長野へドライブ

こんにちは、けいです。

予定通り6月20日(土)にドライブに行ってきました。
私、同居人1、同居人1の父母の4人で、朝7時過ぎに出発!

目指すは長野県、松本城。
と、いいつつ、とりあえず高速に乗る前にセブンイレブンでコーヒー調達。なぜか同居人1は出かける時にセブンイレブンのコーヒーを買うのが好きです。

さっくり高速に乗り、ぱぴゅんと走り、朝ごはんは米山SA。揚げたての桜の塩漬けつきまんじゅうゲット♪
いつもなら、睡魔に負けて助手席で眠りこけているところなのですが…
同居人1父母もいるので頑張って起きて会話です。

何回か休憩を挟みつつ、松本で高速を降りて…同居人1が調べていたそこそこ近めの駐車場に車をいれ。
松本城までテクテクと歩きました。
この時点で大体11時。

天気はどんよりしていたのですが、そのおかげで暑くもなく、風もあり観光しやすい温度。
そのかわり、写真はだいたい曇天であまり綺麗に写りませんでしたけれどね!

たどり着いた松本城。
中に入ると宇宙ツツジ、と表示されたツツジがありました。宇宙で発芽、育てられたツツジがここで育っているらしいです。
…正直、ものすごく違和感。
いや、ツツジはね、違和感はないですけれど。その名前と看板が…。
結構戸惑っている観光客さんは多かった気がします。

お城の前にぼへーーっと立っている鎧武者さん発見。
記念撮影に応じてくれるお兄さんです。
鎧…暑そうですね…。

<松本城と鎧武者(…と、移りこむ観光客さん)>
20150623松本城

楽しそうに鎧武者とポーズをとる同居人1と…楽しそうに見守っていらっしゃる見知らぬ観光客の方。
剣は頼むと抜いてくれるらしいです。後から真剣白刃取りで撮影している方をお見掛けしました(笑)

お姫様仕様なのか、ピンクのお着物、黒髪ロングヘア、和傘装備の女性も施設内を歩いてましたよ。遭遇できませんでしたけれど。城の中からとか、遠くから見かけただけで終わっちゃいましたけど…。

お城の見物に突入!
入り口からかなりの段差の階段がありました。腰が痛い時期に来たら酷い目にあいそう…。

5重6階の天守を登るぞー!と意気込む我々。
建物内の木がつるっつるで、なんだか小学校旧校舎を思い出しました。管理が面倒ですけど、気持ちいいですよね、こういう床。

薄暗い室内。順路どおり歩いていくとたどり着く階段。
…正直…ものすごい階段でした。

<どこの階段もだいたい酷い角度>
20150623松本城5

<こんな案内もありましたよ>
20150623松本城4

角度が急であることもそうなのですが、下手するとまともに足が縦に乗せられない位幅が狭い…
蟹のように上がれとでもいうのか…。

<遠くから見るとこんな角度の所もあり>
20150623松本城6

というか、上がるほうがまだ楽でした。
下りるのが怖いったら無いのです。うひーーーー怖いーーーーっ。
怖くて横向きにゆっくり下りると肩から下げているバックが下りた階段にガツガツあたる…

上りながら「怖いね~」と話しているにぎやかな奥さんに思わず「下りの方がもっと怖いですよ…(ニヤリ)」とか話してみたり。
「脅さないでよー!(笑)」と返されちゃいました(笑)

城内には大量の銃コレクション。

<いろんな種類がありましたよ>
20150623松本城3

この写真はこんな感じに作っていたのですよ、という展示。巻いてたんだよね~鉄…。すごい作り方です。
格納しているとどうみても匕首にしか見えない物とかもありました。
なんでこんなに銃のコレクションが豊富なのかしら…。

<やっと出てきて見上げる城>
20150623松本城2

正直…6階上がっただけのはずだよね!?
足、ものすごく痛いんだけど!! という疲労状態で出てきました。
……当日夜から太もも前面が筋肉痛が酷かったです。

へろへろになっている同居人1以外の3名。
お堀のところでお城撮影を試みている同居人1を待ちながら一休み。
あまりの体力消費に博物館に入ることを断念しました。

お堀の際に立つとデカイ鯉が列を成して寄ってきます。
手を出すと「餌クレ」と口をあけてアピールしてきます。
結構な圧力です。そこそこ大きいのが何匹も来るので…結構怖いです。

そんなこんなでお城観光終了。
続いて近くの縄手通り観光&お昼ご飯のお蕎麦。

<お蕎麦>
20150623松本城7

疲れ果てていたので、なるべく近場の蕎麦屋さん、と同居人1が探した結果のお蕎麦屋さん。
どうやらソコソコ有名所みたいです。
残念ながら当日は「天ぷらは今日はお休みです」という事で全員ざる蕎麦。
予想外に細くて短いお蕎麦でした。
長い長いっ、つゆに移せない!なんて事は一切起きません。食べやすい、の、かも。
天ぷら食べたかったなー…。

その後たい焼き目指して縄手通り観光。
イベント日だったようで、かえるの着ぐるみも居ましたよ。

<縄手通り>
20150623松本城8

かえるは縄手通りマスコットキャラ。かえるビールやらなにやら大量にありました。
ガン無視してたい焼き。
…あんこ多すぎ。生地のみで食べると微妙…

四柱神社にお参りして、車に戻りました。
四柱神社は、ふとっぱらな神社なようなので、寄ってみました。
天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神、天照大神を祭神とし、4柱の神を祀る神社。
うーん、豪華な神々です…。

疲れた体を一休みさせながら、次の目的地決定。
希望者は同居人1母。候補は2つ。

安曇野か、美ヶ原の美術館。

疲れ果てたから車が頑張るだけという解説をされた美ヶ原の美術館を選択。
道中の約1時間、耐えられなかった私は寝落ちしておりました…。

気が付くと高原。
でも今にも降り出しそうな天気。

あれ? 屋外にも展示物があるって書いてなかったっけ…。これ、厳しくない…?
美術館の売店にたどり着いた時には雨がドザー…。

と、とりあえず、お土産みながらちょっと様子を見ようよ、と店内に入って物色していると、館内アナウンスが…

「現在当高原上空に雷雲が発生しております。屋内にお入りください」
的なことを…。

え?!

数分後…

<雹…かな…>
20150623松本城9

あられというには硬すぎる音がする白いモノが空からドザドザ落ちてきました!

ひーーー。酷い天気になったぁあ。

とてもじゃないけれど建物から外に出られない。
そしてめちゃくちゃ寒い!(10度くらいだったようです)
あまりの天気に観光客は天気見物。

お買い物をした時にレジの人に「ここってこんな天気になりやすいんですか?」と聞いてみたら「山の上なので…崩れるとあっという間ですねぇ」と返されました。

美術館見物……中止。
ムリムリ。

諦めて帰宅路についたのですが…
乗った高速の数個先のICが火災のため通行止め発生!
すぐに高速をおろされて下道…渋滞…。

渋滞にはまっているうちに火災による通行止め解除をスマホが教えてくれたので近場のICに向かったのですが…
ICで高速に乗ろうと路線変更しようとした時に再びスマホが「こっちの道のほうが早いよ!」と下道ルートご案内。

上がろうとしたICからなにやらトラブルが発生したようで4キロの渋滞が発生。

慌てて下道に再びルート変更。高速脇を通り抜けていくルートだったようで、見上げると渋滞にはまった4キロ所じゃない道が…。
大量の車がのろのろ…と運転中。

…ありがとうスマホ!!
てか、グーグル先生?

再び高速のほうが早いよ!という案内が出たところで高速に乗りました。

途中のSAでお夕飯。すでに帰宅予定である19時を越える…。
眠気防止のための「あたりめ」を売店で購入。

しかもそれも、SAのお食事場所、売店のぎりぎりの時間だったようで、私たちが席を立つころには店じまい。

あぶな…。

へろへろと帰宅したのは…21時過ぎでした。
つ、疲れた…。

ます寿司の配達を翌日の午前中で指定するのが精一杯。
翌日のお昼には父の日の贈り物として届けに行かないといけませんからね…。
(配達さん、ごめん…)

帰宅直後から寝落ちした同居人1。お疲れ様…。
疲れを少しでも取り除かないと…!とお風呂だけは入りましたし、入らせました。
…筋肉痛は良くはならなかったですけどね。

駆け足で記載しました長野観光。

松本城周辺は泊まってゆっくり見たい町並みのようでした。
…あれ?この言葉は飛騨の時も言ったような…。



そろそろ、温泉とかに泊まってゆっくりする旅行がしたいです、私。
スポンサーサイト

Pagetop

ドライブ 「さをり織を見に行こう!」

こんにちは、けいです。

日に日に寒くなって、衣類はすでに冬…こたつはもう少し我慢ですが、灯油ストーブは出しました。
灯油ストーブは煮込むのに便利でいいですね。カレーとか、シチューとか煮物とか。我が家は冬になるとカレー率が上がります。お夕飯の支度が楽になって幸せ。

さて、16日(日)に新発田までドライブに行ってきました。
親戚が新発田で「さをり織」という織物を手がけておりまして、そのイベントがあるよ、と違う親戚から教えてもらったのです。

教えてくれた親族は、私が好きそうだ、と話してくれたので、何かあったら教えてほしい、と話していたのを覚えていてくれたようです。どうやらHPやイベントページがあるわけではなくて、フェイスブックかなにかなのか…イベント告知チラシ?かなにかのPC画面の写メールが届きました。
よし、調べてみよう、とPCで検索したものの出てきませんで…もらった写メールのみを頼みに会場場所を調べて向かいました。

新潟市まではそこそこ行くのですが、新発田はもう少し足を伸ばさないといけないのであまり出向きません。大体新新バイパス(悪名が高いらしいですね~)の終点あたりにあるオフ屋までしか行った事がありません。
初めて走る道。あまりに見知らぬ町並みと、ナビどおりに進むとどう見ても住宅街…ナビのありがたさを痛感しますね。

たどりついたのは「五十公野コミュニティセンター」(ふるさと会館)。
住宅街をすり抜けた先にいきなりありました。
しかし…なんて読むんだろうこの漢字4文字…いそきみの? いそこうの? いかこうや…??

たどり着いたものの、駐車場が満杯。
イベントが盛況なのかな?と停められないので何とかがんばると停めれるかも!という所に駐車。がんばれば、をがんばったせいで同居人1の愛車はお腹を擦りましたけれど…。

トコトコと会場入り口まで行って駐車場が込んでいる理由が判明。

新発田市長選挙の投票会場になっておりました…。そりゃ頻繁に人が出入りするよね。

入ってすぐの階段脇に案内板発見。
20141117さをり織会場

ホワイトボードの後ろに掛かっているのがさをり織の布地。
会場にスタッフさんやらお客様やらたくさんいらっしゃっり、写真を撮れなかったので…さをり織の写真はこの1枚しかありません…。

こそっと覗こうとしたら受付に親族が座っていて速攻ばれました(笑)
会えればいいな、とは思っていましたがこれ程すぐに見つかるとか予想外です。
居なかった場合のことを考えて手土産は車に残してきたので、同居人1に取りに戻ってもらって親族ときゃっきゃと会話。

さをり織の織機も見せてもらって、少し織ってもらったり、織についての質問をしてみたり。
元気そうな親族と久しぶりに会話を楽しんできました。もちろん、教えてくれた親族からの伝言も忘れずに。

手土産はお菓子と…あげていいのかどうか判らなかったのですが、刺し子の花ふきんを2枚ほど。まぁ、要らなきゃ普通に雑巾でもなんでも使ってもらえばいいかな、と思って添えてみました。

さをり織…
なんだろう、難しそうというか…ものすごくセンスを要求されるハードルが高い感じでした。織る人の個性が出やすそうな感じ。ただ規則的に美しく模様を織り込んで、というのとは違う…四角四面さとはちょっと違う世界。

縦横の糸、配色、素材、織りあがった布を使って作る物。ビビットなカラーリングのものも、ほわほわのものも。不思議な織りになっているものもあって…1枚の布にする時点でものすごい労力が要りそうでした。
めんどくさがりな私には難しそう!(でも織るっていう作業ってちょっと憧れる…)

うん、きっと私にはできない!という結論を出しながらも、せっかくだから、と母にさをり織で作ったクリップを仕込んだ犬を購入。イベント会場に居た親族からお土産に、と同じくさをり織のブローチとボールペンをいただいてしまいました。全部母に渡してしまったので私の手元にはありません(笑)

1時間位?会場にお邪魔した後、会場の外を少し散策。

<入るときに見つけた不思議なもの>
20141117新発田会場前

判りませんよね、見えませんよね。
写真ほぼ中央に白いものがあります。

<なんでこんなところに…?>
20141117新発田会場前2

それが、これ。
そう。傘なんです。
明らかに人の手が簡単に届く場所ではありません。1枚目の写真の車や電信柱を見ていただくと高さがわかりやすいですね。頭上はるか上の枝にひっかかった傘。
なにがどうなってココにあるのか…不思議…。

駐車場の裏にあったのが公園?
鴨が一休みしている池と池中央の整えられた松。見事に紅葉した樹と青々してる樹と。足元にはどんぐりとまつぼっくりの山。
20141117新発田会場前3

きれいだなぁ、と眺めていたら野良猫が横切っていったり(笑)
私たちが通路を邪魔していたらしく、私たちを警戒しながら避けて非常に足場の悪いところをひょいひょいと歩いていってしまいました。一度立ち止まって見上げてくるその猫の顔は…「あ”あ”? なにさ? 邪魔なんだけど」といわんばかり。さすが野良。目つき悪い。かっこいい(笑)

初めて入り込んだ新発田市は、不思議もいっぱいでした。

しきりに親族が編み物をする子なんですよ、と私を紹介してくれたので…ちょっと、編み物もがんばろうと思います。干支ができたら送ろうかな、とか思っております。
…編み物ね、がんばるとね…できあがりまで遠かったりして…ブログネタが尽きるんですけどね…えへ…。

Pagetop

コルク栓をなんとか?! & おいしかった!

こんにちは、けいです。

例年のことではありますが、10月は繁忙月です。
イベントだのなんだので休日出勤していたりしております。なので…手芸ものがなかなか…。

ということで、今回も刺し子でも編み物でもない記事です。

まずは

<コルク栓でなんとか!?>

母が従姉妹二人と外食した時の事。とあるピザ・パスタ系のお店で食事をしたらしいのです。
そのお店で飾られていたワインやシャンパンのコルク栓を使った細工物が興味深かったらしく…嬉々として話をしてくれました。可愛らしく、また細やかに細工されたモノだったらしいです。
本来なら捨ててしまうだろうコルク栓。素敵な姿になって飾られるならその方がいいですよね~。

と、そこまではソレでいいのですが…

ある日、なぜか私の荷物を置かせてもらっている棚になぜかコルク栓やら、そのコルクを抑えていたであろうワイヤー部分がコロコロと置いてありました。

<棚の中に置かれていたコルク栓の一部>
20141013ワインコルク


ナニカシラ。嫌な予感がします。

数日たってもソコにあるコルク栓。なにげなく、これはどうしたの?と聞いてみたところ…「細工、つくれるかなって思って!」とにこやかに返されました。
一緒に食事に行った従姉妹も、私なら何かやりそうだよね、と言っていたらしく…
すでに母の中では私が加工するのは決定事項でした。

一生懸命こうやって、こうなって…!と話してくれるのですがさっぱり要領を得ません。とりあえず少しググってみたら冠部分&ワイヤーは椅子に加工しているのをみつけました。

んじゃ、コルクがキャラで、座ってる感じで…顔描いちゃったりするのかな?と検索結果で見た画像と母の解説を自分なりに解釈してワイヤーをいじって顔を描いてみましたよ!

<コルク栓の椅子&座らせてみたコルク>
20141013ワインコルクで

とにかく針金が硬くて硬くて、細工しづらいことこの上なく…しかも黒に塗装されているので、いじると色がパラパラ落ちるんです。なるべく一度の加工で思うラインまで動かさないと! でも硬いー!! とかブツブツ言いながら作りました(笑)

微妙に頭の形が平らすぎて気に入らなかったので、その辺にアクリルたわし用に置いていた毛糸で帽子モドキにしてみました。
切り落としたワイヤーの残りで足にならないか?とコルク栓に挿してみたりしています。

試行錯誤すぎて微妙ではあるのですが…椅子の足のラインだけはいい感じかも!と自己満足ですが…。
顔は何種類か紙にざっくり描いた中から母が選んだ顔です。

しかし…このコルクはいったいドコから…。
従姉妹が酒屋さんなので、その酒屋に戻ってくる栓があるのかな?と思っていたのですが、後日従姉妹本人から小袋1つのコルク栓たちが届き…当人に聞いてみたところ、従姉妹の家で飲んだ分の栓だそうです…。

従姉妹「まだまだたっぷりあるからね!(ニッコリ)」

……エ。いやいやいや…。
そんなに要らない。と思いながらも何かいい感じに使えないものかな、と考えてしまう自分が居たりもします。

この椅子とコルクは従姉妹が作った椅子とともに母のところに飾られております。


<おいしかった!>

同居人1の愛車が次の車検で一応さよならの予定のため、同居人1が思い出作りなのかドライブに行きたがります。いや、常に理由も無くドライブに行きたい人ではあるんですけど。

毎週のようにどこかへ行きたがるので、もうすぐ紅葉の季節なのだから、ちゃんと紅葉が綺麗な頃に、綺麗なところに行くとかメリハリをつけて遊んでください。とお願いしたところ…

先日、魚沼スカイラインまで遊びに行く!と言われました。
何回かドライブのお誘いを蹴ったので、さすがにそろそろ可哀想なので行って来ました。

六日町→魚沼スカイライン→十日町→松代(道の駅)→帰宅

が私の記憶にあるルートです。(途中でちょこちょこと爆睡しているのでわかりません)

結論から言うと…魚沼スカイラインは道幅も狭く、具合が悪くなりそうだったのでココも半分しか起きていません…。
が。同居人1いわく、道幅が狭いのに対向車がいつ来るかわからないからそんなに遊べなかった。とのこと。
友人はバイク乗りなので、魚沼スカイラインすごく楽しいよね!と言っていたそうです。

そんなドライブの中で一番の収穫だったのが

六日町インターを降りてすぐにあるイオンのフードコートにあったお店です。

インドスリランカフードカフェ 「アドレー」
20141013アドレー2

こんなところ(失礼)でインド・スリランカ!? と思ったのですが、近づいてみたらなにやら、本当にそちらのほうの方がつくってらっしゃるみたいで。
おいしそうなナンとかがメニューに…。
辛いものが食べられない私は残念ながら同居人1から少し分けてもらった分しか食べられなかったのですが

おいしかった!!

しかも、リーズナブルなんです!

<メニュー表>
20141013アドレー

このチキンカレーとナンのセットで734円!
20141013アドレー3

ナンはレジの近くでちゃんと本格的なのを焼いてくれているようです。
パリ、ふわ、ほわ! で風味も良くて! 美味しかったです。

カレーの方もスパイスだ!という味がしていました。
ひと舐めして「辛っ」とリタイアしたのですが…なんだろう。香辛料が大丈夫だったら絶対美味しいんだろうなぁという味がしました。(食べれない自分が悔しかったり…)

思わず食器を返却するときにお店の方に「すごく美味しかったです!」と声をかけてみたり…。
あちらの方らしい店主さん?店員さん?がにこやかに対応してくださいました。気の良さそうな男性で…リーズナブルで美味しくて、お店の方の感じもいい。けど…
自宅から遠い…!
車で20分以内位の所にあったら絶対通うのに!

1日ドライブしたのに、一番の収穫は一番最初に寄ったフードコートの味。
でもいいの。美味しいってことは幸せってことだから。
次に六日町に行くのが楽しみになりました。雪で埋まる前に行けるかな~?(笑)

最後に、これはまだ食べていないのですが…
SAで見つけたお土産お菓子。
<米ぱふ>
20141013米ぱふ

右は米農家関係者な同僚がくださった魚沼産コシヒカリ。
……パッケージの勝利ってこういうことか。可愛らしかったしパッケージが興味深いし、米パフも嫌いじゃないので思わず買っちゃいました。
開けたら、一気に食べないと確実においしさが落ちる気がしますよね。タイミングを選んで開けたいと思います。

2014.10.13 写真追加・追記

Pagetop

ドライブ 笹川流れ・新潟空港

こんにちは、けいです。

またもドライブに出かけてきました。
今回は新潟の北のほう。
「笹川流れ」までドライブです。

新潟県の最北端に位置する村上市の海岸。もう少し足を伸ばして県を越えればあつみ温泉。南下すれば瀬波温泉。
両方に泊まりにくる旅行客のよい観光ポイントらしいです。
夕日の風景などが綺麗で有名だったり、海が美しく、奇岩の多い景勝地です。粟島も見えるんですよー。行ってみたいなぁ、佐渡も、粟島も。

以前にも遊びに来たことがある観光地なのですが、まだ海に入れない時期に来たので波打ち際で水遊びした程度で帰りました。砂浜の砂粒が大きく…不健康な私は歩くだけで痛かったです…。
でもそれが海水が濁らず綺麗な理由なのだな、と感じた記憶があります。

今回は遊覧船に乗ってみました。
20140721笹川流れ
これは途中でかもめのえさやりポイントがあり、えさを投げている少年の手と船尾からの風景。(えさは船内販売のかっぱえびせん…)

船内から眺める奇岩のある海岸
20140721笹川流れ2

いろいろ名づけられた岩たちも新潟地震や波によって形を変えていっているようです。船に乗っている間に観光アナウンスがあったのですが…ほぼエンジン間近に座っていたためほとんど聞こえませんでした…。
いくつか、源義経がらみの名前があるらしい、くらいしか…

観光遊覧船の発着地には干物屋さんがあり、美味しそうなカレイやらイカやらを店員さんが天日干ししていました。一夜干しをお店で焼いて売っていたり…。美味しそうでしたが、我慢我慢。

近くにある道の駅でいろいろ見ようと思ったのですが…この道の駅笹川流れは非常に駐車場が少なく、三連休海の日という事もありとても停められず…スルー決定(笑)

南下して岩船鮮魚センターの2階にある「海鮮処 番屋」でご飯!海鮮のちらし寿司を食べましたよー♪
笹川流れ近辺は「笹川流れ岩がき物語り」という岩がきシーズン!
……三連休前半の天候の悪さが響いてか、岩がきの入荷はありませんでしたトサ。おあずけっ!

そのまま南下して綺麗になった新潟空港を眺めに。
20140721新潟空港

小さいですが一応国際線も飛びますよー。

100円払って飛行機が飛び立つのが見える見学・送迎デッキへ。
海上保安庁の飛行機が1機、タッチ&ゴーを繰り返していて…あれは練習だったのかな…?面白かったです。
ANAの飛行機が1機見物中に飛び立ち、JALの飛行機が降り立ちました。
ANAの機体がプロペラ機で…かわいかったです♪
20140721新潟空港2

同居人1は飛行機の離着陸をとても楽しみにしていて…
あれ、そろそろ1機着陸するはずなのに来ないなぁ。と焦れて屋内の時刻表を見に行き…その行っている間にJALの機体が降りはじめ…来たよー!と呼んでみるも、写真(動画だったのかも)を撮るには間に合わず。
もー!もー!と悔しそうにしていました。
いいじゃないか…海上保安庁の機体がタッチ&ゴーしてるのは見れたんだし…。

お土産コーナーで「小千谷縮」のものを見かけました。綺麗だなぁ。
小千谷縮の端切れという袋もあって一瞬驚喜したのですが…値段が3千円オーバー…。
手が届かないですよ…端切れなのに…。

海の日。
新潟は晴天で暑い日でした。
黒い車での観光は…つらい1日でした…。

Pagetop

父の日ドライブ顛末~5~

こんにちは、けいです。

刺し子屋さんでの狂喜乱舞が終わり、高山に使える時間はこの位だろう、と写真にあったファミマに寄って…またもやご当地コーヒー牛乳をゲットしてみたり。

…というか、これで目的地終了のはずなのです。
富山でます寿司、飛騨高山で刺し子屋さん。7時ごろ出発して現在時が15時。普通に帰っても帰宅したら夜ですよ。さぁ、帰りましょうという時間ですよ!

…同居人1はそれを良しとしなかったのですよ…。基本的に同じ道から帰るというのが嫌いらしく、ちょっぴりでも寄り道がしたい、違うルートを通りたいらしいです。
一応、提案はされておりましたよ。出発前にも、ドライブ中にも。高山から若干西よりで弧を描くようにいけるルートがあるからそっちから帰りたい、と。要らんでしょ、と言っても聞いてくれませんでした。高山を出る時点で既に諦めておりました。

高山探索で疲れていたのもあって、またもぐぅぐぅと助手席で惰眠をむさぼっておりましたが…気がついて目を開けたらそこは完全なる山道でした。

ここはどこ。と聞くと、目的地まであとちょっとだよ、と。…同居人1よ、君の目的地はドコなんだか知らんよ。

ぼーっと山の緑が綺麗じゃのーと眺めていると、看板がとおりすぎ…

「料金所まであと○キロ」

…料金所?同居人1を見てみるとなんだか表情が曇っている。

「有料道路にいくの?」
「いい道だって聞いたんだけど…有料とは…きいてないんだけど…」
「なんだかんだ言ってる間に料金所目の前だけど」
「いくらだろう…」

私たちは、高をくくっておりました。数百円程度だろ、と。
案内を確認する二人。

3,240円(片道)!!

うそぉ?!

嘘でしょ、と言って見ても金額が変わるわけでなし。山をかなり奥深くまで進んでいるらしく、戻るのもちょっとはばかられる距離になっているようで悩む同居人1。

この道、白山スーパー林道という道です。帰ってきて調べてから知ったのですが…既に石川県です!(おいおい…)
石川県と岐阜県を結ぶ標高600m~1,450m、全長33.3km、巾員6.5mの完全舗装された有料道路だそうです。

「…戻るのもちょっと…で、ここまで来ちゃったし、行く、って感じ?」
「どーーしようかなぁああああ」
「……好きにしなされ」

何故来る前に調べておかないのか…。今更言っても仕方ないし、ここまで来て引き返すかどうかはドライバーである同居人1次第。

ええい、行ってみちゃえ!と覚悟を決めたらしい同居人1は料金所ゲートをくぐるのでした…
時間。17:30頃。

高い有料道路だとわかっていても、山道でこのシートは無理っ、と再び寝る私を横目にドライブを楽しむ同居人1。
その同居人が時折撮った写真がこちら。
20140620父の日顛末2
20140620父の日顛末3
20140620父の日顛末4
お分かりいただけますでしょうか…かなりの…そりゃもうかなりの峠道です。とても深い山の中です。

とある駐車場所に停めてむにゃむにゃと眠る私を起こす同居人1。
滝があるから起きない?というのです。
実は私滝が大好きなのす。昔それほど大きくも無い滝なのでぎりぎりまで近づいていいという滝に連れて行ってもらい、ぎりぎりで堪能しすぎて川にも滝にも入っていないのに滝のしぶきで全身ずぶ濡れになった事がある位には好きです。

車から下りる前からドドゥドドゥと滝の音が聞こえてきます。
駐車場から近いんだ?と話しながら車を降りて見渡すとすぐそこに滝がありました。

滝、近っ!
それがコチラの滝「ふくべの大滝」です。
20140620父の日顛末

ほぇ~…と眺めていたら、他の観光客さんが2,3組来ては去り…最後の1組とほぼ同時に滝から離れようとしたらガラガラガラ!!と落雷のような音が!

何事!?とビクっとしながらあたりを見回すもう1組(男性3名)と私達二人。

滝を見上げると一部の岩が割れたのか、崩れ落ちてきていました。

「落石か~」
「落石って本当に落雷みたいな音がするんだね!」
「びっくりしたねぇ」
「ひとつ賢くなったね!」
「…賢く…?」
「落石の時は落雷のような音がする!今度から音がしたら気をつけないとってわかるよ!」
「……落雷のような音がした時点ですでに落石してるわけで…すでに遅いような気もするけど」

その後もいろんな場所から滝のように水が落ちており…虹が掛かっていたり。滝だらけだな、という感じの道を通り過ぎました。一部落石のためか道を半分封鎖している所もあって、封鎖していない路面ははみ出したら崖…こわ…。
足湯は入れませんという看板がしてあったし…。

スーパー林道の出口ゲートを出て、有料道路も終わり…やっと帰宅か?でも、わかる人はわかりますよね。林道に入る前で17:30です。出る頃にももうそこそこの時間になっております。

そしてまたも山道に負けて眠る私。
目が覚めたらもちろん真っ暗です。夜です。まだまだ順調にドライブ中らしいので…同居人1に声をかけてみます。

「おはよう…ここどこ」
「……金沢」

………は!?

「何がどうして我々は金沢にいるのかな?」
「てかね、林道の出口は既に石川県です」
「高山からちょっと西がわからぐるーんとまわって帰る、と言わなかった?」
「そのルートがこれだよ」
「まじか!! 金沢まで来るとか聞いてないよ?!」
「うーん、来ちゃったんだね~」

しかもついでに観光をしようにも既に観光できるような場所は閉まっている時間です。19時ごろかな…。
車に給油したいけれど、出光(同居人1のこだわり)が見当たらない。お腹もぺこぺこです。
MAPで探して辿り着くと既にお店が無かったり…やはりスマホが言うことを聞かず、近場のGSが見つからない。ナビを眺めて探し当てたGSでなんとかガソリンを入れることができて…安心と同時にお腹が限界を叫ぶわけで。

お腹すいた!なんでもいいから食べよう!と提案すると、またも同居人1の「ここでしか食べられないようなものがいいな~」というおそらく今回限定のこだわりが発動。
だから!お店がどんどん閉まっていってる時間なんだってば!

抵抗しても意味が無いので、GSを探して辿り着く直前に見かけたこじゃれた洋食屋さんを提案してみました。
こちらのお店で食べることが決定。
20140620父の日顛末5
メニューは私がカツハヤシライス。
20140620父の日顛末7
同居人1は一口ステーキ定食。
20140620父の日顛末8

独特なお店オリジナルのドレッシングを勧められたり。
なんか…昭和の香りが若干する、その分なんだか懐かしい、でも口に馴染みやすく美味しい食事になりました。洋食屋さんのハヤシって美味しいヨネ。
このお店、出入り口にこんな水場がありまして…この右手側が出入り口です。
20140620父の日顛末6
どうやら井戸水らしいのですが、延々そこそこの量が流れておりました。自動ドアが開閉する度にこの水が流れる音がドウドウとそこそこ大きな音量で聞こえるという…。凄く綺麗だけど…ちょっとうるさい(笑)

ご飯終了の時点で20:30です! 土曜のうちに帰宅は無理っ!!
友人Mに「なぜか金沢なう」とメールを送ると「なんでそうなった」とか返されたり…。
どこに寄る事もできないので、サクッと1箇所、閉店時間ぎりぎりのイオンのようなところに入ってみたり…(なにもできない)

諦めて金沢から高速に乗りました。
ええ、もちろん、自宅までなんて辿り着けませんでしたよ!途中のSAで数時間仮眠して…帰宅する頃は早朝でした。

アパートについて時刻確認。5:40。

……ながっ。旅、ながっ…!

ます寿司を手に入れたい、それだけだったはずの道行き。物凄い寄り道と時間と色々なハプニングに襲われながら無事帰宅と相成りました。新潟・富山・岐阜・石川とグーグルマップさんでザックリ見てみる670kmとずいぶん移動したものです…。体力と財布が大幅に消費しました…。楽しかったといえば…楽しかった…のかな…。刺し子は楽しかったけども。そのほかおまけ多すぎ!

ます寿司は帰宅後に就寝した同居人1が起きてから届けに行きました。(私は睡眠をとりすぎているのでそのまま家事)同居人1はその後いきつけのマッサージ屋さんでリフレッシュ。

父の日。日曜日のお昼ご飯には間に合ったので、お昼ご飯がます寿司になっていました。とても喜んでくれたのでそれは良かったなぁと思っております。

長々ほぼ1週間かけての5回にわたった記事になってしまいました。
お付き合いくださった方、ありがとうございました。珍道中、楽しんでいただけていたら幸いです。

次回からは多分また刺し子などの記事になると思います。

Pagetop


プロフィール

けい

Author:けい
新潟県在住
編んだり縫ったり不器用なりに頑張ってます!
何かを作っていると落ち着くような気がする。
無心になれる時間って素敵。

現在の興味範囲 
 「刺し子」
 「かぎ針編み」
   その他

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR