あみぐるみ トンベリ

こんにちは、けいです。

やっと出来上がりましたー!!
先日(といっても随分前…)に「さて、なーんだ」とUPしていたあみぐるみです。
有名ゲームシリーズFF(ファイナルファンタジー)に出てくる「トンベリ」です。容姿は可愛らしいのですが、「みんなのうらみ」という怖い攻撃を持つキャラクターですね。
同シリーズの「サボテンダー」を作った時に挫折したのですが、今回やっと作る事が出来ました~。


本体は前回の時点で出来上がっていたので組み上げるだけだったのですが、いかんせん…アイテムが…。
て、ことで、まずはお披露目。

「あみぐるみ トンベリ」(高さ26cm程度)
20130630トンベリ

逆サイドから。
20130630トンベリ逆サイド

全てを編み物で作るのが「あみぐるみ」なのかもしれませんが、ソコに拘りがあるわけでも無く、ソレよりもっと綺麗に出来上がるであろう手法があるならソッチを取る、というのが私の主義なので色々手法取り混ぜて出来上がっています。


苦悩させられた本体。
頭と胴体を一緒に編み上げる事でつるんとした後頭部からの流れが綺麗になるかな、と思ったのが挫折の始まり。鼻先から編む事しか考えておらず、非常に苦しかったのです。
通常通り頭頂部から編み始めることでなんとかその辺をクリアして、増し目、減らし目の調整。
尻尾は鯨のあみぐるみを参考に1個作ってみたのですがイメージにあわず…。円錐形と三角を組み合わせて作った所、大体いい感じに出来ました。
全体的に大体イメージしていたとおりのトンベリが出来たと思っています。


黄色い目パーツが安価で無かったので、同居人1に黒い目パーツを塗ってもらう予定だったのですが、どうもイメージよりパーツが小さく…
パーツケースを眺めていたら「くるみボタン」が目にはいりまして。
ああ、コレならジャストサイズ…。でも黄色い布なんて無い…と思う私の視線の先に黄色いフェルトが…。
力技でフェルトでくるみボタンにしちゃえー!と強引に作りました。



ローブは縫製で作成。
トンベリのローブのような色の布がどうしても近隣の手芸品売り場で見つからず…最悪フェルトで、と思っていたところにセリア(100均)で売っていた端布が大体のイメージに合致したのでそれを使用しています。
布としての厚みはそれほど無いのですが…目が非常に詰まっている布のようで、針が通りにくくて大変でした。なにせミシンがありませんから…。

洋裁は学校の家庭科でやった程度しか経験が無く…1からあみぐるみに合わせて型紙を起こすところから失敗だらけ。腕を別個のパーツで、等の複数パーツでの作成で四苦八苦してみたり。
そんな折に型紙1枚で作るワンピースを「すてきにハンドメイド」で作っているのを見て…これだ!と。
3枚くらい試作して、なんとか型紙完成。フードは別型紙ですが、大体いい感じ!


包丁はフェルトで作成。
グレーのフェルトを黒フェルトで包み、持ち手は茶フェルトで。接着剤ではなく、フェルト針でツクツク突いて合わせてあります。
20130630トンベリ包丁


ランタンに至っては100均のライトです。
20130630トンベリランタン


フェルトで作ろうと思っていたのですが、ローブ用になるかもしれない黄色フェルトの購入にダイソーに行った所、同居人1が「こんなのあったよー」と…。なんともジャストサイズのソレを持ってきたので、ちょうどいいか、とそれにしました。
いや、ほら、あみぐるみの置き場所がないので…。非常灯的ランタン持ちという役目を与えておけば、まぁあってもいいかなぁ、とか…!


うん。かわいい子が出来ました!
満足満足。
もうちょっと小さかったらもっと満足……。
編み図の無いあみぐるみは、どれだけ具体的に作りたいものをイメージできるかが勝負、と思っています。あと、作りたいという意欲ですか(笑)
編み図があるって楽ーーー!と叫びながら作るわけです。ソコが面白みなのかもしれませんが!


本気で毛糸をいじるのが辛い暑い季節になりました。あみぐるみはまたお休みかなと思っております。季節的には夏糸の何かを編むか…刺し子ですかね!

体調を崩しやすい季節です。健康は財産!気をつけていきましょう!(特に友人Mよ。君だ君!)
スポンサーサイト

Pagetop

のんびりな日々

こんにちは、けいです。

先日、伯母の三回忌がありました。本来なら真夏の8月なのですが、色々な都合上、6月23日の13時からになったようで、暑さで茹る事も無くつつがなく終わりました。
北海道から来た末っ子の伯母(母は4姉妹)やらの従兄弟達と古くからある喫茶店で歓談する時間も持てました。

末の伯母が母に持ってきたお土産を分けてもらったりなんかもしました。
しかし、母よ。なぜキャラメルやらバターサンドなぞという熱に弱いお菓子を…この暑い時期に車に入れっぱなしにするのですか。溶けてるじゃないですか…。美味しくいただきました。ありがとう、末の伯母。

実はお昼ご飯を一緒に食べてから、という事だったのですが、こちらは諸事情により欠席させていただきました。同居人1の都合ですが、それに便乗して暇になった時間に喪服用のシュシュなんぞを作ってみました。


「黒レースのシュシュ」
2013062515350001黒レースシュシュ

写真が上手に撮れず編み目が潰れてしまったので、若干色味を調整したら黒い艶が…ちょっと消えて残念です。
レース糸自体はダイソーの黒レース糸#20です。
結構…いいものですね。黒レース。綺麗です。
#20位が一番好きです。編んでいて疲れないですし、艶が綺麗な気がして…。
まぁ、レースで何作るの?と言われたら、大抵シュシュかドイリーになるわけですけども…。大作をレースで、となると物凄い手間と苦労なのは判りきっているので。
なので、あまり作りません。必要があれば編む、と言う感じです。


末の伯母は母の所からミックス糸で刺した紗綾形の花ふきんを持って行ってしまったようです。母にそのフキンを使えばいいでしょう、と言ったら持って行かれた…と返されてしまいました。
さすが末っ子。次女のくせに長女気質の母は負けっぱなしです。
早めに母にフキンを作ってあげないといけなくなりました…。



プランターに生えたトマト。

去年のトマトの種から生まれたトマト君たちは、1本として脱落することなくすくすくと育っています。
1枚の写真に納まらない位です。
同居人1、困惑中。
どれも見捨てられず、プランターが増える一方です…。

「実家からもらったシソ(植え替え直後)」
2013060807430000実家から拉致直後のシソ


その中に、私が実家から貰ってきた一塊のシソ。雑草のように生えるのでその1画をごっそり貰ってきました。
そうめんが美味しく食べられるように、早く育って~と日々可愛がっているのですが…
トマトの勢いに呑まれているのか、土が再利用土だからなのか、生育状態微妙。今は写真よりは育っていますが、そうめんに添えるにはまだまだです。少し、間引くべきか…?
トマトの元気を分けてもらって早く育って欲しいです。




そして、生協から1kgの梅が届いたので、その梅も漬けてみました。
梅干……は、私には難しいので、梅ジュース?シロップ?にしてみました。

まず、漬けるための瓶がなかったので、ソレをホームセンターに購入に。同時に氷砂糖も購入。
瓶は漬けた後にも利用できるように、と漬物瓶を避けてみました。漬物瓶は1度購入したものの、その後数年使わず処分した事があり、またやったら…本当にもったいないですからね。

「梅を漬けたよ」
2013062414030001梅ジュース

梅は水洗いしてヘタ?や汚れを取り、フキンで水気を取って。
瓶は洗って乾燥させてからアルコールをちょっと回して消毒。
梅を冷凍させるといい、とかフォークで傷をつけたほうがいい、とか色々あるようですが、あくまでソレは早く漬かる、失敗が無い、という理由のようだったので今回は何もせずに漬けました。


…本来なら梅1kgに氷砂糖1kgです。
梅が隠れるくらい氷砂糖入れるべきよね?とか言って考えもせずに氷砂糖を入れていたら…これ、1.5kg以上の氷砂糖が入っている気が……します。反省。
は、早くジュースになるといいなっっ。
美味しく漬かれ~~とアパートの一番涼しくて暗い所に保存中。1日1回、くるくる~っと回して熟成待ちです。
10日くらいで出来上がるらしいです。

美味しく出来たら…日曜日に大変そうだった従姉妹にも分けてあげたいな、と思っています。
…美味しくなかったら梅ジャムにでもしましょう。



仕事を続けていたら、こんなのほほんとした時間は少なかっただろうなぁと思いながら満喫するゆっくりと流れる時間。贅沢だなぁ、と感じる時間です。

Pagetop

クッション&竹シート

こんにちは、けいです。

あみぐるみは、ローブで一時停止中のままです。私…縫製向かない…ぽい…。

てことで、他の出来上がったもの代表。

クッション&竹シート。

クッションと竹シート

実は、実にすわり心地の悪いベンチがありまして。ソコにクッションを、と言うのが目的なのです。これから暑くなるので、モフモフクッションだと暑いな、と思いまして、毛糸などの使用は避けてみました。
中身は某安売りしてくれる手芸品を置いている衣料品屋さんで日焼けの都合なのか、100円になっていたスポンジクッション。平織りのチェック布でくるくるーん、と適当に包んで縫いとめてあります。


で、竹シート。
竹シート

安売りしていたクッション購入当時2個しか手に入らなかったので、クッションは2個。なので、ソレにあわせるシートも2枚。

この竹シート。
実は利用していた竹シーツが一部、破損してしまった為買い替えまして。その時に、パーツとして取っておいた竹シーツの部品です。
竹シーツが非常に心地よく夏の必需品として愛用しているので、これをクッションに敷いたら涼しいのか?といつかはシート状に組んで使ってみよう、と取っておいたんです。

竹パーツ
竹パーツ

良く見るとわかるんですが、連結用の穴が一方向にしかないんです…。
その為、どうやって面に仕上げたものか、と悩んで使用が遅くなったのです。
結局今回は周囲4辺はアクセサリー用ゴムテグス。連結の為に使用したのは透明のミシン糸。編み上げるのに試行錯誤があったので2枚しかないのにすごい労力でした…。

しかし!!
座ってみるとやっぱりヒヤッとして気持ちいい!
大量にパーツが残っているので、追々もう少し作ろうと思っています。

…このクッションとシートのセットも、母の所にやったのですが…クッションとシートが別置きでセッティングされていました…。なんでなの、ママン…。
シートにクッション性がないから、クッションをつけて渡したのに…。

最近帰ると「ふきんが駄目になってきたのー。新しいのにしないとだよね!」と言われます。
以前渡したモノの記憶から、もう1,2枚はあるはずだ、と思い「新しいのにしなよ」と言うと…
「新しいのにしないとだよねーーー!!」と返されました。
え? 次のを寄越せと!?

…私は刺し始める前から使っているフキンがまだ使えるので、まだ自分で刺した花ふきんを自宅で使用した事がありません。刺した花ふきんはもしかしたら全て母が使うのかもしれません…。いや、いいけどさ。いいんだけどさ。何か妙な気分になるのは…何故でしょう…。

とりあえず。夏の暑い夜。竹シーツ、オススメです。(男性はスネ毛が食われる可能性があります。お気をつけください)

Pagetop

刺し子 花ふきん 「かわり雷門」

こんにちは、けいです。

父の日でしたね。
予定通り「源」さんのます寿司(特選)を2個プレゼントしてきました。我が家にも同数買って、便乗して美味しくいただきました。特選に慣れると駅弁フェアとかで売ってるヤツだと満足できないんですよね…。

買いに行って手に入れたものと、それほど大きく差が感じられたわけでもないので、今度は富山まで行かなくてもいいかも!?と思っているのですが…
同居人1が「…遠出の理由が…」と嘆いております。海王丸になら行ってもいいぞ。ふふ。


はてさて。
緑色の物体君のローブは、相変わらず進まず。だって暑い……。毛糸を触る気になれません。
てことで、刺し子が進んでおります。
コースターサイズやら、ふきんやらをゴソゴソと。

で、今回は前の方でコースターサイズで作っていた「かわり雷門」をふきんで。

花ふきん 「かわり雷門」
花ふきん かわり雷門

ちょっと画像が暗いのはご容赦ください。何枚か撮ったんですが、すべて失敗するという事態になっておりまして、しかもすでに現物が奪われた為、手元にないもので…。

まず、見本を見ながら方眼紙で下書きを書くわけですが…
ど、ドコがドウ繋がっているの?! どう進めばいいの!?
とパニックを起こしながら作りました。
この部分の繰り返しですよ、と本にちゃんと書いてはあるのです。あるのですが…。
え、それはドコに繋がって模様が続くの…?ってなるんですよ。

このカギ状の所がココにあるから、こっちに…これが…あれ、繋がらない。駄目だ、フルサイズで下書きが要る…。とかブツブツ呟きながら作りました。

前の篭目を刺したのと同じミックス糸で刺しているのですが、このサイズのこの柄だと普通…? 可愛いと叫びたくなる感じは薄いですね~。

こんなものが出来上がるよ、と母に見せたところ、ニッコリ笑って「置いて行くのよね?」と…。
水洗いして下絵を消して、アイロンかけるまで待って…と一応即時に奪われずには済んだのですが、どうも母のあの顔に弱く。
アイロンをかけ終わったらすぐに譲渡してしまいました。

次は…あみぐるみが出来上がっているといいなっっっ。

Pagetop

刺し子 サンプルサイズ「花十字・柿の花」

こんにちは、けいです。

ローブのフードを作るのに四苦八苦中です。どうせなら被れるほうが可愛いですからね!端布を使った試作もどきがすでに4つ…。フードだけなのに…。本体含めたらどの位の仮試作が掃除用ハギレになるのか心配…。

で、またもコースターサイズで誤魔化しちゃうのです!

今回の柄は以前花ふきんで可愛いを連呼した「花十字・柿の花」。
ですが、1マスのサイズを倍の1cm四方にしたのでちょっと縫い方が…あは…。

<コースターサイズ 「花十字・柿の花」表>
コースタータイプ 花十字表

<コースターサイズ 「花十字・柿の花」裏>
コースタータイプ 柿の花

1刺し分を普通に1縫いで作ると糸が長すぎるので、ちょっと工夫。

刺してから仕立てているのではなくて、仕立ててから刺しております。
柄の都合上、裏に刺しぬくと模様が崩れてしまいます。表裏どちらに糸がでても困る場所のひと針は合わせの中で行っているので、出来上がってみたらなんだか不思議な状態に。

…これはこれで、手間が掛かるけど面白い様になるものだなぁとちょっとお気に入りだったのですが…
さっそくティーオレをこぼしました……。ほんのり薄茶色になってしまいました…。

お気に入りのモノのほうがすぐ壊れる、って法則、絶対あると思います…(泣)

もうすぐ父の日ですね!
母の日(&母の誕生日)には母お気に入りの「洋菓子舗ウエスト」さんのリーフパイ(45枚入り)をあげました。父の日は「竹風堂」さんの栗おこわか「源」さんの「特選マス寿司」の予定です。
母はお菓子で父はご飯…どっちも好物の食べ物で終わり!
一番単純に喜べる、邪魔にならない幸せの素、だと思います。(お菓子は贅肉の素にもなりますけどね!)
ソコソコの歳になると「気持ち」くらいの値段で贈られたい物なんて、そうそう無いですからね。
ウエストさんのリーフパイはマジでオススメです。もし良かったらお試しくださいませ。
ち、父の日の通販、忘れないようにしないと…っ…(焦)

Pagetop

刺し子 サンプルサイズ「かわり雷文」

こんにちは、けいです。

編みぐるみの小物素材が揃いません…。ローブ…どうしようっかなぁ…。包丁は出来たのになー…。
ちょっと脱線して違うもの作りそうです!(笑)

で、今回もサンプルサイズの刺し子です。
今回は「かわり雷文(かわりらいもん)」。

<コースターサイズ かわり雷文>
コースタータイプ かわり雷門

直線で糸が渡ることのない柄。好き…。
だ、だというのに歪んでいる…っ…。直線がうにょうにょとーーー(泣)

刺す順番とかは考えなくていいので楽なのに、出来上がる柄は味があっていいですね!
なるべく長いラインで布中央付近を通るラインを優先して刺してみました。
ただ、柄の都合上、意図の進む方向が布の目に対して斜め(いわゆるバイアス)になるので、しごく時にちょっと気をつけないと布が伸びてしまいそう。いや、伸びてしまったから出来上がりの外辺が歪んでいるのか…な…?

今回はテキストの見本がコースターサイズを上回るサイズで掲載されていたので一切の作図なし、ですが…これ…続けて大きいサイズを刺す時に作図すると…きっと凄いキツイ…。要根性&覚悟。

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR