スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

刺し子 花ふきん 「まめ戦国BASARA石田三成」準備中…

こんにちは、けいです。

……ちと手間取るモノに手をつけたのと、最近肩をハードに使いすぎたので、ちょっと休憩を兼ねてネットを泳ぐだけにしておこう、なんて日々が続いたら…まぁ、手芸が進まない事、進まない事。
帽子用に買った青夏糸……また、1年眠りそうです…ぐは……。


さて。
タイトルの「まめ戦国BASARA石田三成」ですが……
み……みちゅなりめ……! 鎧メンドクサイぞ……!!
と、悲鳴を上げております。

とりあえず、前の大谷(刑部)と同じイラストから三成を適度なサイズにしてプリントアウト。
…適度といっても、花ふきんに使えるサイズなわけで。
それほど大きく出来るわけでも、ないわけで……。
ココが限界だろう、と言うサイズまで上げて、支度をした花ふきん用の晒に下書き開始。

<まめバサ三成下書き1>
20130831まめバサ三成下書き1


…さすがまめバサ。頭デカイ。

そしてこの段階ですでに思う事…

鎧……っ……絶対訳がわからなくなる……っ…。

「大一大万大吉」の紋……。
文字が書ける気がしない。


イラストサイズの都合上、イラストが細長いので…左右どちらかに空白が生まれるわけです。
そうなると…バランスよく埋めたくなるわけで。
ああ、ちょうどいい…とちゃんと刺せるかどうか自信がないまま下書きをプラス。

<まめバサ三成 「君子殉凶」>
20130831まめバサ三成下書き君子殉凶1

この「君子殉凶」はBASARA内で出てくるキャラをイメージした四文字熟語のようなもの。
Wikiだと肩書って書いてあるんですが…肩書きなのか??と納得いかない…。
(まあ、伊達政宗の場合は奥州筆頭なのでソレは肩書きだな、と思うわけですが)


で、最終的な下書きがこちら。

<まめバサ三成最終下書き>
20130831まめバサ三成下書き2
(画面が暗くて申し訳ないです)


刑部で妙に刺し子図案を入れるのは失敗するだけだ、と思ったので今回はブカブカするのも覚悟の上だ!という仕様です。


現在コレを刺し子中です。

頭からやると絶対鎧で嫌になる、と思ったので、鎧から刺しております。

あと、刑部はほぼフルカラーというか…実際のイラストの色に合わせた糸で刺しましたが…三成は一色。そしてその色も手持ち刺し子糸では合うものが無かったので刺繍糸で刺しております。
……すでに「刺し子」というより「刺繍」のALLランニングステッチなんじゃないのか、と思わなくも無い事態…。うう…。

ま、まぁ、そのあたりの境界線は「ワタシヨクワカラナイ」で押し通します!(逃)

もう少しで三成さんは刺し終わる予定です。
あくまで、予定は未定ですが…っ…。


早めに、できた!と言える日が来るように、がんばりますっ。



作成物引渡しメモ。
かぎ編みサマーキャップ→→→実家の母へ。(予定外)
スポンサーサイト

Pagetop

同居人1の発言より「あられもない」

こんにちは、けいです。

お盆も過ぎたら空気が変わってきました。涼しくなる分には大歓迎です。
早く朝まで安眠できる気温になってほしいです。

今回の記事は久しぶりに同居人1ネタ。
それと、ぷち母ネタです。

手芸事から離れますので、内容を続きより、に格納いたします。
興味のある方はお進み下さい。

続きますか?

[同居人1の発言より「あられもない」]の続きを読む

Pagetop

刺し子 花ふきん 「まめ戦国BASARA大谷吉継」

こんにちは、けいです。

先日作った招き猫の花ふきん…
母に見せないまま出来上がりの布巾の中にしまっておいたのですが、母に催促されてしまいました。
いつも出来たよーって見せてくれるのに、なんで見せてくれないの?と。
ココに敷くんでしょ、それ!と。

……母よ。あれは花ふきんであって、カウンターマットではないのですよ…?
ふきんをカウンターに敷こうとするのは、止めてください…

まぁ、気が向いたらカウンターマット用に招き猫の刺し子でもやろうかと思います、ハイ。



で、今回出来上がったのはまたもや花ふきんです。

近年はまっている「戦国BASARA」。
スタイリッシュ英雄アクションゲーム、というジャンルになるらしいです。
いや、私は闘うようなゲームは出来ないので、ネットで動画を見たりするだけですが。
なんとうか……ネタ満載で面白いのです、これ。

伊達政宗が英語交じりで話し、刀を6本使ったり。
真田幸村が真っ赤なライダースジャケットを着ていたり…
本多忠勝が某がんだむのようで、ホンダムと呼ばれていたり。

…まぁ、書き出すとキリがないわけで。
重厚な悲しいストーリーがあったりする反面、どう見てもネタという妙なものが混じっているゲームなんですね。

私としてはカッコイイ武将達とネタを好むわけですが。

その戦国BASARAの派生物、とでもいうのでしょうか。
「まめ戦国BASARA」というものがありまして、かっこいい武将達が2頭身で可愛いくなっているモノがありまして…
まー…ぷにょぷにょなんです。かわいいんです…!


そのまめ戦国BASARAを、刺し子に出来ないものだろうか、と頑張ってみたのが、今回の代物になるわけです。


第一のお気に入り、と言うキャラではないのですが、まめバサの絵の中での刺しやすさと自分の好みから今回刺したのは「大谷吉継(刑部)」です。

できあがりはコチラ。

<刺し子 まめ戦国BASARA大谷吉継(刑部)>
20130819花ふきんまめBASARA刑部

刑部は病に冒されているため、全身に包帯を巻いており、移動は輿。ふよふよと背に浮かぶ数珠と共に移動。目の色が反転していたりもします。
ゲーム内では病んだ表現が多く、怖いキャラですが…
好意的に見始めると、石田三成の保護者(ママ…?)で可愛く見えてくるキャラですね。

今回、輿の色に相当する刺し子糸が手近になかったので、刺繍糸を使用してみました。
2本取りで使用しているのですが…淡い色だと厳しい出来上がりになると痛感しました。
あと、勝手がちょっと違って…一部糸がたるんでしまって悲しい…。


悩ましかった花ふきんの仕立て…

刑部を刺した後、2枚重ねにして余白(左側)を菱井桁という模様で刺しています。色が透けててそう見えない仕上がりになっていますがっ(泣)

これで、ブカブカと浮くのを抑える事が出来るといいな、という希望的観測と、刑部の「不幸よさんざめく降り注げ」の降り注ぎっぷりが…ちょっとは出たらいいなー…なぞという希望的観測第2です。


<まめ戦国BASARA大谷吉継(刑部)裏>
20130819花ふきんまめBASARA刑部裏

…けっきょくブカブカ…。
菱井桁も流れ星には見えないし…。


刺したモノと使用した絵を並べてみました。
20130819花ふきんまめBASARA刑部イラストと

………
あああああああああ
輿の板目1本刺し損ねている………(号泣)

い、いいもん。刺してて楽しかったもん。ぎょぶたん、可愛かったもんっっ。


刺し子で刺すキャラじゃないなぁ、と思いつつもまだまだ刺す気です、まめバサ。
編みぐるみには…向かない気がするのです。細かいトコ多すぎて。作ってる方、いらっしゃいますけど…
…ぬいぐるみが作れる腕が欲しい今日この頃。

Pagetop

かぎ編み ベルトつきクローシュ

こんにちは、けいです。

お盆です。
墓参りです。ローテーションの都合で私にお盆休みはあるようでないようであるのか?と言う状態ですが。
いわゆる通常運転の日々です(苦笑)


私がお手伝いとして働かせてもらっている所はこういうご挨拶品のシーズンは忙しいです。
詰め合わせ、お土産…
通常日の何倍だっていうお客様に翻弄されたりしています。
ご来店ありがとうございます。お包みする場合は少々お時間をいただきたいと思います。ご容赦ください……。


13日は14時で上がらせてもらって、お墓参りでした。
なんというか…お墓と言うやつは基本的に自然の中にあるわけで…
蚊に食われます。ギギギ…



で、今回はサマーキャップ第二弾です。
前回同様買ったまま寝かせてしまっていた夏糸消費です。

同じ編み図だとつまらないので、今回は「かぎ針編みの夏小もの-アンダリアで作るバッグと帽子-」より。
「ベルトつきクローシュ」を作ってみました。
もちろん、アンダリアなんていう高い(大体1玉500円くらいしますよね)糸は使えないので、ニュアンスの違う帽子になるわけですが…


<ベルトつきクローシュ>
20130814ベルトつきクローシュ


今回コレを編んだのと同じ糸で去年ペットボトルホルダーを編んでいるのですが…
かぎ編み6号針を使用して、結構目がキツいので、風通しって大事よね!とか言いながら8号針でザックリとー♪なんて鼻歌交じりに編んだらば…
ぶっかぶかな代物が出来ていきまして。
そりゃそうですよねー…なんて遠い目をしてみたり。

7号針で編みなおしてもちょっと大きめ…かな?という状態で出来上がってしまいました。
最終手段じゃーーーっ。とちょっと手洗いして縮め!と唱えてみたりしています…アハ。
それでもまだ微妙だったので、ベルトつきなのをいい事にベルトでちょっと締めてみたりしています。


失敗品になってしまった8号で編んだほうはざる状のまま保存中。
糸自体に張りがないため、ヘロヘロするのでザルとしては使えないので…バッグに改造する予定です。


この帽子は11日にまたもお茶会をした友人Mへプレゼントしました。
前の帽子とこちらと好きな方をあげるよ、と言ったらコチラが好みだったようでコチラが嫁入り。
気に入ってくれたようでなによりです。

渡す際に、友人Mからコレはどの位で作れる物か尋ねられました。
ハテ。
時間を計っているわけではないので実際回答に困るわけですが…
私は決して編むのが早いわけではないので…ううーーーん。

まあ、夕食後からの自分の時間にもそもそ編んで…
調子がよければ1晩。ゆっくりしてれば2晩くらいでしょうか。
今回は1個失敗作があったので…3日間くらいで編んだ気がします。
基本的にトップからのクラウン部分は全て細編みなので編んでも編んでも幅は延びないわけで…時間も掛かるわけですね…
プリム部分は長編みが入るのでさくさくです。
このプリム部分が日を遮りながらも少し透ける感じになってイイです~。


<今回の材料>
帽子本体…Zakka Cute-雑貨キュート-(1玉100円)×2.5玉位
ボタン……不用品からのリサイクル。

てことで、やっぱり材料費は300円くらい!

ZakkaCuteは黄麻(ジュート)58%、綿4%、アクリル18%
ジュートの繊維がザラっとした手触りで夏らしくてイイです。
ジュートだけだと編むのに手が痛いし、使用も気を使いますが、綿、アクリルが入ることで使いやすさ、編みやすさも出て楽です。
在庫、後12玉……何を作れば終わる……。

Pagetop

かぎ編み サマーキャップ

こんにちは、けいです。

作りたかったモノ より、帽子です。

夏糸ー…どうも暑がりなので夏は編み物から遠ざかる為、夏糸と言うものはあまりいじった事が…ないです。
でもでも、季節の変わり目辺りで糸が安くなるんですよね~…
欲しくなるんですよね~~…
そして編まずに季節が変わって1年寝かす事になっちゃう…なんてことはーーー

良くあることだっっ

と、主張したいです。


というわけで。
何年前に買った?!夏糸消費です。


今回作ったのは「サマーキャップ」です。
要は夏糸を使った帽子、ですね。
強い日差しから守ってくれたり、寝癖を誤魔化すのに最適だったりする、アレです。


<サマーキャップ>

2013080607夏糸帽子


ふたたびぺたーんな写真……。
立体的な写真の為に今回も我が家のぬいぐるみ君登場です。

しろたん(チビ)にかぶって貰いました。

2013080607夏糸帽子しろたんの上

…後ろが隠せていない写真が悲しい……。

でもって、もう1枚。こちらは横から。

2013080607夏糸帽子しろたんの上で横


編み図はほぼ日参する手芸品屋さん「毛糸ピエロ」さんで無料公開されているレシピを使用しています。
ピエロさんは、たくさんの無料レシピを提供してくださっている上に、春夏・秋冬等で新たなモノも提供してくれていて凄くありがたいところです!!
興味深い糸も安く提供してくれているようですし!(すみません、買った事がありません…アセアセ)
何を作ろうかなーとボーっとする時には絶対に行く!
綺麗な糸を見ているだけでもほっこりしますよね~。


今回は「キラキラコットンのサマーキャップ」というレシピです。
キラキラコットンは使用していませんが。


しかも一部ミスった為に改造していたり…
紐通しを本来編みながら作るというレシピですが…忘れてまして。ええ。あとからつけましたとも。

後、増やし目の位置が違います。
こういう増やし目をするタイプのものは、増やし目のラインが出来る事を避けている等の理由で増やし目の位置ずらしているレシピと、そうでないものと2種みかけますが…
レシピは前者。私は増やし目のラインが出来るほうが好きなので後者。

編んでいて「え、増やし目どこだっけ…」ってなって解いてやり直す。その労力を費やして、出来上がりの差はコレだけか。と思うと…。しなくていいや、って思っちゃうんですよ。
ぼーーーっと作業できるのが望むスタイルなので!


段染めのコットン糸を使用しているのですが、全体的にぼやけた印象の帽子本体を引き締めるために濃茶と茶の糸を引き揃えで鎖編みにして紐を編んでいます。
これが意外と皮ひもっぽく見える感じでイイです~。


残念ながら、ちょっと…私の手がゆるかったのか…私の頭がデカいのか。
大きさが微妙な帽子なのですけれどねっ(泣)

私はこのタイプの帽子が似合わないと痛感…。キャップタイプのほうが似合うようです…。
や、痩せたら似合うかなぁ…!?(号泣)


ちょっと興が乗っているのと、夏糸を買っちゃったので(またか!)もうちょっと帽子を編むと思います。
刺し子と平行で進行中。


<材料>
帽子本体…コットン段染 Col.No.1(1玉100円)×3玉くらい
紐…………アイルー製作時に買ったものの残り

…てことは、材料費は大体300円切る位って所です!

Pagetop

刺し子 花ふきん 「招き猫」

こんにちは、けいです。

某青い未来からきた猫型ロボットに見えがちで困った招き猫刺し子完成です。

元の招き猫画像はぐーぐるさんで「招き猫」で画像検索した中にあった年賀状用のフリー絵です。
なぜか顔の形が三角形で…微妙に気に入らず。ならば猫サンらしく逆三角に!と思ったら可愛くなくなり…
んじゃ、可愛く丸型で!とまるーく、まるーくと呪文を唱えながら顔を改造してみました。

あと、招いているほうの手が小さかったので…
大きめに変更して、更に顔に沿わせて「ニャンv」と可愛く。

持つ小判の模様が…通常の招き猫なら「千客万来」とか「千万両」とか「開運」とか…書いてあるものですが、とてもじゃないけれどそんな文字は刺せない、と思ったので改造無しの三本線のままにしました。……書けるものなら書きたかったです。


で、出来上がりがこちら。


<刺し子 「招き猫」>

2013080607花ふきん 招き猫


結構可愛く仕上がったような気がします。
で、でもでも。よく考えたら招き猫でお皿とか拭くの…?イイノカナ……?

<配色>

招き猫の線は焦げ茶
小判・猫鈴は黄土色
首輪・耳内側は紅色
大地・竹は緑の段染め


竹が…
段染め糸を使う事でリズムが出ていいな、と思ったのですが…線が真っ白部分だけで刺し終わると刺している意味が無い!って位に見えないので、白ばかりになりそうなら刺し子糸を調整。ちょっと糸の無駄が出やすかった感じでした。

大地を一目刺しかなにかで埋めるのもアリかなーとも思ったのですが…しつこくなりそうかも、と思って止めておきました。


刺していて思ったのが…
最近刺していた模様が一目刺しだったり、縦横これでもか、と刺す模様が多かったので妙な感じでした。
え、もう出来上がり?というくらいに楽。
頭を使うのは色の選択と下絵だけ。ラクチン。
やりたい事メモに書いた「細かくない日常使いできる模様の花ふきん」と「招き猫柄花ふきん」の2つをコレでクリア!ですかね(笑)


そして痛感したこと。
フリーの柄はいかに一筆書きで描くか、が綺麗に楽に進む方法ですね。
次に生かしたいです。


次は、刺し子じゃなくてかぎ編みの予定です。
蚊に食われてばかりで、足がキモチワルイ模様になりつつあるけいでした。

Pagetop

高田の蓮見&善光寺

こんにちは、けいです。

8月4日、上越高田の蓮を見に行って来ました。


近年恒例になりつつある高田公園の蓮見物です。
とはいえ、今年は…スケジュール的に辛かった…

去年の見物の時に、ボランティアガイドさんが教えてくれた事。
それは、蓮は早朝が一番いいですよ、と……。
い、いや、市内在住じゃないし…。ソコソコ時間かかるんですよ?高田公園まで…。


そして、去年の蓮見物後に素敵な景色ですよ、とご紹介した同居人1の父母が今回は一緒に行きました。


……まぁ、早朝に高田公園に着かないといけないわけで。
必然的に出発時間がド早朝。



3:40起床
4:10アパート出発
4:20同居人1の父母を車に乗せて地元出発


ギリギリ6時前に高田に着きましたヨ。(眠いったらない)


まぁ、そのおかげで駐車場は空いているし、空気はキリと冷えて気持ちいいし、蓮は美しいし、人は多くないし。
早すぎてボランティアガイドさんが居なかった位で…。

西堀の朱色の橋から南側をくるりと一周4人でフラフラ写真を撮りながら歩きました。いつもは北側を回るんですが…今年は南側が綺麗だったので、南へ。
蓮は高田公園の外堀19haを埋めているので、全部見ると疲れ果てます…体力無いので…無理。

感動しているらしいお父さんとお母さん。堪能してくれたようです。
マジでオススメです。以前連れて行った時の私の母は泣きそうになってましたしね。


ときどき「べー」なのか「も”-」なのか、ウシガエルらしい声が聞こえたり…。

以下、蓮の写真です。

201308040555高田蓮

201308040607高田蓮


蓮見ウォークとやらが行われていたらしく、歩道にこんなラインと文字が。
ガン無視でしたが。
201308040604高田蓮見うぉーく

今年もあったお茶席近く。
早すぎてお茶席もまだ無かったですが。着物のお姉さん、見たかった~…
201308040615高田蓮


一回り終わる頃に、お土産売り店さんや、蓮麺のお食事所が営業を開始したので、蓮の実の甘納豆とやらを買ってみました。(まだ食べてない…)

そして同時に軽く朝ごはん。蓮麺は……蓮の実や、根(いわゆるレンコン)ではなく、蓮の葉を練りこんである、そうです。物凄い印象の味がする麺でした。見た目は蕎麦にしかみえないのに。


そして!
早すぎて観光場所がドコも開いていないので!そのまま足を伸ばす、と予定されており…
長野県の善光寺、行って来ました。
たどり着く前に寝落ちしたのは、許されていいと思う…。
途中、野沢湖に寄った、らしいですよ。(寝てたので見てません)


9時頃かな?
長野 善光寺到着。人生初善光寺、だと、思う…(記憶があいまい)

第一駐車場に入れて、参道からじゃなく、裏から入った善光寺。
(つまり、お手水は使えていない…)

本堂で内陣券を購入してお戒壇めぐりへれっつごー。
いや、その前に内陣でたくさんの菩薩様を眺めてみたり。いただいた観光用のパンフの文言を読みたいのに…堂内薄暗くてツライ。そのせいか、内陣の解説を同居人1に向かって読み上げていたら近くの人がこぞって聞いていました。いや、自分で読んでくださいよ…。

善光寺のご本尊は絶対秘仏だそうです。てことは。ご住職さえ目にする事ができないんですね。ちぇ。

お戒壇の手前にはタイ王国から贈られた仏舎利とお釈迦様の像。
でもこれ…大抵の方にはスルーされてました。すぐ近くにあるお戒壇に向かっちゃうんですねぇ。私だけ引っかかってまじまじ見ていたら置いていかれそうになりました。

初のお戒壇めぐり。
マジ真っ暗。こわいこわいこわいこわいっ。(若干暗所恐怖症のけがあります)
同居人1のTシャツの裾を掴んで必死に歩きました。
お母さん→同居人1→私→お父さんの順で歩きまして…
極楽の鍵のあたりで詰まるお母さん。先に入った人が鍵が見つけられなくてギャイギャイ騒いでいて足が止まります。そんな中、後ろに続くはずのお父さんに声をかけるとはるか遠くから返事が!どんだけ遠くにいるんですか、お父さん!!
出口近くなった頃、ホンの少しの光を感じ、顔を上げると同居人1の頭部らしい影が認識できまして…ついつい悪戯心でゆらゆら揺れ歩く頭をぐいーっと押してみたり。「なにをする! てかなんで的確に俺の頭を押せる!?」って怒られちゃいました。アハ。だって見えたんだもん。同居人1にとっては、まだその空間は真っ暗だったそうで、的確なヒットっぷりに動揺したそうです。

本堂の中、見落としがちな所に閻魔様がいらしたり。堪能するにはちょっと時間が足りなかった本堂。

だるまの実演販売をやっていた本堂前。

山門の鳩字の額で鳩の5羽目が見つけられない!と一生懸命見てみたり(わかりませんでした)

ずらりと並ぶ像やらその解説にほくほく。
濡れ仏のところで同居人に「八百屋お七」の供養らしいよ?と言うと、誰それ、知らん。と返されて驚愕したり。若干うろ覚えのお七の話をざっと教えると「いや、放火はあかんやろ」で終わる同居人1の中の八百屋お七…。帰宅したらお七の話をちゃんと調べて話してやろう、と心に決める。


仲見世のお店をひやかしたり。
ぬれおかきマヨネーズ味を食べてみたり。(しょっぱかった!)
おやきは押さえておくべきだろう、と同居人1と半分こ。野沢菜等が苦手な同居人1の為に、「食べやすい味はどれですか」とたずねてみるものの…「食べにくいものなんか、ないですよ」と返され困惑。安パイの餡子選択。
あけび蔓で編んだ篭が欲しくなるものの…高いし、使う予定がないので断念したり。
試食でもらったゆべしが美味しかったり。
可愛い達磨柄の腹当があって萌えたり。
同居人1が竹のぐいのみを落としてワタワタしたり。
お土産やさんの品の上に2千円、お金が置きっぱなしで店主が居なかったり…。

お土産屋さんにあった家紋シールを見ながら

私:「武田菱~」
私:「毛利元就さんトコの家紋~」
私:「ほら、コレはココのお寺の紋!」
同居人1:「そうなの???」

……エー。

お土産屋店主:「そうですよ~。善光寺の紋はこれです」
私:「ですよねぇ! あんなに大きく描いてあったの、見たでしょ?」
同居人1:「え。ドコに」

……うん。車に戻る時に、ちゃんと本堂のトコとか、見るといいヨ。(会話を続ける気が失せている)


絵馬がリラックマのモノがあったり。書いてあるお願い事がどうにも理解できなかったり…絵馬に顔文字満載だったりしてなんだか悲しかったり。
「牛に引かれて善光寺」の言葉の解説を聴いて「ばあちゃんスゲー」と驚いたり。



お土産にストラップ型のお守りと羊羹、やま栗甘納豆、そば粉のすいとん粉(友人M用)を購入。


ちょうど2時間で見物終了。

時間的にちょうど良くなったので、小布施に寄って栗おこわを食べ、さらにお土産品の羊羹他を購入。通り雨に降られそうになったり、お腹いっぱいすぎて栗ソフトが食べられなかったり…。

高速にはのらず、した道で道の駅に寄り道しながら津南経由で帰宅。
お父さん、お母さんをお送りした時点でほぼ16時近く。ほぼ12時間のドライブ観光でした。


実は、ちゃんと整備されたお寺を見物するのは結構好きだったりします。解説とか聞きながらゆっくり見たい人です。周囲にあるたくさんの「院」や「坊」もゆっくり見て回れたら良かったのにな~。と、思うのですが。あまりの数に多分途中でギブアップする気がします。


楽しめたし、綺麗だったし。堪能しました。でも睡眠時間および体力的にちょっとキツかったです。来年はもっとゆっくりコースで行きたいです~。

Pagetop

刺し子 花ふきん 「つづき山刺し」

こんにちは、けいです。

雨天が続く中、なんとか無事に花火大会は行われているようです。
物凄く蚊に食われる体質&その後治るのに物凄く時間が掛かる(平気で1週間とか真っ赤です)ので…花火大会は行きません。
キライじゃないんですが…そんなにワクワクする歳でも、浴衣着ちゃうー?!とか言うような歳でもないので。
いや、故郷の花火は誇りに思っているのですが!!
最近はネット配信されているので、ソレを見たりもします。
各地の人が「スゲー!」って言ってるのを見て「ふふん。だろう?だろう!?」って思ったりしてます。
でも見に行きません。

…暑さと痒さが大敵です。


さて、刺し子です。

今回の模様ははじめて見た時法則性がわからなくて「なんだこれ!?」と思わされた模様。

「つづき山刺し」です。

毎度の事ながら花ふきんで、赤糸で刺してみました。


<花ふきん つづき山刺し>

20130803つづき山刺し


…ぐっちゃぐちゃ? と一瞬思わされましたね。
実は方眼紙を使った作図をする模様で、縦横に山を書いているもの。模様が少し重なっているのでややこしい見た目になるようです。

<つづき山刺し 刺し方>

方眼を書いた後、縦の山、横の山で色分けしてわかりやすくしてみました。

20130803つづき山刺し刺し方


わ、私が刺したのがズレてるのは目をつぶってくださいっっ。
しかし…この色分けにするとどうもクリスマスカラーと言いたくなります…。真夏ですヨ、今。

ちゃんと法則性がわかると、なんだ、簡単なんだ、と思える模様でした。
それでもパッと見は相変わらずぐちゃぐちゃ…と思うわけですが。


刺し子をなさる方に聞いてみたいなぁ、と思う事があります。

下絵を描く時、どうしているのかな、と。
パターンとしては

1.下絵を紙に描いてソレをチャコで写す
2.布に直接下書きを描く

だとおもうのですが…

下絵を写す場合、どうしても写し損ねがちだったり…
布に直接描くと布が磨耗しがちだったり(罫線描いたり、線を描くのにミスったり…)模様が歪みがちだったり。
一長一短な気が…。

フリーの模様なら、1番でなるべく確実に。
方眼などで規則性がある場合は2番のほうが楽な気がします。


あと、花ふきんの縫製。

表裏刺し抜く場合と、刺し抜かず裏をつける場合で縫製が変わると思うのです。
刺しぬく場合はいいのですが…
裏をつけるときって…表布、裏布で切っちゃう方がいいのか?
縁の処理の理想形が見えてこないんです。

表裏別模様にしたら…プカプカで布の浮いた状態で「出来上がり」? 使いづらくないのかな…?


色々細かい所に納得がいかなかったりでもやもや悩み中です。
もっとこなれたら、自分なりの結論が見えてくる、の、かな?と期待しつつ。

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。