、お客様ご来店。


「つかぬ事を伺いますが、カマキリとかって大丈夫な方ですか?」
「は?」
「いやー、ソコにですね、朝からカマキリ君が威嚇しながら居るものでー…」
「あ。いる! ちっさ!!」

気のいいお客様がこのサイズならいけるかもー、と言いつつハンカチで保護してお外に出してくださいました。
感謝感謝!
元気な少年の来店でも待とうかと考えていた所だったので、大変ありがたかったです。
お礼にオマケをいっぱい差し上げましたよ、ハイ。


さて。タイトルの蚊とりーブ。
出来ました。

シーズンが終わる頃に作ってどうする、と思わなくも無いですが、まぁ、そこはソレです。

…蚊とりーブって何?

それは…蚊取り豚です。
豚型の蚊取り線香入れです。

<ストラップ 蚊とりーブ>
20130914蚊とりーブアップ


いやだって…ブタって言うには可愛いし…。
「ぼくってウパ」というゲームのボスキャラが同じ形でカトリーブと言うので、そのままお名前頂戴しました。

ニコニコ動画で作っている方の動画を見かけまして、かわいい!!と。
コレならスグ出来るかな?と作ってみました。
編み図はUPされていなかったので動画を見ながら適当に作りました。

背中に緑のラインが入っているのですが、ストラップパーツでほぼ見えない…(笑)
この色も悩みまして、友人Mにメールで聞いてみたりしました。
最終的に検索しなさいと言われてしまいましたが(笑)

蚊取り豚はバージョン豊富すぎて…スタンダードがよく判らないです。
我が家にある蚊取り豚(お香立て版)は青ですし…。

長細い方が試作品。
短い方が完成品です。

あ、ちゃんと蚊取り線香もどきも入れました。完成品の方だけですが!

<蚊取り線香もね>
20130914蚊とりーブBS

モフモフの毛糸を縛って入れてあります。

目と背中の模様が後付けで本体を裏返しながらつけているのでお尻の方がちょっと目がゆるくなっちゃいました。
モノが小さすぎて裏返さないと着けられなくて…(苦笑)


鎖編み9目スタート。
適当に増し目しながら4段目で足をピコッと鎖3目で編み
5段目で耳をピコッと鎖4目で編み
6~8段目は増減なし
9段目で後ろ足をピコッと鎖3目
9段目は増減なし。

適当な所に目を刺して、背中に模様を刺して。
バランスが取れそうなところに丸カンを指して、ストラップ用パーツを接続。
本体内の丸カンに蚊取り線香代わりの糸をくくったら…
出来上がり!


ー素材ー

本体………コットンレースヤーン ベージュ #20 (ダイソーで買った在庫品)
目…………コットンレースヤーン 黒 #20 (同上)
蚊取り線香…ベーシックモール Col.No7(セリアで買った在庫品)
丸カン1個
ストラップパーツ1個


ちょっと可愛いけど、夏以外に使いづらいストラップ。
簡単だし、材料も少ないし、ちょっと作ってみようかな?と思うにはいい品でした。

Pagetop

刺し子 サンプルサイズ「平三崩し?」

こんにちは、けいです。

久しぶりに小さいサンプルサイズ。

私は、糸がわたるタイプを刺すのがちょっと苦手。
裏をつけないといけないし、糸のたるませる匙加減で見た目がだらしない印象になるのが嫌なのです。
匙加減、下手なので…っ…
いや、模様としてはいいなぁ、って思うんですけど!


あ、この模様いいな!
  ↓
う。糸が渡る…
  ↓
違う模様にしようかな…

という思考ループに入ります。

でも、色んな模様を刺したいので頑張ります。


と言うことで今回の刺し子はこちら。

<平三崩しモドキ?大>
20130911コースタータイプ平三崩し大


そして
<平三崩しモドキ?小>
20130911コースタータイプ平三崩し小


表裏、大小で刺してみました。

……なんでモドキかって…
見本と模様が違っちゃったからだよぅっ(泣)

10枚くらいサンプルサイズ用の晒を切るのに、チャコペーパーを利用したのですが…
その際についでに模様もチャコぺーパーでー♪と調子に乗りまして。
結果、チャコがつくのは裏になりまして。

何セットか晒しを切っているうちにそんな事はケロリと忘れ。
下書き通りにチクチクと~♪

……結果、模様は表裏になるわけですね(泣)

勉強になるなぁ…っ…(自分が間抜けなだけです…)


本当の見本通りの模様はこんな。

20130911本来の平三崩し
ペイントで描いているので正確じゃないですが(苦笑)

正方形に格子に区切った中を更に四等分し、その中に2本、縦横に線を入れるわけですが…
私の刺したのは見本と縦横が逆!

…最後の最後にならないとミスに気がつかない自分。ばか。
途中で気づいてもきっと「しらんぷー!」って言って続けますけどね!!(ばか!)


…サンプルサイズで良かった。うん。

次回作は、多分、カトリーブ。

Pagetop

刺し子 花ふきん 「まめ戦国BASARA石田三成」 完成!

こんにちは、けいです。

やっと出来上がりました、まめバサ三成。

何はともあれ、お披露目~~~。

<花ふきん まめ戦国BASARA石田三成> 約30cm×30cm
20130907まめBASARA石田三成


……なんとか…なった!!

と、思いたい!

<刺繍糸構成>

まめバサ三成………基本刺繍糸3本取り 顔パーツ5本取り 「大一大万大吉」6本取り

「いしだみつなり」……刺繍糸2本取り
「君子殉凶」……………刺繍糸3本取り

糸は三成も君子殉凶もダイソーの刺繍糸セットの1色(色NO表記がないっ)
「君子殉凶」以外は刑部の輿の色と同じモノ。
鋼色っぽい色、というイメージでこの色にしました。
「君子殉凶」は三成のイメージカラーのまま、紫。



さてさて。

懸案だった鎧の紋「大一大万大吉」…
一部ミス(直しようがなかった…)はあるものの、まぁ…見える、かな。という感じ。

<大一大万大吉アップ>
20130907まめBASARA石田三成鎧紋アップ

下手に羽織止めと糸をつなげて刺したせいで一番上の「大」が…下書き通り枠書きなんですよね~…
糸を切って刺しなおすと布がボロボロになりそうだったので諦め。
「大万大吉」の方は糸を6本取りでなんとかなって…!と足掻いた結果。


初めての文字を刺し子、の部分。
…いや、大一大万大吉もそうと言えるのか…?うーん…。
君子殉凶もいしだみつなりも意外とらくらく。
3本じゃなくて5本くらいで刺したほうが印象がイイのか…検討部分です。



今回1色になった理由ですが…
下書き段階で色決めの為に色鉛筆で大体の色で描いてみたのですが…
微妙な出来になりまして…

20130907まめBASARA石田三成下書きカラー

左がフルカラーの元絵(まめバサマウスパッドの絵から切取り)
中央が鉛筆書き、右が色鉛筆彩色版。

…右…なんか、印象が悪いんですよね…
彩度が合わないのか…羽織が浮く感じがして。

で、糸も一度選んでみたものの、刺す前に一色のほうがカッコイイと思う!と思い直して、今回は1色の刺し子にしました。
1色にした事は、悔やんでいません! うん!


<石田三成部分>
20130907まめBASARA石田三成三成のみ




鎧…しんどかったけど、楽しかったなぁ…。
刺繍糸を100均品じゃなくてちゃんと買ったら…もっと出来がいいのかなぁ…。
100%満足いく品って、出来ないものですね。
だからこそ、試行錯誤して続けるわけですが!


……次のチャレンジはまめバサ版真田幸村の予定、です。負けないんだからっっ!

Pagetop

刺し子 花ふきん 「分銅」

こんにちは、けいです。

先日準備中でUPしたまめバサ三成は現在最終調整中です。
本日の花ふきんは幾何学模様「分銅」です。

私はフリー柄の刺し子と、幾何学模様の刺し子は常にほぼ同時進行で作っております。
刺し中のモノが常に2枚は手元にある、という感じです。

理由は

フリー柄はとても簡単な場合と非常に複雑な場合と両方ありますが、基本的にドコから、どう刺すのか自分で考えながら刺します。
より綺麗に出来上がるように、とか一筆書きでいけるように、とか、なるべく糸処理が無いように、とか…色々考えながら刺します。

幾何学模様は基本的に刺し方、刺し順が決まっているので基本的なルールを守りながらぼーっと刺す事が出来ます。その代わり、順番を守らないと綺麗にならなかったりするので、そのあたりだけは気を使います。


刺し子をしようと思った時の自分の体力や気力、気分そして作業をしている環境によって、どちらの柄を刺すかが変わります。
要は…何時でも作業を中断できる状態でやらないといけない時や、細かい事を考えるのが嫌な時は幾何学模様を刺している事が多いです。ソコまでしてやりたい事か?と言われる事もありますが、なんとなく…手持ち無沙汰でいる時間が嫌いなので、やりたい事だ!と答えてやります。イヒ。


さて、今回の「分銅」です。
刺し子を始めた頃によく刺していた「七宝つなぎ」の応用版。

<花ふきん 「分銅」>
20130904花ふきん 分銅


七宝つなぎより刺す線が少ない。
下書きは七宝つなぎを書いてから、必要な線だけを残して描きます。

……が!!!
実は今回のコレは出先で妙に時間が余る事態になり…

手元に刺し子の本は無し、刺し子糸、晒、方眼紙はアリ。下絵になりそうなモノは無いという微妙な状態。

脳裏に一生懸命裏で糸を渡す必要の無い、刺せそうな柄を思い出し…出来たらやった事の無い柄が!なんて考えた結果「分銅」を思いつきまして。

思いついたはいいけれど、コンパスもちょうどいいサイズの茶筒的なナニカも無い。
あ、でもお菓子の紙箱めっけ。これで円の型をなんとか!とあがいた結果、方眼紙を使いながらフリーハンドでなんとか円を描き、ソレを利用して下書きしました。

結果……歪んでおります…


糸はこういう柄を刺すと可愛い「なんじゃ村」で売っているミックスカラーの刺し子糸。

もう少し小さい柄でやるのも良いなぁ、と思って終わり!

出先で空いた時間がちょうど埋まる位で出来上がったので、時間的にも有意義で楽しく作れました。
……どんだけ時間があったんだ、って話です。ハイ…。

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。